HAKUDOU検地(その2)・・・“ととろ”の“トトロ”
“小野市商店街”の「小椋酒造」からR326号線を南下、めざす“木浦”地区へと県道6号線に右折する信号は“ととろ入口”と・・・県道に入る小さな集落を通り過ぎた先に“ととろバス停”との案内看板・・・。

c0001578_22354781.jpgジブリ映画“となりのトトロ”のキャラクターを板絵にして・・・誰かが置いて帰ったということから・・・一夜のうちに話題になったことを10年近く前?に聞いてはいたのですが・・・あれから、あれよあれよという間に“町おこし”の広告効果絶大となっていました・・・ならば、一度は見ておかないと・・・(笑)。

ご覧のとおり・・・“ととろ”と読む“轟”集落の小川の上に建つ板小屋“バス停”です・・・。何の変哲もない・・・長閑な山間の集落の風景の中に・・・アニメのキャラ看板“サツキとメイ”が在るだけ・・・。

その“単純明快”な光景を・・・短絡的に“きゃぁ~ ほんとぉ、かわいいぃ~”と眺めるだけでは難しい・・・“仮想”と“現実”の“混沌”があるような気がします・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_22361669.jpgご覧のとおり・・・小川に渡した“大引き”丸太の土台の上に・・・板小屋を建てて雨宿りもできる集落の“バス停”・・・。

c0001578_22363263.jpgたかが“ととろのバス停”から・・・この板絵で、されど“トトロのバス停”へと“変貌”をとげたということでして・・・過疎の“バス停(リアリティー)”がアニメーションの“仮想(バーチャリティー)”の風景に組み入れられて・・・“現実”が“仮装”化することで“町おこし”となっているんでしょう・・・。

c0001578_22365044.jpg風薫る“五月”に“サツキ”と“メイ”に会えた・・・“ととろ”バス停です・・・。

c0001578_22371059.jpg約100mほど奥に・・・“トトロの森”公園・・・小さな“トトロ”形の“絵馬”置物が並んでいます・・・。

c0001578_22372958.jpg
c0001578_22375013.jpg2代目の“猫バス”も・・・ここに在ります・・・。


c0001578_22381459.jpg

c0001578_22384713.jpg

c0001578_22393877.jpg

c0001578_22395634.jpgすぐ近くには・・・山里の生業である“炭焼小屋”があり・・・オヤジは、こちらの“リアリティー”に目を奪われました・・・。
by project-beppin | 2009-05-23 22:44 | 大分の風土・行楽 | Comments(6)
Commented by 立ち呑みhakudou at 2009-05-23 22:48 x
トトロの里。奥深き山郷の憂いと哀愁。
ここはいいなあなんにもないのがいい。
何もないから、すべてある。
酎州大分さん、心眼の冴え。
Commented by スズメ at 2009-05-24 07:36 x
宮崎へ行く途中に、土々呂(ととろ)という町があったでしょう?
そこにはJR土々呂駅もあります。
そこにはトトロのモニュメントとか置いてあるのかなぁ。
Commented by syotikure at 2009-05-24 22:54
GWに、滋賀県の信楽駅前で、「原寸大トトロ」とでも言うべき
タヌキの焼き物を見てきたところでした(笑。

ここは前に一度通ったことがあります。
昔は、こういった今にもトトロが出てきそうな風景が
あちこちにあったような気がします。
Commented by 酎州大分 at 2009-05-25 22:38 x
師匠・・・ほんとに、そのまんま“ととろ”バス停でしたね・・・“トトロ”のキャラ以外は・・・(笑)。

仰るように、“トトロ”キャラでの“仮装化”を起爆剤に・・・周辺の田んぼに忽然と土産物屋などの下世話な“商い化”が進まないところが・・・敢えて“リアリティー”を保っている証でしょうから・・・これで勝手に商売化したら・・・それこそ“ジブリ”も黙って見逃してはくれないでしょうし・・・。

此処も・・・“なんにもない”という“リアリティー”があってこその“仮想化”現実ですから・・・知ってか知らずか?凛として“在る”田舎の“不文律”を失っていませんね・・・。

Commented by 酎州大分 at 2009-05-25 22:45 x
スズメさん・・・在りました在りました・・・南延岡と日向の間でしたっけ?“土々呂(ととろ)”駅・・・。

どうなんでしょう?私が先日、車窓から見た範疇では無かったような・・・。

この“となりのトトロ”のストーリーからは・・・やっぱ“バス停”というのが・・・“リアル・バーチャリティー(現実仮想)”性が高いんだと思います・・・。

なんちゃって・・・知ったような口利いちゃってしまいました・・・お許し下さい・・・(笑)。
Commented by 酎州大分 at 2009-05-25 22:55 x
ショチクレさん・・・原寸大の“焼トトロ”像も面白かったでしょうね・・・貴ブログで拝見させていただきました・・・(笑)。

そこなんです!・・・あちこちで見かけた普通どこにでもある風景の“バス停”に・・・たまたま“ととろ”とあるという奇遇な“巡り合わせ”が・・・如何にも・・・と、“バーチャル”と“リアル”の境界線上に・・・ドンピシャ嵌るのも奇遇なんでしょう・・・(笑)。

以前に一度ですか?・・・そうでしょう、そうでしょう、確かに一度でいいですもんね・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< HAKUDOU検地(その3) ... あぁぁあ~~誰か“枯響”を想わ... >>