奥別府散策(その1):高原の水辺・・・志高湖
市街地から湯布院へ向かう“やまなみハイウェイ”を上り・・・“奥別府”と呼ばれる鶴見岳南麓・・・梅雨を前にした夏に近づく景色を・・・撮ってきました・・・。

c0001578_0461285.jpg

c0001578_047280.jpg別府ロープウェイを越え、曲がりくねった道を上りつめて・・・樹間トンネルを潜るような脇道をしばらく走ると・・・「志高湖」があります。

天気がよければ・・・ほら、こんなに綺麗に・・・鶴見岳や由布岳を一望できます。

これから夏にかけて・・・この標高600mの“高原の水辺”は・・・爽やかな風と透き通るような光に満ちて・・・“下界の喧騒”を忘れ・・・ゆったりとした時間を満喫できます。

周囲2kmの遊歩道をゆっくり一周すると・・・スワンボートに乗って水上で楽しむ家族・・・湖畔に寝そべるカップル・・・ジョギングをする人・・・バーベキューやキャンプを楽しむグループなどなど・・・皆、あまねく“幸せな時間”を過ごしています。

この景色を見ながら・・・一度でいいから・・・木陰のハンモックで昼寝・・・してみたいんです。




c0001578_0472768.jpg

c0001578_0474259.jpg

c0001578_0482436.jpg

by project-beppin | 2005-06-07 00:59 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
Commented by NED-WLT at 2005-06-07 04:50
うわー、キレイな所ですねぇ。さわやかな空気が伝わってきそうです。リフレッシュするにはこういう美しい自然に触れることが大切ですね。
Commented by i at 2005-06-07 12:51 x
すっごい綺麗ですねぇ~。
湖に浮かぶスワンちゃんに乗ってのんびりしたいぃぃ~。
それにしても写真の撮り方ホント上手ですねぇ。
Commented by 酎州大分 at 2005-06-08 00:46 x
NED-WLTさん・・・仲間とバーベキューでリフレッシュなんて・・・いいでしょうねぇ~。
ちなみにこの日・・・別府にあるAPU(立命館 アジア太平洋大学)の国際色豊かな学生達が・・・ここでバーベキューしてました・・・。
APUは・・・学内の共通言語は英語、留学生と教授の半分は外国人という特異な大学でバイリンガルが一般的・・・。
彼らの“Beppu Oita JAPAN”の記憶に・・・刻まれる風景であってほしいものです。
Commented by 酎州大分 at 2005-06-08 00:49 x
i さん・・・どうも・・・。
スワンちゃんに乗って・・・子供とよく湖面をかき回しました・・・(笑)。
今は・・・その愚息が・・・我が家をかき回しています・・・(笑)。
そのうち・・・その愚息も・・・彼女とここに来るんでしょうねぇ・・・輪廻・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 奥別府散策(その2):花菖蒲の... 梅酒の仕込みに挑戦!・・・これ... >>