“初詣り”には“年明けうどん”・・・「こんぴらうどん」本店
785段の“こんぴらさん”の“初詣り”から石段を下りたところが・・・“表参道”という名の参拝客目当ての“メインストリート商店街”・・・この夜ばかりは、飲食店もお土産店も年越しで“オールナイト営業”・・・。

c0001578_0322639.jpgそんな好条件な立地にある石段脇の“うどん屋”が、この「こんぴらうどん」本店・・・赤提灯に誘われる参拝客でもちろん大盛況・・・我が家の野郎3人もついつい釣られて“初食”に“讃岐うどん”を一杯食って帰ることにしたのであります・・・(笑)。

オヤジの注文はシンプルな“かけうどん”・・・愚息どもは珍しさもあってか“しょうゆうどん”・・・。

ほぼ満席の店内はごった返す賑わい・・・合席の長テーブルで待つこと5分・・・飾りっ気のない日常的な“かけうどん”が出てきました・・・。

飾りっ気はないけど正真正銘の“讃岐うどん”であり、且つ大権現に肖る“こんぴらうどん”の名を冠しているのですから・・・期待は高まりましたが・・・実に日常的な“かけうどん”でした・・・(爆)。

うどん麺は太めで、期待したほど“弾麺力”を感じなかったのですが・・・かけの“おだし”が実に嫌味のない落ち着きがある旨さ・・・イリコ出汁が利き過ぎていない“旨淡口”な頃合いが及第点です・・・。

“年越し蕎麦”の後は・・・“年明けうどん”という“ムーブメント”を喚起しようとしているようで・・・ツルツル(鶴鶴)噛め噛め(亀亀)と・・・めでたい“縁起”を担いで一杯平らげたのであります・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・150位圏内ですので・・・。
 これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“まぁ、新年の祝儀じゃぁ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・
人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・。
m(_ _)m。
皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。





c0001578_032392.jpg“かけうどん”・・・3年前の“初釜うどん”の初食でも感じましたが・・・余分なものを除いたシンプルさでこそ“讃岐うどん”の持つ風味と食感の本質がわかるというもの・・・。

麺のコシの強さと塩梅だけでなく茹で上がりの出来不出来も一口“瞭然”・・・お出汁の澄みきった温かさや醤油が馴染んだ旨口加減など・・・誤魔化しが効かない分・・・過剰な期待ではなく日常食としての出来栄えで味わえるかどうかでしょうね・・・。

まっ、“縁起”を担げば・・・“かけうどん”のうどん麺は“ツルツル(鶴鶴)”です・・・。

c0001578_033556.jpg“しょうゆうどん”・・・長男坊も次男坊も・・・実は“讃岐うどん”好きで何度も食べているのですが・・・4年前の夏に食べた“ぷっかけうどん”より・・・さらにピュアな“だし醤油”をかけるだけというこの“しょうゆうどん”は初挑戦だったのです・・・。

結果は・・・長男坊はそれなりとの評価なのですが、次男坊は絶賛でした・・・。

この“しょうゆうどん”麺は・・・もちろん“噛め噛め(亀亀)”ですよっ・・・(笑)。

c0001578_0331894.jpgこのうどん店の店内飾りには・・・歌舞伎俳優の“大首絵”と呼ばれた“浮世絵”調に仕立てられた「四国こんぴら歌舞伎大芝居」の往年のポスターが並べてありました・・・。

今年も春4月に“第25回”となる・・・“中村勘三郎”ほかの演目公演が行われるとのことで・・・一度は、見たいと思っているのですが・・・。

c0001578_0334138.jpg

c0001578_0335584.jpg

c0001578_034858.jpg
by project-beppin | 2009-01-07 01:17 | 旅先の酒と食 | Comments(8)
Commented by みじんこ at 2009-01-07 16:57 x
今年もよろしくです
やっぱうどんも本場だと旨いもんですかね 確かに「かけうどん」が1番味がわかりやすいし旨いと思います 讃岐と鳴戸の違いもわからん私は外食のうどんは全て旨いと思います
Commented by よかおとこです at 2009-01-07 22:54 x
明けましておめでとうございます(^o^)丿

四国に行かれてたんですか~
オイの母親が数年前に突然八十八ヶ所巡りに目覚め、何度か四国に通ってましたよ!
でも、讃岐うどんを買ってきてくれたこと、あったっけ?
なんだか、行くたびに岩のりばかり買ってきてもらった記憶しかないのです(^^ゞ
最近こっちにも、讃岐うどんの店がちょこちょこできてるんですが、でもまだ、五島うどんの店の方が多いかな?
オイも讃岐うどんは、そんなに食べたことないですもん(^_^;)
本場のは旨いんでしょうね~(^∇、^ ) ジュル

