別府八湯風土記・・・“浜脇薬師祭り”の“夏送り”
昨晩(28日)・・・久しぶりに別府の“夏送り”の風物詩・・・「浜脇薬師祭り」に出かけました・・・。

c0001578_1832855.jpg日中は風が吹く天候であったためか・・・幾分“蒸暑さ”も和らぎ、過ごしやすくなってきたなぁと思いながら・・・宵闇に浮かぶ浜脇温泉周辺の“祭り灯り”をめざします・・・。

先ずは・・・周囲に建ち並ぶ風流“見立て細工”の今年の出来栄えを・・・団扇片手に眺める見物客と一緒に眺めながら・・・「こりゃぁ~、よーできちょる・・・なかなか、苦労しちょんでぇ、なぁ・・・」とか「あはは、これええんやないん?・・・」なんて・・・世相を題材にしたものや有名なものを模した物などなど、昔ながらの笊や雑貨で“見立てた”創作工作をそぞろ歩きで観賞・・・。

“浜脇薬師”の縁日ですから・・・もちろん、“薬師堂”にロウソクと線香をあげてお参りし・・・その余興の“メイン・イベント”として老若男女が楽しめる“花魁道中”の舞台“顔見世”や手づくりの“お化け屋敷”などなど・・・“大衆芸能”をじっくり味わえる素朴な祭り・・・希薄になり失いかけている何かを思い出させてくれるような・・・“地霊”が宿っています・・・。

“夏休み”が終る8月最後の週末に行われる“浜脇薬師祭り”・・・別府の“夏”を締めくくる“夏送り”の“縁日”の“情景”・・・この祭りが終れば、“蝉”から“蟋蟀(こおろぎ)”へと・・・虫の声も変わります・・・。

※ ご覧戴いている皆様!・・・皆様から頂戴した“善意”の人気blog ランキング】への応援クリック!・・・これだけ(コンテンツ・エントリーを)怠慢したにもかかわらず・・・現在もなんとか持ち直して100位前後をウロウロですので感謝感激であります・・・。これからも、ご覧いただいて“早く麦焼酎飲んで載せろよ!”とか“それでも、また見たるでぇ~”とか・・・“広い心”をお持ちの方は・・・人気blog ランキング】への応援クリック!を・・・“都合のいいお願い”ですが、よろしくお願いします・・・m(_ _)m。皆様のご支援の賜物でこの拙文ブログもなんとか続いております。ありがとうございます・・・。




c0001578_184263.jpg浜脇温泉の縁起にも関わるとされる“薬師堂”・・・祀られているのは“豊国法師”作と伝えられ、平安前期の仏像と推定される“薬師如来坐像”・・・。


c0001578_1841679.jpgその“ご利益”を得て栄えた“浜脇温泉”の“薬師”供養の縁日であることが、先ずは根本・・・蝋燭と線香を捧げて、お賽銭を供え、“無病息災”を唱え手を合わせます・・・。


c0001578_184308.jpgさて・・・戻って道沿いのテントに設営された風流“見立て細工”の観賞・・・一坪ほどの空間に昔ながらの盆ザル、籠などを巧みに組み合わせて作る擬似“偶像”・・・地元有志やグループなどの意欲作が十数基・・・。

こちらは・・・“薬師”に対抗してか“不動明王”・・・(笑)。
空き缶の赤で、炎髪の表現・・・シートネットで、その法衣というのも・・・工夫のひとつ・・・。

c0001578_1844569.jpgかつては舞妓の座敷もあった浜脇・・・その“色街”の今昔を伝える“舞妓の踊姿”・・・。

振袖に模した角笊に模様のあしらいも籠で・・・アイシャドウが濃い目の目元が現代風なのも・・・よろしゅうございますえ・・・。

c0001578_1845923.jpg美術的な昇華に挑んだ力作・・・ジャン・フランソワ・ミレーの“晩鐘”を模した“見立て”・・・そのポーズの決め方もなかなか・・・。

シンプルですが、こういうセンスも・・・また、好し・・・。


c0001578_1851744.jpg普遍的な英雄伝説をも題材にした今年の最優秀賞・・・“桃太郎”・・・。

鬼に跨る桃太郎の鬼成敗を動的に表現した力作です・・・。

まだまだ、これ以外にも・・・各出品者の智恵と工夫を見てとれまますよ・・・。


c0001578_1853123.jpg中央の広場に設けられた特設舞台では・・・“花魁道中”のお披露目・・・。

今年も白塗りが眩しい花魁“別府太夫”こと“別府市長”(奥中央)・・・71歳の“妖艶”な花魁が登場・・・その元気で洒脱なスピーチもあり、観客にうけていました・・・(笑)。

