“雨月の会”の昼宴(下)・・・絶品!“酒肴人”の料理
命漲る“泡盛”と“白酒”の“味わい”をお教えいただきながら・・・ちゃんと“大分麦焼酎”の“寛流”(間違っても韓流ではありません・・・)の“かぼす割り”もご披露いただきました・・・。

c0001578_1342573.jpg今回も“御手洗礼讃”の中・・・旬の柑橘“カボス”が入手できない時候の早春から夏にかけては“カボス果汁”瓶で割った後・・・冷凍しておいた“カボス”を半割りにして・・・わざわざ、(ソルティードッグのように・・・)カップの縁廻りに搾り付けたという“寛流”の「なしか!」の“味わい”方に・・・えらく感心したご様子・・その“お点前”にて、この一杯をいただきました・・・。これが“豊後のかぼす割り”という“流儀”が香る一杯です・・・。

しかし・・・それさえ、この“雨月の会”を主宰するHAKUDOU師匠のほんの“一面”・・・。

“酒”のある場を体得している師匠は、その“地霊”宿る“味わい”の“酒肴”をも自らの手で作り出す“達人”であります・・・。

それも・・・“趣向”を凝らさずとも素材の“本質”を旨い!と唸らせるような“酒肴人”の料理・・・幾ら“大枚”を叩いても口にすることができないその“酒肴”・・・これこそ“おもてなし”の真骨頂ではないでしょうか・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_135338.jpgHAKUDOU師匠のお手製の“酒肴”は・・・まず、この“卵黄味噌漬”・・・。

丁度好い味噌の漬け具合と・・・卵黄が崩れず味濃い固さ・・・箸でとって味噌の滋味溢れる口あたり・・・。

数年前に臼杵の“小手川商店”で食し・・・自宅に買って帰ったあの味にも負けずとも劣らない・・・“酒肴人”の逸品です・・・。

c0001578_1352346.jpgこれには・・・やっぱり吟醸の秘蔵清酒「キトラ」を合わせました・・・。

c0001578_1371849.jpgクイッとおちょこ盃で“滋味濃熟”なる秘蔵の“追憶”とともにいただきます・・・。

なんとも・・・滋味明瞭の風味よろし・・・。

c0001578_1374932.jpg“泡盛”や“白酒”・・・そして麦焼酎「なしか!」に秘蔵清酒「キトラ」・・・すっかり出来上がった昼宴に・・・遅めの“昼餉”をと・・・これまた、師匠のお手製“一汁一品”・・・“牛すじ煮込み”と“鶏白湯スープ”に佐伯の名水で炊いた“白飯”・・・。

正に“一宿一飯”の恩義・・・。


c0001578_138556.jpg“牛すじ煮込み”・・・出汁は淡味ながら牛すじ本来の旨味が滲み・・・柔らかさと味わい深い肉質が絶品の“煮込み”・・・です・・・。

c0001578_1383083.jpg“酔心”を癒すような“鶏白湯スープ”も淡麗深味・・・鶏肉のみのスープ出汁がこれほどの味わいとは・・・。

“酒肴人”の料理・・・情のこもった“おもてなし”の旨さでした・・・。
by project-beppin | 2009-05-11 01:51 | 焼酎文化考 | Comments(4)
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2009-05-11 22:24 x
いやあ、素晴らしい「雨月宴会」でした。
あとの実地検分が最高!ええ、味わいと
勉強になりました。「ホワイトムテキ」の
不思議な味わいはどうでしょう。
Commented by 神戸のおいさん at 2009-05-12 01:53 x
黄色に黒! この二色は何故か理屈抜きに好きですねぇ!
なしか!も好きですけど、我が阪神タイガースの色ですよねぇ!
14日、対広島戦、甲子園に応援に行きます。

ところで宇佐の珍しい新酒が今日手に入りました、
宇佐産裸麦、一番星を使用した全麹麦 『久保』 です、
明日試飲しますのでまた改めて、報告いたします。
Commented by 酎州大分 at 2009-05-12 21:37 x
HAKUDOU師匠・・・これぞ!“雨月”という昼宴を心から堪能させていただきました・・・いやぁ~、この深みたるや、唯一無二のものだと・・・ありがとうございました・・・。

師匠の郷里を巡行させていただいて・・・酒が引き寄せる“地霊”との“一期一会”を・・・まさに実地検分で廻って“体感”できました・・・。

この酒屋で幾年月を過ごした風貌の「ホワイト ムテキ」も・・・宇目の小椋酒造さんの吟醸純米「やよい神力」も・・・恍惚とした郷愁の味わいを超える揺るぎなき酒の本質が見え隠れするようでしたね・・・。

「ホワイトムテキ」・・・“生”でこれほど旨い麦焼酎とは!・・・歳月がつくった味わいなのか・・・この酒本来の素性なのか・・・完全にこの焼酎の“虜”になっています・・・。(詳細は・・・後日、追ってこの拙文ブログ上で・・・)
Commented by 酎州大分 at 2009-05-12 21:44 x
神戸のおいさん・・・そうなんですヨ!、タイガースファンには堪らない色合いとでも申しましょうか・・・黄黒のツートンカラーの持つアイデンティティーというかイメージというか・・・こんオヤジ(私)も同意見です・・・。

全麹モノ!の「久保」ですかぁ~・・・是非にご報告をよろしく・・・(笑)。

私も店頭に並んだ後で・・・そのうち、追っかけますから・・・(爆)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “雨月の会”の夜宴・・・SP盤... “雨月の会”の昼宴(上)・・・... >>