“雨月の会”の夜宴・・・SP盤“蓄音機”の「影を慕いて」
“酒肴”の“趣向”を堪能した“昼餉”後には・・・“満腹”感で“酔心”までも“睡魔”に負けて・・・一時(とき)半ほどのオヤジの“夕寝”・・・。その間に師匠は・・・御ブログの更新や“夜宴”の準備などされていたのだと思います・・・。

c0001578_2463050.jpg“夕寝”から目覚め、むっくと起き上がった後は・・・“雨月の夜宴”・・・簡易コンロを置いて“ホルモン”と“焼鳥”をアテに・・・「なしか!」に「常蔵」などなど・・・。

夜も更け入る頃・・・おもむろにこの“蓄音機”の前に胡坐を組んだ師匠・・・積み上げてあった往年の“SP盤”レコードの紙袋の中を見比べながら・・・そのうちの一枚を取り出し、ターンテーブルに載せると・・・小さな缶から取り出した針をつけ・・・ハンドルをゆっくりと巻いて行きます・・・。

漆黒の“SP盤”レコードが回転数“78rpm”で回りはじめたところに・・・ゆっくりと針を落とすと・・・空音振動の“スクラッチノイズ”から浮かび上がるような“蓄音”・・・揺れる“空気”が“音”であることがわかるようなメロディーが“地霊”と共振するようでした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。





そのうちオヤジも“蓄音機”を体験したくなり・・・“能動的”にSP盤の紙袋を捲っていました・・・(笑)。

自ら“能動的”に行動しなければ“流行歌”を聴くことができなかった“昭和”初期の正に“蓄音”なんですね・・・“アコースティック”な録音の“蓄音”を再現するのですから・・・いかにも“機械的”で“アナログ”な“蓄音機”の操作・・・。

その中から一枚・・・「影を慕いて」とのタイトルを見つけて、かけてみたのが・・・これ↑・・・。

九州は福岡県大川市出身・・・あぁ、昭和の大作曲家“古賀政男”の駆け出し時代の音かと思うと感激いたしました・・・“マンドリン・ギター”演奏家時代があった“古賀正男”のことも・・・。

c0001578_24779.jpgそして・・・昭和初期から“芸者歌手”として人気を博した“市丸”姐さんの“祇園ばやし”という曲なども・・・レーベルタイトルが左から読めるのですから戦後盤でしょう・・・。

“夜宴”を昭和への“慕情”と“哀愁”に引き込んだ“スクラッチノイズ”でした・・・。

“蓄音機”から流れる“メロディー”の数々をしばらく愉しんだ後・・・“昭和”への想いからか?・・・“幻の別府事件”に着想して捉えた“昭和史”について日付けが変わる頃まで師匠とともに語り合った・・・思い出に残る“夜宴”のオヤジでありました・・・。
by project-beppin | 2009-05-14 02:51 | 焼酎文化考 | Comments(4)
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2009-05-14 06:46 x
おお、素晴らしい。実際の音より、哀愁があります。
雨月の「霊力」の宿った、おとですねえ。
こういうアップの仕方、お見事というよりありません。
Commented by 同期のチューバ at 2009-05-14 09:08 x
酎州さん、お久しぶりです
今年の雨月の会、残念ながら参加叶いませんでした
昨年、HAKUDOU師匠に聴かせていただいたSP盤の
あの哀愁のある音色とともに三人で酌み交わしたお酒の味が甦ります

そうそう、先般大阪でHAKUDOU師匠にご一緒したおり
お土産に「ウートートー」をいただきました
沖縄での様々な儀式用ということで度数は低いのですが
癖のない飲み易い泡盛ですね
さっそくやよ福に持ち込みメンバーに飲んでもらいましたよ(^^)v

雨月の会ではお会いできませんでしたが
やよ福へのおいでをお待ちしています
Commented by 酎州大分 at 2009-05-17 09:25 x
HAKUDOU師匠・・・愉しませていただきました・・・この“蓄音機”の“言霊”ならぬ“音霊”を・・・。

“味”と“味わい”の違いのように・・・“音質”と“音霊”の違いとでもいいましょうか・・・“音間”に宿るものと共鳴するのが“雨月の会”の雰囲気です・・・お見事でした・・・。

また、この“音霊”の“蓄音”を聞きたいと思っています・・・。
Commented by 酎州大分 at 2009-05-17 09:40 x
同期のチューバさん・・・リコメント遅くなり申し訳ございませんでした・・・。

夏の“雨月の会”の名残りというか・・・チューバさんの面影も一緒に・・・今回もまたまた、SP盤を愉しませていただきました・・・。

師匠は沖縄の“地霊”に触れる感性の持ち主ですからね・・・「ウートートー」が“先祖”との交信の“お供酒”であうという“酒霊(さけだま)”が宿る味わいであると伝えたかったのではと思っています・・・。

雨月の輪は・・・雨月の和・・・師匠を通して繋がった皆さんと是非・・・広島へ・・・心は既にやよ福へ跳んでいるのですが・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 雨月の“朝食”・・・県南“海の幸”膳 “雨月の会”の昼宴(下)・・・... >>