小難しい話より・・・地域住民とのこうしたコミュニケーションこそ・・・地域文化の理解を深める契機というもの・・・。

c0001578_1854723.jpgそして・・・地域コミュニティーへも積極的に協力する留学生も多く、そんなご時勢を反映して・・・アジア(アフガニスタン?)からの留学生も“若武者”姿で参加・・・。


c0001578_186695.jpg舞台から下りれば・・・賑わう広場をひとまわり・・・。


c0001578_186211.jpg広場では“露天夜店”の販売も・・・“生ビール”に“焼鳥”、“イカ串”・・・“だんご”、“かき氷”に“ジュース”、“ポテトフライ”などなど・・・。

地元の小・中学校の父兄会や生徒たちも一緒になって・・・集客呼込みの“社会活動”・・・。

c0001578_1863434.jpgその一角の“たこ焼”屋・・・周りの“生ビール”販売に対抗してか・・・こちらは“焼酎”・・・ロックでなみなみと注がれる20°の嬉しさ・・・。

もちろん、オヤジは・・・迷わずコレ・・・“二階堂”のロックが冴える“夏祭り”であります・・・(笑)。


c0001578_1864579.jpgそれともうひとつ・・・こちらも地区体協が毎年出す・・・“薬師祭り”名物の“お化け屋敷”・・・イケ面も混じるという評判がたつかと思えば・・・本気で怖がらせすぎたと叱られるお化けもいると聞く・・・超アドリブで懐かしめる思い出づくりには最適の怖さ・・・それが、また人気とのこと・・・(笑)。


c0001578_186576.jpg黄色い悲鳴“キャー”だけではなく・・・“ガハハァー、○○(お化けの本名)やんか~”なんて笑い声も・・・漏れてきますから・・・なんとも楽しい“お化け屋敷”であります・・・。

c0001578_1871317.jpg丁度好い“お祭り”気分・・・酔い足らない程度で“縁日”の“夏送り”・・・。

喉を潤してくれた一本は・・・何んとタイのビール「チャーン=Chang」でした・・・飲みやすい5%のコク甘さも味わえて、クーッと飲める感じ・・・これも、“縁日”ならではでしょう・・・。
by project-beppin | 2010-08-29 18:07 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
Commented by tatinomi1 at 2010-08-30 06:05
別府の深みと味わいが溢れる素晴らしい祭りですねえ。
昔佐伯の仲町夏祭りであった「見立て細工」が現存。
「見立て」という文化がいいですねえ。

◎いいちこ20度ロックが秀逸ですねえ。別府らしい!

Commented by 酎州大分 at 2010-08-30 22:19 x
HAKUDOU師匠・・・祭りの中心が"浜脇薬師"という古くから続いてきた“温泉”の“地霊”供養の最たるもんでしょうから・・・別府温泉発祥にもつながる祭り縁起があるかもしれません・・・そう思えば、深いです・・・。

“見立て細工”の民衆文化・・・日出や安岐にもあるようで、佐伯にもあるとなると県下各地にまだ残っているようですね・・・大分県内での現存が多いと思われます・・・。鳥取の“一式飾り”や・・・富山の“つくりもん”など・・・全国的にも、似たような飾り祭りがまだ残っていると聞きました・・・。

土地の風土があるようで・・・浜脇は、竹細工の雑貨が主体ですが・・・野菜が主体のところや・・・やきもの雑器が主体のところなど・・・これもまた奥深いようです・・・。佐伯も見てみたいですね・・・。

いやいや、浜脇薬師では“二階堂20°ロック”ですよ・・・(笑)。
“いいちこ20°ロック”は・・・師匠の「農家食堂」での一コマじゃないですかぁ~・・・(爆)。ざる蕎麦とトコロテン・・・仕上げに芋“綾紫印”まで・・・拝読いたしました・・・。
Commented by tatinomi1 at 2010-09-05 06:01
佐伯の見立て細工は圧巻でした。
荒物屋は、しょうけやざるで「旅の股旅」、金物屋は
おたまや鍋で「猿蟹合戦」、御茶屋は「茶缶でロボット」
八百屋は、野菜で「ぶんぶく茶釜」など。売っている
商品で作っていました。それも見事なセンスで!

◎やよ福遠征はいつになりますか?
Commented by 酎州大分 at 2010-09-07 23:56 x
HAKUDOU師匠・・・ほぉ~、そうですか・・・店のPRにもなるし、店主のセンスも披露できる商い風物が自慢の佐伯の見立て細工も見たいですね・・・。

見たて細工・・・この民力の偶像・・・農家の案山子の如く商家の土地柄文化を続けてほしいです・・・。

広島遠征やよ福・・・中旬に・・・。大阪遠征までは・・・ちょっと、今回は難しいようです・・・m(_ _)m。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 山香“水辺”の風景(その5):... 山香“水辺”の風景(その4):... >>