なんだか食べ物の話しばかりになっちゃいましたけど、今年も麦と変わらぬくらい、オイのこともよろしくお願い致しますm(__)m
Commented by syotikure at 2009-01-07 23:42
明けましておめでとうございます。

今年は、陶器ばかりじゃなくて磁器も見てみようと思っていた矢先、見事な陶板絵画を見せて頂き、ありがとうございます。
シンプルで清潔感があり、職人の技とセンスが如実に現れる青釉白磁。
ある年代になると趣味が陶器から磁器に移行する、と聞いたことがありますが、そろそろ私も「一段目」に足をかけたのかもしれません・・・・(笑。

今年もよろしくお願い致します。
Commented by project-beppin at 2009-01-09 00:09
みじんこさん・・・こちらこそ、今年もよろしくお願いします・・・。

このうどんに関して言えば・・・ゆく年くる年の“雰囲気”に呑まれた部分も多々あるでしょうね・・・(笑)。

“かけうどん”・・・俗に言う“素うどん”ですから・・・麺とツユというその骨格しかないわけですから・・・味の“素性”が隠し通せませんよね・・・。それが、うどんという食べ物の旨さの本質ですもん・・・。

博多と讃岐と鳴戸なら・・・茹で上がった麺だけでも旨さの“不文律”があるように思うのは・・・讃岐系だと思うのですが・・・如何でしょう?・・・。
Commented by project-beppin at 2009-01-09 00:20
よかおとこさん・・・こちらこそ、明けましておめでとうございます・・・。

八十八ヶ所は、四国の4県、島全体がテーマパークになったスタンプラリー双六だと思っていただければ・・・一番札所のある徳島県がスタートで・・・高知、愛媛と巡って・・・讃岐の香川県はゴール(あがり)ですから・・・さぬきうどんを提げて帰ってくるようになれば・・・八十八ヶ所も満願に近づいたということが分かりますよ・・・そのうち・・・。

長崎は、そうめんが島原でうどんが五島ですから・・・四国ではそうめんが小豆島、うどんが讃岐となっていて・・・麺食文化では、香川県に近いですね・・・。

本場と謂われるところには、なんかそれなりの食文化への“地霊”が宿っているように思えるので・・・旨いを感じずにはいられないオヤジであります・・・。

こちらも・・・麦焼酎ともどもよろしくお願いします・・・m(_ _)m。
Commented by project-beppin at 2009-01-09 00:32
ショチクレさん・・・こちらこそ、よろしくお願いします・・・おめでとうございます・・・。

白磁器に“呉須”の藍色が濃淡とともに冴える筆致で画かれる美しさは・・・確かに飽きない用と美が兼ね備わっているように思えます・・・。

九州は有田ですが・・・四国は愛媛の砥部ですね・・・此処の湯飲みの“呉須”筆致が躍動する文様も私は好きなもんで・・・B級品ですが愛用しています・・・。

一段目に足をかけたら最後・・・上り詰めましょう・・・まぁ、急がずともじきに、そんな時期になるでしょうから・・・自暴自棄にならず・・・自望磁器になって下さい・・・(お粗末!)。

こんなオヤジですが・・・今年も変わらぬご愛顧をお願いいたします・・・。
Commented by 同期のチューバ at 2009-01-09 06:39 x
明けましておめでとうございます。
本年も時々訪問させていただきますのでよろしくお願いします。
さて、「日田 全麹」
やはり我がふるさと山口ではみつかりませんでした(T T)
Commented by 酎州大分 at 2009-01-09 21:22 x
同期のチューバさん・・・おめでとうございます。
今年も、昨年同様、ご愛顧いただければ光栄です・・・何卒、よろしくお願いします・・・。

「日田 全麹」・・・嗚呼、やっぱり山口には出回ってなかったんですね・・・ご足労願って酒屋に出向いていただき申し訳ないです・・・チューバさんのことをお伝えして、三和酒類さんに全国発売を催促せにゃならんですね・・・。

まぁ、焦らずとも・・・そのうちひょっとすると(今の大分と同じように・・・)コンビにでも見かける“見慣れた”新参銘柄になるやもしれませんので・・・焼酎の“一期一会”・・・その折には、この“恨み”をはらすほど飲んでやって下さい・・・(笑)。

遅くとも・・・今年の“雨月”の宴か?私の“やよ福”初陣時に持参いたしますから・・・その折にご期待に応えまする・・・どうか、それまではご容赦を・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 無垢な麦焼酎・・・6銘柄(その20) “こんぴらさん”のParlou... >>