佐伯路の旅景(その1)・・・上浦町“しおさいの里”
津久見湾からJR日豊本線に沿って・・・“山笑う”緑風とともに車を走らせるR217号線・・・“四浦半島”の付根を貫通したトンネルを抜けると・・・眼前に紺碧の“佐伯湾”が眩しく広がります・・・。

c0001578_181911.jpg佐伯湾北岸の旧上浦町・・・誰もが景勝地として思い浮かべる“豊後二見ヶ浦”の見える場所に里の駅“しおさいの里”がありました・・・。

“海風”の中に佇んで佐伯湾の眺望を楽しむだけでなく、小さな子供も遊べる公園を併設する“レスト・スポット”であり・・・半島の山肌に点在する“柑橘畑”の“農産物”と、豊かな漁場の“海産物”を味わえる“フード・スポット”でもあります・・・。

亜麻色の長い“髪”を“海風”になびかせることのない(笑)オヤジは、“大入島”と“二見ヶ浦”を眺めた後・・・此処で新鮮な“魚介類”を調達して・・・さらに“海道”を南下するのであります・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_2214231.jpg里の駅“しおさいの里”の中心となる施設“上浦活性化センター”・・・地元の食材料理や農水産品等の展示販売が魅力です・・・。

c0001578_22144192.jpg“農産物”は・・・丁度、柑橘類が種類も豊富に出回っていました・・・。

津久見からこの上浦にかけての“四浦半島”は・・・燦燦と降り注ぐ太陽と温暖な気候に恵まれた半島の山肌を利用して“柑橘類”が“山の幸”・・・。

c0001578_22145870.jpg値段もお手頃・・・生産者価格に近い“サンクウィーン”、“はっさく”、“甘夏”などなど・・・。

c0001578_22151392.jpg店内売店で一際、目を引いたのは・・・“海産物”の“一夜干”や“乾物”のみならず・・・オリジナルの“すりみバーガー”・・・。

津久見の“ぎょろっけ”、宇和島、八幡浜の“じゃこ天”、北浦の“あげみ”、そして“さつま揚げ”へと至る“すりみ文化圏”・・・・・・この“日豊海岸”を含む“豊予海峡”、“日向灘”周辺の“海道”に根付く共通の食文化だと思います・・・。

その“すりみ”を“魚肉ハンバーグ”的にアレンジしたんですなぁ・・・。

c0001578_2215572.jpg直ぐ隣に並んである上浦水産物直売所“海鮮丸”・・・“マグロコロッケ”やランチ価格の“海鮮丼”も旨そうです・・・。

オヤジは此処で・・・“カンダイ(コブダイ)”と“ハゲ(カワハギ)”の“薄造り”パックを買って・・・“雨月の会”の肴を入手したのであります・・・。

魚介類の“生簀水槽”も充実・・・ここで、活魚を捌いてもらって持ち帰ることも・・・新鮮な“土産”にできます・・・。

c0001578_22163332.jpgその一部をご紹介・・・“ヒオウギガイ(緋扇貝)”・・・

c0001578_2217262.jpg刺身も煮付も旨い“ホゴ(カサゴ)”・・・

c0001578_22172097.jpg宮崎との県境を越えて売り出し中の“イセエビ”・・・大きさも身の旨味も充分・・・。

c0001578_22173852.jpgそして“養殖”ですが・・・“黄金平目”と呼ばれる“ヒラメ”・・・白身の刺身にはお手頃です・・・。

c0001578_22411974.jpg買い物だけで此処を離れるのは満足度“半分”でしょう・・・。

佐伯湾に浮かぶ“大入島”とその手前の“豊後二見ヶ浦”の海景と・・・潮騒を聴き海風を感じる“体感”あってこそ・・・。
by project-beppin | 2009-05-05 18:20 | 大分の風土・行楽 | Comments(6)
Commented by 神戸のおいさん at 2009-05-06 02:24 x
酎州大分さん

お久し振りです、約一ヶ月ぶりのブログ更新ですね。
如何されてるのかと心配しましたが、
『雨月の会』 に参加されてたので安心しました。
楽しかった事と思います、来年は是非共参加させて頂きたいと思います。

津久見~佐伯~米水津~蒲江にかけてのリアス式海岸線、
美しい自然が残っていますね、昔よく行きました。
上浦町の豊後二見ヶ浦や、ひょうたん型の大入島の対岸にあるオーハタパール、
ぎょろっけや、津久見のマグロ料理の浜茶屋、佐伯の福寿司等・・・
懐かしい所ばかりです。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2009-05-06 08:53 x
これは、これは。嬉しい先客。神戸のオイさんさん、是非今度の雨月へ。
酎州大分さん、津久見まわりの味わいの行程いいですねえ。写真と文章、久方ぶりに「名文、写真」が冴えます。ええですねえ酎州大分さんの美的世界。次の書き込み待ち遠しい限りです。今日、朝6時、神戸着でした。
Commented by 酎州大分 at 2009-05-08 00:30 x
神戸のおいさん・・・お久し振りとご無沙汰した挨拶を交わさねばならぬのは、私の方ですよ・・・あいすいませんでした・・・m(_ _)m。

“雨月の会”・・・HAKUDOU師匠の“おもてなし”に甘えっぱなしで・・・どことなく疲れていた“心神”が・・・ホント!解放されたというか“回復”させていただいたと思います・・・。師匠にとっては・・・(私一人では・・・)物足りない輩であったでしょうから・・・新しい顔ぶれの集う“雨月の宴”も楽しみにされていると思います・・・次回は是非!是非!・・・。

佐伯路はやっぱ、海ですね・・・確かに“海”の持つ風土の中のモノやコトに思い出が宿りますから・・・。
Commented by 酎州大分 at 2009-05-08 00:39 x
HAKUDOU師匠・・・お世話になりました・・・m(_ _)m。私ばかり、師匠にお世話になりっぱなしで、誠に恐縮しております・・・心洗うような宴の縁を満喫させていただきました・・・ありがとうございました・・・。

師匠も無事ご帰着とのこと・・・あの泡盛の“聞き酒”も・・・宇目の“神力”も・・・木浦も藤河内も・・・これからアップいたしますので・・・気長にお待ちいただければと・・・。

お疲れ様でした・・・今後もよろしくお付き合いくださいませ・・・。
Commented by tatinomi1 at 2009-05-09 13:03
酎州大分さん
いやあ、実に奥の深い「雨月の会」でした。
翌日の実地研修ツアーで、小椋酒造にご案内いただき感謝感激です。
「古典的日本酒の原点」の味わい。

2本買ったのに3本持ってくるあの蔵元の素朴さ
つくづく豊後の風土の「おおらかさ」を見ました。

◎今日書き込んだ「長木酒店」での出来事、
 これぞ、角打ちの原点、と感じました。
 夏の雨月、またやりましょう!
Commented by 酎州大分 at 2009-05-09 20:50 x
HAKUDOU師匠・・・「雨月の会」では、語らいながら昼宴と夜宴を愉しませてもらいました・・・。

その後日の「長木の会」とも呼ぶべき酒屋の“真言”・・・“元祖角打ち士”の律儀な“コップ呑み1杯”の美学・・・感心いたしました。

豊後の風土の大らかさ・・・来週にかけてアップします・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 佐伯路の旅景(その2)・・・静... 佐伯路の旅景(プロローグ)・・... >>