“雨月盆会”(夜酔い)・・・清酒“山頭火”と“八鹿”
“街酔い”から戻り・・・“庵”の“夜宴”本番へ・・・。チューバさんご持参の“地霊”酒に迎えられる“夜酔い”となりました・・・。

c0001578_21362223.jpg戻る途中・・・“庵”前の墓地にて、「さいき小町」の5合瓶を落とし割ってしまったオヤジ・・・あわわ・・・。
「おぉ、これ(割った焼酎)も“墓地の供養”じゃ・・・」とHAKUDOU“酒”宰とチューバさんに慰めの言葉をいただき・・・何とか立ち直りました・・・(笑)。(今から思えば、既にこの時点で、オヤジは“酔狂”の域・・・。)

“宵酔い”で“吟”焼酎、“街酔い”で“角涼み”と“夏おでん”・・・正に“駆けつけ三杯”を難なくこなしたチューバさんの“疲労”を感じさせない“披露”酒から“夜宴”の席が再会と相成りました・・・。

チューバさんの“地霊”の清酒「山頭火」・・・ご実家の近隣“金光酒造”さんの銘酒3種・・・“本醸造”、“純米吟醸”、“原酒”・・・各々の“旨さ”を味わいます・・・。

アテには・・・チューバさんに食べていただきたかった“関さば”の“りゅうきゅう”・・・。

対抗“酒”には・・・大分“地霊”酒の栄誉を讃えて・・・“八鹿酒造”さんの“金賞受賞酒”となった“大吟醸 原酒”・・・これは“美味さ”でしたね・・・。

  飲み入って 夢のまた夢 夜酔い酒     酎州

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_2137421.jpg豊後の“りゅうきゅう”・・・俗に言う“青”魚の“づけ”なんですが・・・九州らしい甘口醤油に“鯖”が正調・・・。

今回は・・・ちーと上品過ぎるぐらいの“りゅうきゅう”・・・“関さば”でという日頃は口にしたことの無いバージョン・・・旨くないとは言えないぐらい“美味い”と思ってしまう“りゅうきゅう”でした・・・(笑)。


c0001578_21372199.jpgさぁ、さっそく「山頭火」で“夜酔い(やよい)”の“地霊”酒を・・・三人でクイッと・・・。

各々好みがあると思いますが・・・これは、どれをとっても“旨い”を楽しめる酒でした・・・。


c0001578_21381270.jpgまず、「特別本醸造 其中庵(ごちゅうあん)」・・・あの“ワンカップ 山頭火”に通じる旨さ・・・“旨口”というか“中甘口”というか・・・落ち着いた滋味の味わいがあります・・・。

c0001578_2139954.jpg続いて「純米吟醸 山頭火」・・・どちらかというと“淡旨口”というか・・・素直に旨味のキレのいい感じ・・・。

c0001578_21392629.jpgそしてもう一本、「原酒 山頭火」・・・こちらは“淡旨口”でもコクのある旨さ・・・味わいの奥行きを感じます・・・。


c0001578_21394751.jpgそこへ“非日常”的「八鹿」・・・(笑)。

“淡辛口”ながら“含み香”もすっきり“甘旨”さも併せ持つといった感じ・・・いい具合に冷えていたので、スイッと味わえ、なおさらそう感じたのでしょうが・・・これは、素直に“美味い”!・・・というほかありません・・・。


c0001578_21401174.jpgそうして飲み語るうちに・・・仕上げにと“酒”宰お手製“そーみんチャンプルー”・・・この炒め加減、油加減と薄塩味の絶妙さ・・・“旨め~!”・・・さすがです・・・。

・・・ってなこと・・・(今頃、偉そうに書いておりますが・・・)この一枚の画像を撮った後の記憶が“フリーズ”状態であったオヤジ(私)・・・この後、どこで、どうなって、のた打ち回って、寝言を言いながら、朝を迎えたか?・・・定かではないのであります・・・。
たぶん・・・この後、片付けもせぬまま・・・独り“酔狂”な“泥酔”状態となったオヤジの“夜酔い”・・・お二人にご迷惑をかけたのだと・・・気付くのは・・・朝でありました・・・(爆)。

いやぁ~・・・お恥ずかしい限り・・・。
by project-beppin | 2010-08-20 22:57 | 焼酎文化考 | Comments(4)
Commented by tatinomi1 at 2010-08-21 07:16
酎州大分さんの「関鯵・関鯖の琉球」と「八鹿金賞酒」贅沢すぎる展開。それに「山頭火」3本そろい踏み、こりゃあもう真夏の世の夢でしてた。ありがとうございました、素敵な夏!
Commented by 酎州大分 at 2010-08-22 08:16 x
HAKUDOU師匠・・・私の“手柄”ではありませんが(爆)・・・こうして味わってみると・・・“地霊”を離れても、大分んモンには、充分わかってもらえる“美味しい”モノがあるんだと・・・自信を持てましたね・・・。
我が家では、生涯お目にかかれぬ確かに“豊後・贅沢”セットでした・・・。たまには、こういうこともないと・・・。

それより、何より・・・“地霊”の銘酒“詩情の酒”「山頭火」と・・・チューバさんのハゼ、ギザメ、ゼンゴ、キビナゴ、ハマチの板さんぶりを堪能させていただいたことの方が・・・贅沢すぎる展開でしたね!・・・。

こちらこそ!皆様に感謝です・・・また、“真夏の世の夢”に是非、お声かけ下さい!・・・。
Commented by 同期のチューバ at 2010-08-23 11:46 x
酎州さん
重ねてのお褒めの言葉に恥じ入るばかりです(汗)
まだまだ未熟な包丁ですが、釣りの方と合わせて又1年間精進を重ねて、また来年の雨月会にて大魚と少しは上達した包丁さぱきをご披露できればと思います
本当にお疲れ様でした
では九月(?)の広島駅前「やよ福」での再会を楽しみにしております
Commented by 酎州大分 at 2010-08-23 23:26 x
同期のチューバさん・・・いやぁ~、なんのなんの・・・こちらこそ、大変、ご馳走になりました・・・。
次回は、私も竿を提げて行きましょうかね・・・上浦か鶴見辺りで・・・大物狙いで・・・(笑)。

9月、広島「やよ福」・・・決めましたョ・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “雨月盆会”(明けの宴)・・・... “雨月盆会”(街酔い)・・・“... >>