HAKUDOU師匠と“日田”巡行(その7)・・・「三久」の“やきそば”
“隈”界隈で酒屋さんに教わった“ひた やきそば”の店というのが・・・此処「三久」でした・・・。

c0001578_20171043.jpg細い路地を入った角地に“ひた やきそば”の幟が見えて・・・派手な暖簾の“ラーメン店”の風情・・・。

広い軒下に店外テーブルが2つあって・・・その一つでは、家族連れがラーメンや焼そばを美味しそうに食べていました・・・。

暖簾を潜り店内へ入れば・・・「いらしゃい!」と親しみやすい家族経営の雰囲気・・・カウンター越しに店主の親仁さんが「どうぞ、空いてる席に」と声をかけてくれたのですが・・・店外テーブルの魅力もすて難く・・・(笑)。

「外テーブルにするわ、エエかなぁ?」と問うと・・・「あっ、外がイイですかぁ、どうぞ~」と出てきて案内してくれました・・・(何しろ、この5月3日の日田は、暑かったんです・・・後で知ったのですが、今年一番の気温29.4℃の夏日でした・・・)。

家族連れの隣のテーブルに陣取ったこんオヤジとHAKUDOU師匠に・・・親仁さん自ら、水の入ったコップを二つ置いてくれて注文をとる様子・・・メニューを見ながらも、オヤジ(私)は迷わず「やきそばの大盛!」と注文・・・師匠は「じゃ、同じく、やきそば・・・普通(並)で、もらおう」と告げ・・・注文を確認した親仁さんは、店内へ戻りながら暖簾越しに「ハイッ!やきそば大盛りいっちょう、並いっちょう」と・・・大きな声で(注文を)通します・・・。

うろうろとこの“界隈”を探し歩いた後ですから・・・水を飲んで“一息”入れて・・・軒下の壁に貼られた日田の“風光明媚”な観光ポスターを眺めながら・・・(頼まれもしないのに)師匠に解説して(笑)・・・しばし待てば・・・運ばれてきたのが・・・コレ・・・“二人前?”と見紛うような“やきそば 大盛”・・・。しかも・・・「スープが付いてますから・・・」と・・・小さな碗に“とんこつスープ”も標準セットとのこと・・・。

思わず「おぉっ、ホンマに大盛りやなぁ」と笑みがこぼれるオヤジ・・・師匠も「これ(並)でも大盛り並やぁ~」とちょっとした驚き・・・。

互いが“刻み紅生姜”を多めに取り、皿脇に添えると・・・合掌して、まずは一口・・・箸で持ち上げると、短めに切れた“焼き麺”に“葱”と“もやし”も“ソース”と絡んで混じりあって・・・艶やかで食べやすい箸掛りの量も丁度いい感じ・・・旨い脂に香ばしい甘口ソースの香りもあって・・・食欲がそそられます・・・。

さぁっ、喰いますよぉ~・・・。(そのお味は・・・↓Moreのクリックで・・・)

■ やきそば:三久/日田市亀山町

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_2002078.jpgこの“流水紋”のような“焼き麺”に“葱”と“もやし”のバランス・・・その彩りと味わいを引き締める“刻み紅生姜”・・・少し甘めで香ばしさもある豚脂の“とろみソース”は・・・味濃いようで・・・絶妙なバランス・・・。


c0001578_2004417.jpgそして・・・この“やきそば”に合う絶妙なセット“スープ”・・・つまり、この店の“ラーメン・スープ”・・・もちろん、“とんこつ”・・・。

“やきそば”がちょっと甘旨口ソースですから・・・この“ラーメン・スープ”のちょっと塩っ気の旨味が・・・ベスト・マッチ!・・・。

心憎いのが・・・浮かぶ“叉焼”の切れ片・・・“ラーメン”エスプリを“お試しかっ!”的なところが・・・なんとも得した気分で・・・これまた、旨ぁ~い・・・(笑)。

c0001578_201271.jpg混ぜて喰ってもこんな感じ・・・執拗に解説を加えます・・・(爆)。

“ムチムチ”食感の麺と・・・部分的“焼き麺”の“カリカリ”感に・・・“もやし”の“シャキシャキ”感・・・葱の香味と・・・角切りの豚肉の肉感と脂の旨味に・・・“刻み紅生姜”の酸鮮辛味・・・噛んで味わう“五色”の口中“触感味覚”が・・・“ひた やきそば”の特徴・・・実に旨いです・・・。


c0001578_2011633.jpg「うん、旨かった!」と満腹感と満足感を満喫して、席を立ち勘定となって店内に入ると・・・親仁さんから「どうでしたかぁ?」と訊ねられ・・・師匠は「初めて食べた(味わいの)旨い焼そばやぁ~、気に入ったぁ!スープも旨かったぁ!」と店主の親仁さんに賛辞・・・。

