吟香と辛甘さが利く・・・「蔵治」
午前中は晴れて暑いほどだったのに・・・午後から雨で・・・桜も散り初めになりそうですね。
久しぶりにゆっくりと自宅で過ごした一日でした。今夜は・・・“アジフライ”に“烏賊ステーキ”・・・先に食事を済ませました。

c0001578_2152345.jpg酢牛蒡人参と蕗佃煮もありましたから・・・食後にこちらをアテに・・・粕取焼酎『蔵治』を飲みましょう。

粕取り焼酎は・・・その馥郁たる吟香が甘ーく放たれます・・・芋や麦や米の純然たる味わいの焼酎とは全く異なる味わいが・・・この焼酎の癖であり、美味なところでもありますよね。

香りは・・・正に純米吟醸(清酒)の芳香に近くフルーティーです。

口に含んで・・・“これぞ粕取り”らしい・・・辛みのあるコクと甘露な味わいと芯のあるアルコール感とが・・・幾重にも鼻腔に主張を繰り返します。
鼻抜けの吟香・・・喉を火照らせるようなアルコールの刺激・・・舌先に残る辛甘さの残響感・・・どれをとっても印象に残る上品さがありますねェ。

そうそう・・・いつか新潟で飲んだ・・・「古酒 乙焼酎」に通ずる・・・味わいです。

酢牛蒡や酢人参の繊維質から滲みだす酸味も・・・蕗佃煮の濃い甘辛さと山椒の香も・・・
この粕取焼酎には・・・よく合います。

■「蔵治」(中野酒造:杵築市/不明:酒粕)25度・・・吟醸粕取焼酎
吟醸酒粕の馥郁たるフルーティーな吟香、辛みのあるコクと甘露な味わいを持つ粕取焼酎。芯のあるアルコール感と喉を火照らせるようなアルコールの余韻は銘品。
by project-beppin | 2005-04-10 21:55 | 豊後の粕取焼酎 | Comments(5)
Commented at 2005-04-11 16:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gobra53 at 2005-04-11 21:06 x
わかりやすい柄のラベルの酎ですね。
瓶も細身で中々ですが、4合瓶とかはカレットでしかリサイクルされないのが辛いところです。
本当は1升瓶でリサイクルしたいところですが、多くの銘柄をいただこうと思うと4合瓶に手が出てしまいます。
まあ、他の事で環境に貢献していると言うことで、これについては許してくだされ。

田舎からツワブキが大量に送ってきました。
皮をむくのが大変でしたが、美味しい佃煮が出来ました。
指先真っ黒~!
Commented by i at 2005-04-12 20:03 x
こんばんは!
九州は芋焼酎、大分は麦焼酎ばっかりだと思っていたら
粕取り焼酎をはじめ、日本酒とか色んなお酒を結構造ってる所が
多いんですねぇ。びっくり!!
焼酎大分さんの写真や文章を見ていると、蔵治などアップされている焼酎を飲みたくなってしまいました。
Commented by tatinomi1 at 2005-04-12 23:50
おお、知恵美人さんのカストリ。
杵築の町でよくこの酒の看板を見ますがまだ飲んだことがありません。

今度、酒も焼酎も飲んでみたいですねえ。

でも、なんとも美しい瓶ですねえ。
Commented by 酎州大分 at 2005-04-13 00:28 x
蔵治・・・これは500ml瓶ですね・・・大分空港にもありましたよ。

gobra53さん・・・4合瓶で多くの蔵元の多くの味わいを楽しむのが・・・割高だけど・・・私の晩酌には丁度いいですねェ。
コレクションするのが目的ではありませんから・・・一升瓶じゃ収納も大変ですので・・・。
つわ蕗・・・エエですな・・・自分で皮むいた佃煮・・・味もまた格別でしょう・・・。

iさん・・・豊後は・・・酒醸造の“五色沼”・・・飲めば深みに嵌まります。焼酎(麦・米・芋・蕎麦など)、清酒、ビール、ワイン、白酒など多彩な味わいを楽しめるのが・・・これまた楽し・・・ですね。

HAKUDOU師匠・・・智恵美人の美酒から・・・この蔵治もできるんでしょうなぁ・・・。
あの西の関とも・・・ひと味違う旨さの智恵美人・・・これまたエエです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 別府ロープウェイ・・・夜桜と焼酎館 境川河畔・・・“花見の宴”に2... >>