謹賀新年
四国へ行ってました。
遷座祭を終えた金刀比羅宮へ・・・大晦日の雪景色は素晴しかったですね。
c0001578_7231735.jpg
写真は・・・私鉄コトデン琴平駅に隣接する『高燈籠』(たかどうろう)
その昔は、瀬戸内海からもこの燈籠の灯りが見えたとか?
♪ こんぴら ふねふね~ おいてに ほかけて~  しゅら しゅしゅしゅ~ ♪
“金比羅さん”という民衆信仰は瀬戸内の文化の中でも大きな存在だったということでしょうね。

今年も、皆様にとって幸多き年となりますことを祈念。よろしくおねがいします。
by project-beppin | 2005-01-04 07:26 | 旅先の風土・行楽 | Comments(2)
Commented by ニュートラル at 2005-01-04 12:42 x
焼酎、空けましておめでとうございます。
酎州さん、今年もよろしくど~ぞ。

雪が水を多く含んでいるからでしょうか。
木にびっしり付いてキレイですね。
歴史ある建物の雪化粧ってのも、素敵ですね。

そう言えば、本家88箇所のある四国ですが、ホッカイドウも88箇所を作るそうです。
残り2、3箇所決めて発表と言う段階まで来ているのだとか。
ま、規模が規模ですから、全行程が四国の4倍位になるそうです。
Commented by 酎州大分 at 2005-01-04 18:54 x
北海道八十八箇所とな?
四国遍路は・・・歩きで40日程度と聞きましたので・・・4倍となると・・・半年がかりでの行脚なんですね・・・。

金刀比羅宮の表参道には・・・「金陵」という銘柄の清酒の蔵元の元酒蔵が資料館アンテナショップになってました。この清酒蔵元も・・・「金比羅大芝居」なる銘柄の米焼酎を販売してました。焼酎はこの地でも人気なんですかねぇ?酒通のニュートラルさんは、ご存知だと思いますが・・・「凱陣」という銘柄の清酒蔵元もこの琴平町にはあり、こちらの方が手に入りにくいとのことでした。聴き語りですが・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 三箇日明けの晩酌始め・・・“チ... 冬の到来を知らせる景観サイン・... >>