“天空田園”の景観・・・よくぞ譬えた!“USAのマチュピチュ”
道の駅“いんない”からR387号線を山間に向かい・・・“岳切渓谷”入口を過ぎ“西椎屋”地区を通り過ぎようとした時・・・女房殿が“反応”した案内看板がありました・・・青地に白抜き文字の“⇒ 宇佐のマチュピチュ 展望所”・・・。

c0001578_20401841.jpgエッ?何ぃ?・・・“うさのマチュピチュ”・・・オヤジは、“遺跡”か?何か?と思考するものの・・・頭の中にはイメージが浮かびません・・・。

女房殿は「えっ、知らないの~!(地方版)テレビ番組で見たことある、ある・・・。へェ~此処なんだぁ~・・・風景がホラッ、あの“マチュピチュ”に似てんだってェ・・・行こっ、行って見ようぉ~・・・」と、笑い顔で薦めます・・・。

ハンドルを握るオヤジは「本当かえぇ~(笑)・・・」と、それなりに“興味津々”・・・(爆)。

案内板を目印に・・・国道から脇道に入り、坂を上ってみると・・・道際のガードレール部分に・・・小さな画像と案内解説文の“プレート”があり・・・女房殿の指示で車を停めて、下車・・・。

その“プレート”の画像は・・・ホンモノの“マチュピチュ”・・・。で、眼前に広がる風景は・・・“USA(宇佐)”の・・・(見比べながら)?・・・うーん、言われて見りゃぁ~・・・“ま・ちゅ・ぴ・ちゅ”・・・(笑)。

案内解説文は、↓のMoreでご一読いただくとして・・・地元の人にしてみれば、見慣れたこの景色・・・まさか、あの南米ペルーの“世界遺産”・・・“空中都市”との異名を持つ“マチュ・ピチュ”と結びつくとは・・・思ってもいないでしょう・・・。

しばらく、二人で見比べながら・・・女房殿は「あははぁ、似てる、似てる~」・・・オヤジは「そうかぁ~、まぁ、この位置というのは、わからんでもないが・・・」と・・・。

まっ、“東洋のナイアガラ”も観光名所にしている“土地柄”でもありますし・・・結果的には・・・それなりに、期待以上のプチ“珍百景”気分を楽しめたのであります・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_21563018.jpgこれが・・・眼前の生風景“宇佐のマチュピチュ”・・・。

この譬えを歴史上初めて公表したのは・・・どうも“宇佐市”の“広報誌”の記事だったようですね・・・。

その記事によると・・・“(前略)・・・棚田は私たちの祖先が一粒でも多くの米を求めて水田開発を進め、「耕して天に至る」ようにして造った生産施設でした。・・・(後略)”と・・・。

そう思いながら眺めると・・・“空中都市”ならぬ・・・“秋葉様”と呼ばれる山を背にした“天空田園”の景観であると譬えたくなります・・・。

c0001578_20405160.jpgで“マピュピチュ”の背後の山は標高2600m超の“ワイナピチュ”・・・宇佐の“ワイナピチュ=秋葉様”は、せいぜい標高400mぐらい・・・。

標高は比べものになりませんが・・・このアングルでのみと言っていい背景の山容と前面の平棚集落の景観比率が“近似”している“感覚”を植えつけるんでしょうなぁ・・・。

“メジャー”な“ブランド景観”と比較し、その名を借りて“印象”付け、“関心”を惹くという手法は・・・こうした“マイナー”な地域では“注目”と“集客”の“効果絶大”でしょうから・・・名付けて“比較便乗学”的キャッチフレーズの成功例でしょう・・・。

c0001578_20413048.jpgあっ・・・そういえば、大分麦焼酎にもこの“比較便乗学”的キャッチフレーズがありますね・・・“下町のナポレオン”、“田舎の好コッチ”、“おらが村のWe好きー”、“大分の罷蘭地(ブランヂィ)”・・・(笑)。

この手法・・・“大分”の“伝統的”思考回路に“潜在化”しているのかもれません・・・(爆)。

話を“リセット”して・・・もう一度、この“マチュピチュ出現!?”をご一読いただき・・・是非、このプチ“珍百景”の地をお訪ね下さい・・・。



by project-beppin | 2010-06-23 21:13 | 大分の風土・行楽 | Comments(10)
Commented by syotikure at 2010-06-24 01:23
いい景色ですね~。

>「耕して天に至る」
確かに、今でこそ道路が通って「上から目線」で見下ろしてますが(笑、
昔はちょっとでも耕作地を求め、上に耕していった訳ですからね~。

それにしても、この角度の景色でマチュピチュを最初に連想した人、
かなりの世界遺産通と見ました。
Commented by 酎州大分 at 2010-06-25 01:04 x
ショチクレさん・・・そう思っていただけますか・・・ありがとうございます・・・。

“マチュピチュ”に翻弄され・・・今でこその「上から目線」は・・・冷静にこの景観を見ることができないのですが(笑)・・・確かに、この“耕して天に至る”の言葉にこそ、“いい景色”の意味があるんでしょうねぇ・・・。

