杵築散策(その2):北台武家屋敷跡へ
杵築の原風景・・・なだらかな石畳を上ります・・・“勘定場の坂”・・・。

c0001578_21582213.jpgこの坂・・・島倉千代子さんが子供たちとすれ違う・・・大分県下では有名なコマーシャルに使われているんです・・・。

御城下であったことを偲ばせる坂道・・・馬も籠も往来したのでしょうかねぇ・・・。坂を上りながら振り返ると・・・杵築城の向こうに守江湾を見渡せます・・・。

上りつめると・・・“北台武家屋敷跡”の町並・・・新緑の木々と土塀の風景・・・。






c0001578_21584395.jpg 土塀が続く中には・・・かつての御用屋敷「磯矢邸」や藩校「学習館」の門などがなごりをとどめています。

歩くだけで・・・忘れてかけている“心の原風景”が・・・蘇るような光景です・・・。
by project-beppin | 2005-05-25 23:51 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
Commented by gobra53 at 2005-05-26 20:27 x
昔ながらの武家屋敷界隈の階段ですか。

階段沿いの民家は武家屋敷跡を尊重して、風情がありますよね。

伝統的な建造物を保存しようとする行政の姿勢には期待したいところです。
Commented by 酎州大分 at 2005-05-27 00:59 x
gobra53さん・・・実際に住んでいる方は・・・多少の不便もあるでしょうねぇ・・・。駐車場は作れないし・・・維持費はかかるし・・・その経費負担をしてでも・・・残すべき風情・・・田舎の街に人をひきつける魅力を創ること・・・湯布院のグリーンツーリズム・・・別府の温泉ツーリズム・・・杵築の城下町ツーリズム・・・などなど・・・。

湯布院の亀の井別荘を創り上げた中谷健太郎氏は・・・ “遅れた都会になるよりも・・・進んだ田舎になろう”・・・と語りました。
私は・・・この言葉が好きです・・・。自らの街を、自信を持って、愛していなければ言えない言葉です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 杵築散策(その3):大原邸の庭園 “生”のきれいな旨さこそ「耶馬... >>