鉄板で焼いていた若大将や洗い場の若女将、テーブルを拭いていた女将さんも・・・皆、笑顔・・・。若大将が「そりゃぁ、良かった、ありがとうございましたぁ~」と・・・この“人情味”がさらに“あと口”を好くするというもの・・・。

店を出て・・・気になったのが、暖簾脇の“がまだし中(営業中)”の札看板・・・。女将さんに“がまだし”とは?とその意味を聞くと・・・「この辺りの言葉で“頑張ってやってます”ってことです・・・休みの日は“よこい”になります・・・」と・・・。これも・・・また“地霊”の“一期一会”・・・“やきそば”+“あるふぁ”な味わいのある店でした・・・。

c0001578_2033544.jpgこの“日田 焼きそば”の“発祥=元祖”は・・・なんと言っても自他共に認める“想夫恋”・・・。

初代が小さな店で創意工夫した“焼そば”が・・・多くのお客さんの支持を受け・・・その具材、ソース、焼き方で地元のラーメン店にも広がって定着したものが“ひた やきそば”・・・。

今では、焼そば専門店“想夫恋”ではなく、“想夫恋焼”専門店としてF.C.化しながらも“炒めない”で“焼く”の“王道”の“焼そば”も・・・もちろん、旨いですが・・・こうやって、小さな“ラーメン店のアレンジ”の味が多様化していく“ひた やきそば”も・・・客にとっては、楽しみが増えたというもの・・・。

想夫恋 日田焼きそば”も登録商標化して“元祖=本家=宗家”の確執争いのように“暖簾”と“”を守る“想夫恋焼”の拘りも認めつつ・・・地元のラーメン店や新規創業の参入でさらに“創意工夫”が多面的に“進化”する“ひた やきそば”も・・・多くのお客さんの“支持”を得ることでしょう・・・。

特に、地元のラーメン店だからこそできる“ラーメン・スープ”付は・・・新たな“ひた やきそば”の“スタイル”になるんじゃないでしょうか・・・少なくとも、こんオヤジ(私)とHAKUDOU師匠は“賛同支持”します!・・・。
by project-beppin | 2010-05-20 20:09 | 美食の街 | Comments(4)
Commented by tatinomi1 at 2010-05-21 09:29
感動の味でした。特にラーメンの汁をスープで出してくれたのに感動。今度はラーメンを食べたいくらいです。でも、同じ写真を写してもこれだけ美味しそうに写せる酎州大分さんの写真にはあらためて脱帽です。大阪の出張はまだですか?お待ちしております。
Commented by 酎州大分 at 2010-05-22 13:01 x
師匠・・・“焼そば”も各地で独特の“スタイル”が定着しているようで・・・三大焼そばと名付けられた“横手”、“太田”、“富士宮”は・・・“日田 焼そば”に言わせれば・・・“焼そば”ではく“炒めそば”だと・・・。先にメディアソースに取り上げられただけで、“三大入り”した上記よりも・・・大分県人としては“日田 焼きそば”を応援したいのですが・・・ご当地では、“元祖、本家”が“地域”への広がりより“F.C.”の広がりに“ご尽力”しているようで・・・淋しい限りです・・・。

ですが・・・“ひた やきそば”の“ラーメン・スープ”付きは、おっしゃるように感動でした・・・旨かったすねぇ~・・・。

何しろ、県外出張が稀有な仕事ですので・・・あれば、必ず、是非に!・・・お願いいたします・・・。
Commented by syotikure at 2010-05-23 00:54
想夫恋、大分や福岡に出張した際、たまに寄ってました。
焼きそばにしてはちょいと高いですが(笑、確かに「焼きそば」、ここだけの味が楽しめます。
この「ひた やきそば」、ラーメンスープ付きというのも1食で2度、いや3度美味しい庶民の味わいという感じがします。食べてみたいですね~。
Commented by 酎州大分 at 2010-05-23 21:29 x
ショチクレさん・・・“ここだけ”という“焼き”そばを・・・たまに食していただいておりましたかぁ~・・・。日田にわざわざ食べに行っていた頃の値段からすると・・・確かに今の“想夫恋”は、ちーと高く感じますね・・・。F.C.化して・・・“良いものをより安く”をモットーにして欲しいですよね・・・。

ラーメン屋さんの“ひた やきそば”は・・・“ラーメン・スープ”付きのその“スタイル”を定着させて欲しいですねェ・・・“良いものをより安く”的な顧客満足度の向上にも・・・次回は“ラーメン”というリピートにも・・・有効な“味わい”でいい感じです・・・。

やっぱ“想夫恋”でなきゃという方と・・・“ひたん やきそば”でん、十分、満足できるきぃねぇ~という方がいらっしゃいますから・・・次回、小鹿田の“民陶祭”などで、日田におでかけの折は・・・“想夫恋”と食べ比べてほしいです・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< HAKUDOU師匠と“日田”巡... HAKUDOU師匠と“日田”巡... >>