山香“水辺”の風景(その1):“滝林浴”と河川プール・・・羽門(うど)の滝
“盛夏”本番・・・うだるような暑さが続く中、“避暑”ドライブと決めて・・・杵築市山香町(旧 速見郡)へ・・・。そう、照返しに焼けるような“海”ではなく・・・濃緑の木立と美しき木陰を求めて“山”の“水辺”を巡ってみました・・・。

c0001578_5315137.jpgその“山”の“水辺”のひとつ・・・「羽門(うど)の滝」・・・。

別府からR10号線を北上・・・日出町の赤松峠を越え“八坂川”を遡るように山香町へ入ると・・・“田居”の交差点にある看板“羽門の滝”と“河川プール”に沿って左折・・・途中、案内標識に従い旧町道を山間へ向けて上ります・・・。

田畑を抜け、山道へと分け入るように車を進めると・・・目の前に“白竜伝説 名瀑 羽門の滝”の白い立看板・・・。すぐ脇の駐車場に車を停め・・・整備された遊歩道に下りて“滝音”に向って木立に囲まれた“沢”を歩いて・・・滝壷の間近へ・・・。

落差12mほどの黒き岩肌に・・・幾筋もの白き飛沫を流水紋として刻む“滝容”に・・・陽射しは、緑樹の葉の“サンバイザー”を透して和らぎ・・・“高温多湿”でありながら何処からともなく“涼風”が薫る“滝林浴”という感じ・・・滝を見渡し深呼吸して・・・澱んだオヤジの萎えた心も、“再生”したようです・・・。

身近にありながら、今回が初訪問となった“羽門の滝”・・・思った以上に好い処でした・・・。

夏休み期間中は・・・直ぐ下流に整備された子供向け“河川プール”も自由に使えて・・・“避暑”にも“滝林浴”にも“うってつけ”の“水辺リゾート”として・・・また、お子様連れの林間プール遊びの場として・・・隠れた“おススメ”スポットでした・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_5361934.jpg家族連れの車が止まる“駐車場”・・・。

この奥に“羽門の滝”があります・・・。

c0001578_5364842.jpg“駐車場”から滝下の沢へ向う石段を下りると・・・綺麗に整備された“遊歩道”・・・。

夏は・・・子供達にも安全にとの配慮もあってか?・・・地元の“環境保全グループ=羽門の滝を守る会”によって、下草を刈り、河川プールに滝水を引き込む環境美化の清掃運動が行われています・・・。

c0001578_537631.jpgまた、この滝に伝わると言う“白竜伝説”の看板もあって・・・以下に、その看板にあった“あらすじ”を・・・写し書きしますと・・・。
 
 此処堂床(どうどこ)の地に一宇の伽藍(がらん)あり 本尊地蔵を祭りて名も知れず 世を避けし美しき母と娘が堂を守る為に住んでいた。 
 何時(いつ)ごろの事か 罪深き日々を責め 地蔵にその斉教(さいきゅう)を修め この滝に行する武士がいた。年も過ぎ この堂を守る母と娘を見るに その瞳は深く露を宿し ふる舞う姿の麗しさに迷い 行の身の責め戒めも忘れ 身の生きる支えを求め頼んだら 娘は我故ある身ですので 百か日の間 その身を遠ざけてくださいと言われた。
 そして願(ねがい)明けの日の戌の刻(今なら午後8時のこと)に再び堂にてお会い致したいと答えた。


c0001578_538339.jpg やがて仮住まいにて待つ約束の日 五ツを待てずに 訪ねた武士。 その時 それは幻か あのあでやかなる娘 滝に抗(あらが)い眼は爛々と輝き 光りを映して美しく 真白きを素肌くねらし水飛沫(みずしぶき)も戯れる その様 妖気迫りて 思わず一声に すでに 彼(あ)の娘 嘆(たん)に乱れ悲恋の情け
 水面に残し 水底深く身を投ずるに 波紋の渦に沈めた。 その姿 再びこの世に還ることは無かったとか。 歳を経て村人の噂は悲し。
 しぐれる羽門の五ツ時 悶え悲しみ飛沫の滝を かき昇る白竜を見かけると言う。
村人達はいまだに 白竜悲恋を語部(かたりべ)に伝える。


