山香“水辺”の風景(その3):“滝見”の野草・・・“ヤブミョウガ”と“ワラビ”
“十王”の石像群を見終えた後・・・湿気の多いこの“谷筋”樹林にある“伽藍”址の下草に・・・白い花をつけた“ヤブミョウガ(薮茗荷)”を見つけました・・・。

c0001578_23151021.jpgきれいな水のある湿潤な日陰に生えるという"ヤブミョウガ"・・・地上に出た若芽を食用に採ることもあるようですが・・・一般的には余り山菜としてメジャーではないようです・・・。

この夏の時期に・・・ツユクサに似た葉形ながら、長く大きな葉と・・・背高く伸びた茎に放射線状に白い花をつけるその姿は・・・“静”楚な美しさがあります・・・。

沢水の恵みを知っている植物と云えるでしょうね・・・。


※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_23153624.jpgヤブミョウガ(薮茗荷)/ツユクサ科


c0001578_2316085.jpgこの小さな花には・・・雄蕊と雌蕊を持つ“両性花”と、雄蕊しか持たない“雄花”の2種があるとのこと・・・見分けつきます?・・・オヤジは、わかりません・・・(笑)。


c0001578_23162285.jpgその大きな葉に乗る“アマガエル”・・・ちょうど、“羽門の滝”を眺めているようでした・・・。


c0001578_23164964.jpgワラビ(蕨)/コバノイシカグマ科

c0001578_23171212.jpg下草を刈った中・・・新たに芽生えた“ワラビ”・・・ピンと伸びた茎が“シダ=羊歯植物”の生命力を表しているように見えます・・・。
by project-beppin | 2010-08-10 00:00 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
Commented by 同期のチューバ at 2010-08-11 15:56 x
酎州さん
HAKUDOUさんのブログコメント読みました
ありがとうございます
酎州さんの言われるように「ゆた~」と参ります
今夜は台風の影響もあるでしょうから無理せずに山口の実家で一泊することにします
さて山口県~福岡県~大分県の海岸線ぐるり旅
さてさてどうなりますことやら(笑)
雨月での再会を楽しみにゆっくり釣りを楽しみながら行くことにします

ところで、私がいつも湧き水を汲みに行く場所にもヤブミョウガが群生しています
この茗荷は食用にはならないのでしようかね

では、13日夕方にお会いしましょう
Commented by 酎州大分 at 2010-08-16 06:20 x
同期のチューバさん・・・旬のハゼと“山頭火”のシリーズ3本・・・大変、美味しゅうございました・・・ご無事で帰広されましたか?

ヤブミョウガ・・・食用とはあまり聞かないですね・・・。

あっ、そうそう・・・判りましたよ・・・フウセントウワタでした・・・。
フウセンカズラの仲間なんですね・・・。
こちらも追々アップします・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “雨月盆会”(宵酔い)・・・焼... 山香“水辺”の風景(その2):... >>