“雨月盆会”(宵酔い)・・・焼酎“新旧”列伝にチューバさん来宴
13日(金)・・・今年も佐伯の“盛夏”に“酔酎遊詠”に浸る宴・・・HAKUDOU師匠“酒”宰の“雨月の会”が開宴となりました・・・。

c0001578_17562949.jpg高速道路“無料化社会実験”後の“初盆”となった今年は・・・“初”めて“東九州道”で“渋滞”に遭遇・・・。“雨月庵”のある佐伯まで時間的には余裕を持って出たつもりですが・・・“宮河内~臼杵”間が1km以上が“ノロノロ運転”だったりと・・・時間は25分程度余分にかかったでしょう・・・。

結局・・・別府から1時間40分ほどで“佐伯”入りしたんですが・・・今度は、“庵”の墓地周辺の駐車場が“満車”状態・・・“盆参り”供養の“渋滞”・・・これも、佐伯らしい信心深い光景かと・・・。 

そうして、なんとか3ヶ月ぶりの“庵”へ到着・・・“準備万端”の“酒宴”の席へと・・・。

迎えていただいたHAKUDOU師匠”と再会の挨拶を交わして着席・・・今年の“土産”に持ち込んだ焼酎がこの「豊後 清明」・・・。

そうです・・・知る人ぞ知る大分の“ウェット旨口”の“麦・米麹”「岡城」を醸していた竹田市の旧“熊谷酒造”を受け継ぎ・・・新たな焼酎蔵となった“萱島酒類”さんの岡城蒸留所 “福寿屋”の初陣となった“麦”焼酎・・・。

“麦・米麹”の“麦”焼酎・・・大分では“希有”なこの焼酎の味わいこそ・・・“竹田”の“地焼酎”であるという“信仰”に近い想いを持つオヤジ(私)には・・・密かに待ちに待った“新”銘柄・・・。

HAKUDOU師匠は既に“大分空港”で見かけていたとのこと・・・。“清酒”「西の関」のあの“萱島酒造”さんが“酒類”となった一種の“違和感”が気になっていたご様子でしたが・・・オヤジは、この“竹田”の“地焼酎”を“酒類”として、よくぞ残してくれたと・・・“感激”しているのであります・・・。

“開封”した味わいも・・・コク旨みの味わいえる辛旨い中口とでもいいましょうか・・・できるだけ、これまでの“酒質”を“周到”しながら・・・敢えて、余韻のキレとアルコール感には、その名のとおり“清明”感を宿したという風味・・・正に“地焼酎”で在り続けたいという“地霊”への“敬意”が造り上げた旨さです・・・。“一献”とお猪口に注ぐたびに瞼の奥から・・・甦る“旨い”があります・・・。

“焼酎ブーム”の喧騒からは、既に一歩も二歩も離れた時代・・・先ずは、“着飾る”ことなく、この“麦”焼酎が味わえる“悦び”から・・・“雨月の会”は始まりました・・・。そして・・・“雨月”の“地霊”が、この地に引き寄せた“焼酎”の“精霊”を自らの舌で味わい“供養”となりました・・・。

今回も“新旧”取り混ぜながら・・・正に“雨月の会”の“焼酎供養”の“盆会”・・・“宵”の“酔い”として楽しんだのであります・・・(笑)。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_17565585.jpg到着後、酒宴を始めてまず“酒”宰たる師匠が、奨めてくれたアテがこれ・・・“オイルサーディン”のようでさに非ず“燻製牡蠣のオイル漬け”・・・なんと!“神戸のおいさん”の韓国土産とのこと・・・。

しっとりと包むようなヒマワリ油にスモーキーで濃厚な牡蠣の旨味がまったり・・・これは、旨い!・・・。三粒もあれば・・・一杯、飲めそうな“海のチェダーチーズ”ってな感じ・・・。

神戸のおいさん・・・いただきました!・・・ご馳走さまでした・・・。

c0001578_17571022.jpgこれにドンピシャの酒といえば・・・“酒”宰渾身の“泡盛”「粗濾過 松藤」・・・。

米麹の爽快なスピリッツ感・・・コク、キレ、香味のビシッと響く先鋭な風味が・・・インパクトのある喉越しで・・・このオイル漬けのまったり感を・・・あとに引きずらないアルコール旨さが光りました・・・。

c0001578_18324646.jpgそして・・・ここからが今回の“酒”宰の“テーマ”焼酎の巻・・・。

佐伯“地霊”の麦焼酎ビンテージ旧銘柄「ホワイトムテキ」と・・・おもむろに“酒”宰が開封して振舞ってくれたのが芋焼酎「森伊蔵」・・・。


c0001578_18332355.jpg恥ずかしながら・・・こんオヤジ(私)・・・一升瓶の開栓後一杯目をいただいたのは“お初”であります・・・(笑)。

素直な感想は・・・確かに“美味い”・・・。スムースな甘旨みと明快なキレで清らかさがあります・・・。“かめ壷”と“黒麹”をバランスのとれた“端整”さでまとめた感じ・・・。

