美酒探訪/新潟・・・その参:米焼酎「稲架木(はさぎ)」と『白子天ぷら』
飲みはじめると・・・一杯じゃ納まりませんねぇ。やっぱり、旅の思い出に・・・米も蕎麦も飲みたくなります。

c0001578_2222415.jpgメニューを見てると・・・“焼酎飲み比べセット”があるじゃないですか!

残念、蕎麦焼酎『越路郷(こしじごう)』が品切れだそうで・・・。
しかたありません・・・米焼酎『稲架木(はさぎ)』とやらを“生”で下さいな。
肴は・・・『鱈の白子天ぷら』にしましょう。

気品のある米らしい香り、口の中でころがすと辛口吟醸酒のような甘さのアルコール感・・・円いコクもきれいな旨みも秀逸です。こりゃ~九州の焼酎も負けてられません。

なんてったって・・・『鱈の白子天ぷら』・・・アツアツをつゆにくぐらせ・・・淡雪の如くとろける白子も・・・絶品でした。
by project-beppin | 2004-12-18 11:58 | 旅先の酒と食 | Comments(2)
Commented by ニュートラル at 2004-12-19 20:48 x
下のと同じお店ですね。
鱈の白子はなかなか九州では食べられないのではないでしょうか。
冷たい海の冬の大のご馳走ですからね。
スケトウ鱈よりも真鱈に限りますね。
Commented by project-beppin at 2004-12-20 00:01
はじめていただきました・・・白子の天ぷら・・・絶品ですな。
白子のポン酢とやらもありましたが・・・天ぷらは口の中で濃厚にとけ広がる旨みが脳天直撃のオヤジ殺し的味わいで、清酒によし、焼酎によしではないでしょうか。また食べたい・・・酎州大分
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 美酒探訪/新潟・・・その四:粕... 美酒探訪/新潟・・・その弐:粕... >>