あぁぁあ~~誰か“枯響”を想わざる・・・純米吟醸「弥生神力」
“HAKUDOU検地”から我が家へ戻った5月3日(祝)の夕餉の晩酌がこの画像です・・・。昼間は・・・指を銜えて見守るだけであった“情”造酒・・・純米吟醸「弥生神力」を・・・早速、開封しての“独酌”であります・・・。

c0001578_22305690.jpg女房殿が準備した夕食のおかずは・・・“にんにく焼肉”、“いわし天”、“ツマミ揚”・・・。

それに、オヤジの“検地”土産・・・佐伯“ちりめん”と直川“からし椎茸”を和えた即席“酒肴”を一品加えた顔ぶれで“独酌”へと・・・。

あの山間の原風景が浮かぶ“情”造酒には・・・“ひや”が相応しいのではと・・・そのまま盃でクイッと呷るのであります・・・。

口にした瞬間の“中口”の落ち着いた風味に・・・続く“濃艶”な酸味の舌触り・・・仄かな甘旨さの複奏に秘めた“熟”辛さ・・・これこそ、清酒の“本道”の“味わい”と納得する旨さです・・・。“鮮度”の繊細な味わいにはない・・・“秘蔵酒”の“円熟”を味わう“野太さ”は・・・“神力”米の在るべき酒質なのでしょう・・・。

師匠の“真言”・・・この酒を称して“哀愁の野太”と・・・。

この酒のもっとも似合う風景として想い浮かぶのが・・・胡坐を組んだ男衆が車座になって一升瓶を酌み交す“祭り”の後の“直会(なおらい)”・・・。

♪ はぁ~な摘むぅ野ぉ辺にぃ~ 日はぁ~落ぉちぃてぇ~
   みぃんなぁで肩をぉ組みぃなぁがぁらぁ~  唄をぉうたぁったぁ帰ぇりぃみちぃ~ ♪
                                   (霧島昇:誰か故郷を想わざる

軟弱な“味”では太刀打ち出来ない“鋭気”と“親睦”が漲る場・・・茶碗に注いで呷っても負けない“味わい”の品性・・・“流行”に左右されないで醸された“姿”正しき“復古”酒質・・・“淡枯”な“響き”を失っていません・・・。

♪ 幼馴染のぉ あの友この友
    あぁぁあ~ 誰か “枯響”ぅぉをぉ~  想ぉわぁぁ~ざぁるぅ~ ♪

ついつい、“古賀メロディー”を口ずさんでしまう・・・“枯響”な旨さ・・・だと“想い”ます・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_7573970.jpg“にんにく焼肉”・・・にんにくを炒めた香味油で薄切り牛肉を焼き醤油で味をつけた焼肉・・・。

c0001578_7581986.jpg開いた鰯“天ぷら”・・・鰯には下味をつけずともカリッと揚げれば旨いアテです・・・。

c0001578_7583682.jpgそして・・・質実“郷圏”の土産をアレンジして“山海の珍味”へと・・・。

佐伯“ちりめん”を和えた直川“からし椎茸”・・・ツンと効く旨味が光るからし味噌に椎茸の食感が肉質っぽく・・・これだけでは、単調になりそうなところに・・・“ちりめん”の塩味の滋味が混じるんですから・・・からし味噌の甘味も引き出されるようで・・・即席でアレンジしたとは云え、なかなかどうして・・・纏まった風味のアテになりました・・・。

c0001578_759583.jpg純米吟醸「弥生神力」・・・味のあるその“姿”正しき“復古”酒質・・・戦前の“当たり前”の“純米酒”に近づきたいのでは・・・と、想わせるような揺ぎ無き品性を堪能いたしました・・・。

“ひや”で味わうだけでなく・・・“ぬる燗”も負けない旨さが味わえると思います・・・。

それなら・・・アテは“ちりめん”和え“からし椎茸”で・・・一品の“逸品”になると思います・・・。
by project-beppin | 2009-05-22 07:59 | 大分地霊の酒 ect. | Comments(4)
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2009-05-22 23:07 x
見事なる、「神の宿る」神饌の映像。エイゾウ、酎州大分さん、ご多忙の砌から「お帰りなさい」。お待ちしていました。ああ、嬉しい限りです。

■消去すべき書き込み、即刻消去すべきですねえ。
Commented by 酎州大分 at 2009-05-23 20:54 x
HAKUDOU師匠・・・“淡枯”な“響き”に触れることができたのも・・・師匠のおかげです・・・嬉しいのは、私の方ですよ・・・。

こうやって自宅で飲んで想ったのは・・・この酒こそあの“炭つけ祭り”の里・・・木浦鉱山の“直会”でした・・・。

Commented by 立ち呑みhakudou at 2009-05-23 22:42 x
酎州大分さん、こんばんわ。のわんこもち。宇目、木浦の実地検分の楽しさいかばかり。母が8歳で韓国は木浦に終戦まで在住。多感な時代をすごし一番長く住んでいた「木浦」の懐旧談をいくら聞いたか。無念の引き上げ。想いは「木浦」

■大手前からのバス「木浦」行きのバスの行き先に木浦が浮かぶといっていました。その木浦鉱山に思わぬ邂逅。これも、死者をも含めた「雨月の会」の魔力。

◎そう思えば、この春の会合には「岩田さん」がいましたねえ。3人の会合。見えない参加者も雨月は加えましょう。
Commented by 酎州大分 at 2009-05-25 22:27 x
HAKUDOU師匠・・・宇目、木浦も我々二人を“地霊”が引き寄せたんでしょうな・・・師匠の“木浦”に宿る想いも含めて・・・今を視よ!と御世の思召しではないでしょうか・・・。

我々もこれから後に“木浦”という行き先を見たり地名を聞いて・・・この“雨月研修”を思い返すことが出来れば“本望”です・・・。

そうですね・・・確かに、岩田さんが居ましたね・・・。師匠の人柄がなせる魅力が“雨月”の魔力・・・旧友とも語らえる“縁”の“宴”です・・・。ありがたいことです・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< HAKUDOU検地(その2)・... HAKUDOU検地(その1)・... >>