c0001578_5385287.jpg水量は普段より少ないようでしたが・・・この辺りまで来ると“滝”ミストと木陰のおかげで・・・涼しく感じます・・・。


c0001578_546491.jpg
↑ 沢にある大岩の上から撮影した“滝容”全景・・・120°の“フォト・モンタージュ”・・・。
こうやって撮ると・・・逆に小さな滝に見えますが・・・実は、“地霊”を宿す威厳のある空間です・・・。

c0001578_6212928.jpg“苔”生す岩もしっとりと“滝ミスト”に潤った濃緑が美しく・・・水流が涼を呼ぶ“自然のクーラー”です・・・。

c0001578_6214554.jpg滝の沢から・・・振り返って見る遊歩道側・・・。

直射日光に透ける木々の葉は・・・額に汗する“暑さ”が照りつけているんだと思えないような・・・涼しく和らぐ“新緑”に見えたりします・・・。


c0001578_6222090.jpg沢から木立の奥の岩肌を見上げれば・・・何やら地蔵のように見える石像群の祠か“十王像”があります・・・。

c0001578_6224690.jpg戻りの遊歩道からの見返りの滝・・・“木陰”のトンネル・・・。


c0001578_623490.jpgこの沢に架かる“市道”橋をくぐって遊歩道が続いています・・・。


c0001578_6232370.jpgその遊歩道をまっすぐ進むと・・・この“河川プール”・・・。

“滝”の“沢水”を引き込んだ“滝水プール”・・・飛び込めるような深さではないので・・・小さな子供と山間の“夏景色”に映る家族の光景が・・・眩しくもありました・・・。
by project-beppin | 2010-08-02 06:25 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
Commented by tatinomi1 at 2010-08-03 06:27
見事な森林写真ですねえ。素晴らしい風景です。
組み合わせ合成写真の技に驚きました。
人工のミストがあちこちにありますが
天然のミストはやはり違いますね。
暑いので、お体大切に!
Commented by daikanyamamaria at 2010-08-03 19:18
暑中お見舞い申し上げます*。:☆.。†

涼やかなふるさとからの風。。。ありがとうございます^^

ご自愛くださって 涼やかな秋をお迎えくださいませ。。。*。:☆.。† 

      葉月 8月。。。 夏休み。。。

      daikanyamamaria。..。.*。:☆.。† 
Commented by 酎州大分 at 2010-08-07 02:59 x
HAKUDOU師匠・・・身近にこんな滝があったとは、“灯台下暗し”でした・・・。

沢を分け入るほど深くも、落差もさほどない滝ですが・・・地域の人に大切にされている正に“名瀑”だと・・・思います・・・。

盛夏でも苔生す“天然ミスト”の情緒を少しでも感じていただければ幸いです・・・。

師匠も・・・お体お気をつけて御帰省下さい・・・雨月の宴・・・また、懲りずにお邪魔します!・・・。
Commented by 酎州大分 at 2010-08-07 03:16 x
マリアさん・・・盛夏にお見舞いのコメントをいただき畏れ入ります・・・。

“郷里”の“涼風”と感じていただけたなら・・・本望です・・・こちらこそ、ありがとうございます・・・。旧山香町にも、郷里を思い起こしていただける美しい滝と水辺の風景がありました・・・(追って、アップいたします・・・)。

こちらからは“猛暑”見舞いも申し上げぬままで・・・不躾なリコメントで申し訳ございません・・・。

そちらも連日の“猛暑”、“熱帯夜”のご様子・・・九州の面影が映る旬の“苦瓜”・・・あの夏らしい滋味も楽しまれたでしょうか・・・バテることなく、ポジティブに残暑もお過ごし下さい・・・。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 山香“水辺”の風景(その2):... “豆腐”と“大根”と・・・“愛... >>