親であること・・・釣りと「なしか!」
GWを締めくくる“子供の日”・・・朝早くから、次男坊と釣りに出かけました・・・。
雲は薄くかかっていましたが・・・陽射しは暑く・・・こりゃ~日焼けしますね。

c0001578_23194270.jpg高崎山を眺める堤防に陣取り・・・釣り仕掛けを教えます。
 「こうやって・・・糸を結ぶととれんのや」(結びおわって、糸を引っ張ってみせて・・・)「ほらっ、な~」っと、やってみせると・・・

 「へー、そーなん?」(自分でやりだして・・・)「エサっち、こうつけるんでなぁ~」
昨晩、練習した竿の扱い方や仕掛けの飛ばし方も憶えてましたし・・・子供ってのは・・・思ったより親から学ぼうとしているんですね・・・。

実は・・・親である私も・・・子供とのそんなやりとりの中から・・・親であることを学んでいるんです・・・。

女房殿が作ってくれたお弁当を食べて・・・夕方まで・・・釣り三昧のGW最終日となりました。

「おとうさん・・・釣りっち、釣れんけど楽しいなぁ・・・」
「あぁ・・・また行こうなぁ・・・」




c0001578_027278.jpg実は・・・この日、釣りながら飲んだワンカップ焼酎「なしか」の・・・サブコピー・・・秀逸でした・・・。
いろんなコピーがあるのですが・・・
親父が酔って・・・子供に語った言葉バージョンのようで・・・
私も・・・いつか・・・どこかで・・・同じような意のことを・・・
言ったような気がしたり?・・・しなかったり?・・・(反省・・・)
by project-beppin | 2005-05-05 23:23 | 大分の風土・行楽 | Comments(8)
Commented by yamato1724 at 2005-05-06 08:12
良い子供の日でしたね。お子さんとの会話が胸にしみます(笑)。それにしても釣り場がご近所で羨ましい。九州は良いなあ。
Commented by 酎州大分 at 2005-05-06 12:12 x
yamato1724さん・・・ええ、たまにしか付合えない不謹慎なオヤジは・・・のんびりと一日、子供と過ごすと・・・自分の未熟さに気づいたりするものです。まだ、子供に教えてやれることがあるのかなぁと・・・。
釣り場に見える海岸線は、堤防であれば多くありますが・・・釣れません・・・簡単には・・・。
それでも・・・親子連れで・・・小鯵釣りを楽しむ姿やカップルの釣り風景をこの期間中各波止場で見ましたね・・・いいもんです・・・潮風の一日・・・。
Commented by gobra53 at 2005-05-06 22:37 x
息子さんとのやり取りが、うらやましい限りです。
我が家は犬を含めて私以外は女性です。
私も父親と、よく釣りに行きました。海釣り、川釣り。
黒鯛の強烈な引き。懐かしいなあ。
自宅の前は川内川の汽水域で、ウナギ・サヨリ・スズキ等が釣れました。
投げ釣りをしようとして、亡き父親を釣ったこともあります。
痛いだろうに「大丈夫だ」と言っていましたが・・・。
優しい父だったんですよ。多くのことを教わりましたね。
私もあのような父親になりたいと思っています。
父の酎は山元酒造の「五代」でした。
Commented by 酎州大分 at 2005-05-07 00:50 x
gobra53さん・・・“痛いだろうに「大丈夫だ」と”・・・ほんと優しいお父さんですね・・・。
釣りの思い出・・・gobra53さんのように・・・心に留めてもらえるなら・・・親父冥利につきますよ。
黒鯛(チヌ)の引き、鱸のエラあらい、太刀魚の重さ・・・などなど・・・手元から感じた思い出は・・・絶対テレビゲームのブルブル感とは違う・・・アナログな生物同士の駆け引きですから・・・これからは・・・釣り方ではなく、釣れた感動を教えることができれば・・・もう少し思い出に残る親父に・・・私もなれるかもしれませんね・・・。
そうそう・・・釣りしながら・・・私も飲んでました・・・「なしか」・・・
そうか!・・・だから・・・釣果が「なしか」だったんでしょう・・・(お粗末・・・)
Commented by NED-WLT at 2005-05-07 08:27
うわー、かなり素晴らしい休日じゃないですか。釣りはいいですね。僕も大好きです。あと10年もすれば、お子様と釣りをしながら一杯ということになりますね。これからがまだまだ楽しみです。
Commented by 酎州大分 at 2005-05-07 10:03 x
NED-WLTさん・・・10年後・・・までに・・・何度こうやって釣りに行けるか・・・あと5年もすると・・・誘っても着いて来ませんね・・・たぶん・・・。
だけど・・・自ら工夫して・・・魚種ごとに違う仕掛けに熱中しているとか、友達と泊りがけで釣りに出かけるなら・・・微笑ましく見送りましょうかね・・・。
息子ってのは・・・いつの時代も・・・こんなもんです。
一緒に飲める頃には・・・息子に糸を結ばせてるかも(笑)・・・。
Commented by daidai_LA at 2005-05-09 01:33
子供とのやりとりの中から、親であることを学んでいる…。
素晴らしい言葉ですね。心に留めておき、自分が親になったとき思い出したい
と思いました。
私は父と釣りはしませんでしたが、野球やバドミントンをよくやりました。
かけがえのない思い出です。「物より、思い出」ですよね!
Commented by 酎州大分 at 2005-05-10 00:17 x
daidai_LAさん・・・お褒めいただくほど・・・“できた親”ではないので・・・気付くのでしょうね・・・自分に・・・。できれば・・・思い出さなくてもいい“親”に・・・なってくださいね!
そう!・・・「モノより思い出」・・・親でなければ与えることができないものは・・・それなんですよ・・・たぶん・・・。

この日、飲んだ麦焼酎「なしか」のサブコピーも・・・参考までに・・・画像とともに・・・アップしましょう。ちなみに・・・「なしか!」とは・・・大分弁・・・
 関西弁なら「なんでや!」・・・
 標準語なら「なぜなの!」 or 「どうして!」・・・の意味です・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 竹のお話:その2・・・籠 麦の麹香と黒麹甘さ・・・「杜翁... >>