その後に・・・日向の“レギュラー”芋焼酎の一角「日向 木挽」と「赤霧島」を・・・各々飲んでみたんですが・・・素直に“旨い”を享受できたのは・・・「日向 木挽」だったのです・・・。なんといっても、“芋”の“黒麹”苦みのコクが“芋”らしい“芋”という“味わい”・・・。

c0001578_1758116.jpgそこへ・・・“同期のチューバさん”が到着・・・。

“釣行ドライブ”の途中・・・中津の“八面山”に登頂したとのこと・・・。

その登頂中に“修験の滝”を眺めたと・・・撮影画像を見せてくれました・・・。

c0001578_1814148.jpgチューバさんの差し入れのアテ・・・“広島カープ激烈キムチ”と“広島菜漬”・・・。

“赤”と“緑”の“補色”アテの彩・・・“地霊”の酒宴らしく・・・これも、また好しです・・・。

c0001578_1758386.jpgそのチューバさんに・・・“酒”宰から“吟”焼酎の盆が手渡され・・・五つの猪口に注がれた5銘柄の焼酎を味わって・・・お気に入りを前に出し、好みの焼酎を選るというもの・・・。

“芋”派のチューバさんの好みが気になるところ・・・。

c0001578_18305861.jpg実は、“麦”派のオヤジ(私)の“旨い”の好み順は・・・左から「ホワイトムテキ」、「日向 木挽」、「豊後 清明」、「赤霧島」、「森伊蔵」でありました・・・(笑)。


c0001578_1804455.jpg“酒”宰は、この並び順のとおり“吟”焼酎の盆に猪口を置いたとのこと・・・。

さすが“芋”派のチューバさん・・・その好みもズバリ“芋”3酎・・・「森伊蔵」、「赤霧島」、「日向 木挽」との順・・・。“麦”の2つは・・・“非日常”だったようです・・・(笑)。

こうして・・・“吟”焼酎を楽しみながら“宵”の“酔い”を始めたのであります・・・。

(つづく・・・)
by project-beppin | 2010-08-15 18:36 | 焼酎文化考 | Comments(4)
Commented by 同期のチューバ at 2010-08-18 10:41 x
酎州さん
今年もお世話になりました
また来年雨月にて・・・いや
今年の内に広島は「やよ福」で再会できればと(^^)
計画されていた周防灘フェリーにて是非おいでください
やよ福メンバー全員お待ちしています
Commented by tatinomi1 at 2010-08-18 19:02
酎州大分さん
萱島酒類の「清明」、確かに竹田の味がしますね。
西の関呑みのおいさん達は「とっぱい」に乗り換えて
いますので、こん「清明」に乗り換えてくれるかが鍵ですね。

須磨自会長が亡くなって、はじめて焼酎に取り組んだ
はじめての作品。存分応援したくなりますねえ。

Commented by 酎州大分 at 2010-08-18 23:35 x
同期のチューバさん・・・こちらこそ、何から何までお世話になりました・・・m(_ _)m。ハゼも、ゼンゴも、ハマチも・・・美味しくいただきました!・・・。

スオーナダ・フェリーでの「やよ福」詣での再会・・・来月に実現したいのですが・・・。今年のうちに来広いたしますので、その折は、お手柔らかに・・・(笑)。


Commented by 酎州大分 at 2010-08-19 19:40 x
HAKUDOU酒宰・・・今年が初陣となった萱島“酒類”の「豊後 清明」・・・竹田に伝わっていた“麦・米麹”の麦焼酎の味わいが消えることは・・・大げさに言えば、豊後の「“酒”の多様性」がまた一つ失われることを意味します・・・。

私には・・・今回の萱島“酒類”は、焼酎を大きく売ろうというのではなく・・・地霊の宿る「“酒”の多様性」を地元を中心に再度、見直す契機となることを・・・この焼酎で問うたのではないでしょうか・・・そう思えてなりません・・・(勝手な思い込みに過ぎませんが・・・笑)。

もちろん、応援したいです!・・・竹田の水で醸す麦焼酎があり続けること・・・悪いことではありませんから・・・。

晩秋の竹田街を灯す祭り“竹楽”で・・・エノハの塩焼きとこの「豊後 清明」のお湯割りで一杯・・・なんていう楽しみがまた味わえるんですから・・・!!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “雨月盆会”(街酔い)・・・“... 山香“水辺”の風景(その3):... >>