暘谷城址からの眺め・・・“城下”海岸
蝉の鳴声・・・本格的に響き始めましたね・・・。

c0001578_2328516.jpg別府に隣接する日出町は・・・江戸時代、豊臣の流れを汲む木下藩の治領でした・・・。その城跡が・・・「暘谷(ようこく)城址」。

現在の城址内は・・・小、中学校として使われてますが・・・その間の坂を下ると・・・別府湾を一望できる遊歩道になっています。

暘谷城の“城下”・・・そう、この城下海岸には・・・海中から真水が涌く一帯があり・・・そこに生息する鰈こそ・・・淡白で美味と珍重されてきた・・・「城下カレイ」です。

海岸に下りることも出来ますが・・・今、その海には・・・網が入っています・・・。

c0001578_23291692.jpg

天気が良い日には・・・別府や高崎山、鶴見岳が眼前に広がる・・・すばらしい眺めを堪能できるはずです。




c0001578_23535592.jpg城下海岸の遊歩道へ向かう坂・・・。


c0001578_23542188.jpgサフランもどき
(ひがんばな科/別名 カリナタ)
・・・が咲いていました。


c0001578_23545753.jpg太平洋戦争中、南米航路の旅客船であった“あるぜんちな丸”を改造した空母『海鷹』。
碑文には・・・“昭和20年7月24日 別府湾で触雷座礁し、この海岸に係留後、米軍の空襲で大破し、この地で終戦を迎えた・・・”と記されています。


c0001578_23554977.jpg遊歩道から見上げた・・・暘谷城址の石垣。
by project-beppin | 2005-07-19 23:56 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
Commented by icicle_popsicle at 2005-07-20 06:26
日出...何回も通ったことあるわりにゆっくりしたことがないんです(^^;。
別府湾を見ながら遊歩道を散策できるなんていいなぁ*
城下かれいも食べたことないです~。リンクの写真、すごく美味しそう。
そこだけ真水が湧いてるなんて不思議ですよねぇ。
坂道、情緒があっていい雰囲気です^^。
Commented by daidai_LA at 2005-07-22 03:44
今日の写真も、素敵です。
日本の田舎という感じがして…日本国内の旅行に出かけたくなります!
やっぱりいいなぁ、日本!
Commented by 酎州大分 at 2005-07-23 00:11 x
まぐさん・・・私も普段は・・・日出の国道を通るだけ・・・です(笑)。
旧道の街並みから更に海側のこの景色は・・・私もはじめてなんですよ・・・。
城下カレイも・・・今では・・・強制的に・・・真水が涌いてる海?に・・・それこそ共生的に・・・いるんでしょうねぇ・・・(お粗末!)

坂道・・・中学校の校舎から・・・ブラスバンドの練習の音が聞こえていました・・・蝉時雨をかき消すかの如く・・・昔を思い出しました・・・。
Commented by 酎州大分 at 2005-07-23 00:21 x
daidai_LAさん・・・毎度!ありがとうございます。
正真正銘の・・・ピュアな“日本の田舎”です・・・。
これといって、凄い名所旧跡ではないのですが・・・夫婦でベンチに腰掛けて眺める・・・インナー・トリップできるような・・・幸せな場所かもしれません。

この海の眺めと・・・日傘を差すご婦人の横を駆け抜けるジャージ姿の中学生・・・なんかか似合う・・・まさしく“日本の原風景”です。
カリフォルニアとは・・・やっぱり、違いますもんね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 柔らかな苦甘さ・・・「八鹿 常... 遠浅の浜辺・・・糸ヶ浜海岸 >>