竹祭り・・・竹の感謝祭
今日は・・・別府八湯温泉祭りの最終日・・・朝見神社で開かれた・・・“竹の感謝祭”を見ることができました。

c0001578_20325053.jpg朝の10時前に・・・“四海波”(しかいなみ)という編み方で・・・竹籠を編み上げて献納する神事が行われていました。


別府は・・・京都よりも技術の高い国内唯一の竹細工の産地。竹籠を編ませると右に出る職人は・・・他にはいませんねぇ。

若い職人が、献納の神事に・・・真摯な姿勢で挑む・・・このまじめな“ものづくり”の伝統・・・これこそ、焼酎のものづくりに通ずる・・・職人の技のひとつです。

青き竹を自在に操る匠の世界・・・末永く・・・世界に轟く『JAPAN Presence』であってほしいものです。
by project-beppin | 2005-04-03 20:36 | 大分の風土・行楽 | Comments(6)
Commented by gobra53 at 2005-04-04 22:16 x
さすがに神社だけあって、朱色と白の世界ですね。

各地に竹の産地はありますが、別府はすごそうですね。

竹の子の美味しい季節になりました。
私のところにも鹿児島産竹の子とツワブキが送ってきました。
Commented by 酎州大分 at 2005-04-04 23:01 x
竹の産地・・・別府は竹の籠を作る産地ですねぇ。竹もマダケ(真竹)の竹材は日本一の竹林面積と生産量だそうです。
鹿児島は・・・筍(食材)の産地でもあることと・・・モウソウチク(孟宗竹)の竹材の日本一の産地と聞いています。

“筍メバル”・・・別府湾では、筍の季節にメバルが釣れはじめると言われており、確かに・・・この時期、筍とメバルの煮付け・・・旬です。焼酎も飲みたくなる肴です。
Commented by NED-WLT at 2005-04-05 05:16
竹の感謝祭・・・初めて知りました。編み上げた籠を奉納するというよりは、編み上げる技術そのものを奉納しているような印象を受けます。
Commented by 酎州大分 at 2005-04-05 06:54 x
籠を奉納する・・・そうなんですね、籠を奉納するんですが、自らの職能の発展と継承を願う恒例行事です。
匠の技に・・・日本の文化と造形が宿るんでしょうねぇ・・・。
NED-WLTさん、オランダでは竹製品を見ることがありますか?別府の竹細工は、欧米でも理解できるものなのか?日本らしさは・・・世界で通用するんでしょうかね・・・。
Commented by ニュートラル at 2005-04-05 17:16 x
久々の書き込みでこんなことで申し訳ないですが、竹を編んでいる人の服装がセクシーですね。
どんな服なのだろうか、興味がわきました。
Commented by 酎州大分 at 2005-04-06 01:48 x
ニュートラルさん、こちらこそご無沙汰で申し訳ない・・・。

この二人の若者の神事らしい白装束姿は・・・私も驚きました。いかにも・・・伝統の職人神事という雰囲気で・・・。
髪を結んでいる左の彼はこの装束のみでしたので脇が空いているのが良くわかりますよね。
なんとなく・・・平安時代の狩衣(かりい?)・・・みたいですが・・・?
竹取の翁の装束の白装束版でしょうかねぇ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 宴の会席膳:その参・・・牛肉の... 別府八湯温泉祭り・・・春の名物... >>