ホント・・・最初に連想した方に“グッ ジョブ!”と声かけたいですね・・・(笑)。
Commented by 同期のチューバ at 2010-06-25 08:55 x
少し前の記事がらみて゜m()m
へえ、「りゅうきゅう」は鯵や鯖のズケなんですねえ
私が検索した「りゅうきゅう」は土佐の食べ物で
里いもの茎風の郷土料理でしたが
いずれにしても
物は違いますが名前からして
沖縄方面から伝わった違う食材が
それぞれの土地で同じ名前になったのかもしれませんね

夏の雨月庵またはやよ福での再会が楽しみです
Commented by 酎州大分 at 2010-06-25 20:09 x
同期のチューバさん・・・そうなんです、大分では、“りゅうきゅう”は鯖や鯵の“ヅケ”なんですよ・・・。

土佐の里芋茎の郷土料理“りゅうきゅう”にも・・・伝えた土地と人への“名残り”があるんでしょう・・・。

なかなか、実現しませんが・・・“りゅうきゅう”を手土産に提げて・・・やよ福でお会いしたいですね・・・。
Commented by tatinomi1 at 2010-06-26 08:50
素晴らしい景観。マチュプチより哀愁があっていいですね。大分県警はこの地に「警官演芸学校」を誘致すればいいのに。間違い「景観園芸学校」ですが。

◎確かに大分県は「置き換え」が好きですね。その理由は、大友断絶の後小藩分立により「途方も無い多様性」文化が花開き、およそ地上にあるものの類似はほとんど揃うからではないでしょうかねえ。食材も「雁屋哲」さんに言わせれば、日本一。食材が一番でも料理は一番といわれていないところが、大分らしいですねえ。
Commented by 酎州大分 at 2010-06-27 10:48 x
HAKUDOU師匠・・・この“県景”は、警官も“桂冠”を与えそうな景観・・・身近な“郷愁”景観をマチュピチュの“遺跡”景観と抱き合わせる好い手法で注目に値しますね・・・。

なぜ、置き換えるか?でしょうね・・・置き換えが意味があり、知らない人に知らせて興味を持たせる皮算用があるからでしょうね・・・。

大分の食材が称えられて、料理を称えられないのは・・・称えるという行為を行う連中が自らの周囲では持ち得ないモノが食材であって・・・料理は自らの周囲にあるからでしょうね・・・途方もない多様性の中には・・・料理もいくつもあるんで・・・一番か?一番でないか?は、あまり関係なく・・・その多様性を寛容に享受できる感性と契機を失わないことの方が重要でしょうね・・・。

Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2010-06-27 13:37 x
まさに、胸のすく展開。奥深い着地になりました。ここまで行き着かず「入り口」をぐるぐるまわっていつのが「マスコミグルメ」ですねえ。いやあ「落としどころ」が秀逸です。ああ、晴れ晴れ!
Commented by 酎州大分 at 2010-06-27 21:13 x
師匠・・・生意気な“私論”をぶってしまったようで・・・お許し下さい・・・m(_ _)m。

食材も料理も多様であってこそ・・・各地を訪れ味わえるモノが食文化・・・旨い、不味いは二の次ですから・・・情報化のご時勢にあっては「口コミ」も「マスコミ」も互いに多様性のあるメディアであって・・・その中で“奇を衒う”こともひとつですし、“定番を再評価する”こともひとつですし、“入り口”を開くこともひとつです・・・。皆、それなりに役目があって・・・これらに“踊らされる”のではなく、寛容に自ら“踊る”ぐらいを身上にしたいと思っております・・・。つまり、“落としどころ”は・・・なんでも在り~、なんでも善し~・・・としましょう・・・(笑)。
Commented by tatinomi1 at 2010-06-28 08:08
いやあもう、感服いたしました。
最新の「ひげのニッカ」のようなカップ、いいですねえ。
先日、霧島の20度一升紙パック買いました。
関西まで20度が。安いからでしょうが。

◎「四角」「三角」揚げ、チーズの風土性
  ブログコメント、いただきたく!
Commented by 酎州大分 at 2010-06-29 01:23 x
師匠・・・井上陽水“氷の世界”・・・地元の焼酎文化“20°の世界”・・・それが、関西まで20°紙パックの進出とは・・・これも比較便乗学的な進出でしょうか?・・・“パック1.8L 黒霧島20° ○,○○○円”と銘柄名と特価だけ大きいポップにしてチラシ広告を入れれば・・・集客効果が見込めるという“商魂”があってもいい時代かもしれませんね・・・デフレ対応焼酎マーチャダイジングでしょうかね・・・。

それとも・・・20°焼酎文化も全国化して・・・“黒霧”も“ナショナル・ブランド”となった超大手メーカーたる証でしょう・・・。

おおぁ~・・・この“揚げ”と“チーズ”の酒文化“民俗”考・・・さすが全国を行脚した“立ち呑み山頭火”たる師匠の視点ならではですね・・・。

三角は、箱が皿となるとの実体験の“逸話”が秀逸でした・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “滝見”遊山(その3):“日出... “石橋”と“柚子”と“オオサン... >>