地域産材のボールペン・・・“日田杉”ボディー
昨日の金曜日・・・文房具屋で見つけたこんな“MONO”・・・“花粉症”を引き起こす“悪行”ばかりではないということを“ご紹介”いたしたく・・・“ペン”を撮りました・・・(笑)。

c0001578_1072187.jpg簡単に言えば・・・木がボールペンの“ボディー”に使われているだけなんですが・・・それが全国各地の“地域産材”・・・“日田杉”も“小国杉”も“飫肥杉”も“琉球松”もあるんだそうです・・・。

“杉”というと・・・木材の中でも柔らかい部類だと思っている方は・・・少し疑問でしょうね・・・。

そのとおり・・・単に“地域産材”を使っただけではないという“薀蓄”説明がありまして・・・木材を蒸して潰す“圧密加工”を行っているとのこと・・・ですから、思ったよりもツルツルとしていて“硬い”材質感で持ち味があります・・・。

これまでの“Woody”タイプボディーと言えばプラスチックの“木目調”でしたが・・・木目の“柾目杢”や“笹杢”が一つ一つ違っている“ソリッド”な“地域産材”ですから・・・ついつい“愛着”が沸くんですね・・・。

団塊の世代の大量退職を受けて・・・地方出身オヤジの“郷愁”をそそる“ステーショナリー”というマーケティングも隠されているから・・・“故郷の木持ち”というネーミングなのでしょうか・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_1081170.jpg“ノックダウン”方式のボディー全体に連続する木目が如何にも“ソリッド”・・・木の匂いもするということでしたが・・・実際使う段には、“匂い消しゴム”のようで、余り強調するほどのことではないと思います・・・。

昔の木製学校机を思い出す方々には・・・木材の質感と熱伝導率の頃合いが・・・よく言われる“温かみ”の“持ち味”となっているんではないでしょうか・・・。

c0001578_1074685.jpgこれが“能書き”・・・まぁ“薀蓄”情報を消費するMONOカルチャー・・・ボールペンも“地域産材”のひと工夫を“売り”にしてるんですね・・・。

「なにが、地域産材よ!・・・こんなの買ってたら“散財”で“散々”よ・・・!!!」と・・・云う御仁もいらっしゃるでしょう・・・(笑)。


c0001578_1082681.jpgボールペンのある風景・・・作為的に撮ってみました・・・(爆)。

別府八湯「温泉本」に紹介されている・・・月例温泉特価“風呂乃日”と・・・この4月から開催される別府現代芸術フェスティバル“混浴温泉世界”・・・是非、別府にもお越し下さい・・・(笑)。
by project-beppin | 2009-02-21 10:14 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 学生ご用達の“スタめしや”・・... 甘党晩酌・・・“コーヒー割り”... >>