柔らかな苦甘さ・・・「八鹿 常圧 麦焼酎」
子供たちは・・・昨日から夏休み。オヤジは・・・通信簿に“一喜一憂”・・・褒めるところ、躾けるところ・・・難しいもんです・・・。
汗ばむ中での仕事を終えて帰宅・・・シャワーを浴びて・・・スッキリしたところで・・・夕食兼晩酌・・・。

c0001578_2332444.jpg「スーパーの魚屋さんの“にぎり寿司”が安かったの~」と・・・「うどんも美味しいよっ!」・・・だそうです・・・。

そうですかぁ・・・ならば、“生”で合わせましょうかね・・・『八鹿 常圧 麦焼酎』。

先に、“鯛”を抓まんで・・・頬張ります。
くぅ~・・・締まった身に、甘味があります・・・ネタは悪くありませんよ・・・。さて、一口飲みましょう・・・。


香りはほとんど感じません・・・。クイッと口に含んで・・・苦甘い風味が柔らかく・・・しっかり、旨みがまとまっています・・・。
喉越しは・・・ちょっと辛く感じるアルコール感なんです・・・淡く芳ばしい残響に・・・余韻も心地よく・・・嫌味のない“常圧らしさ”を感じます。

これを飲んで、感じたのは・・・さすが清酒兼業蔵である八鹿・・・“純米酒のような味のある旨さ”ということ・・・。

“バッテラ”・・・酢飯が濃く、甘酢で締まった鯖身の脂・・・たまらなく好きです。
冷やしうどん”・・・ツユに溶いたおろし生姜とサクッとした揚玉天カス・・・コシのあるうどん・・・実に旨いです。

■「八鹿 常圧 麦焼酎」(八鹿酒造:玖珠郡/常圧:麦・麦麹)25度・・・スムース旨口タイプ
微香であっても、柔らかい苦甘い風味と喉越しの淡い芳ばしさを伴う辛旨みの旨口タイプ。感じる麦の風味に純米酒のような濃厚さも楽しめる良品。
by project-beppin | 2005-07-22 23:33 | 大分麦焼酎 | Comments(14)
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2005-07-23 06:44 x
八鹿の麦、「素朴で堂々としたラベル」がいいですねえ。「銀座のすずめ」のような、「やわで品のない」ラベルより、どれほど「おいしそうに見えるか」ですねえ。でも、一の井手さんにはかなわないのではないのでしょうか。

日本酒も「一の井手」さんが好きですので・・・・・・。
Commented by icicle_popsicle at 2005-07-23 08:04
スーパーのお寿司好きです^^。
ジャスコのアジ寿司が食べたいなぁ...でも!あと一週間で帰省なので絶対食べますよ(笑)。そう言えば美味しいアジ寿司を求めて佐伯まで行ったこともありました...懐かしい:)
通信簿、という言葉にしみじみ感じ入ってしまいました*
Commented by Queen at 2005-07-23 11:50 x
美味しそうなお寿司…それもスーパー…
大分のお魚は味が濃い感じで、スーパーのお寿司でもかなり美味しいですね…
はぁ懐かしい…
8月末には大分へ里帰りしますので…美味しいお寿司を楽しみにしています。
都町の居酒屋さんのご主人が作る塩締めの「あじ寿司」も楽しみ…
そうそう…臼杵市の北中学校の前にあるおうどんやさんのお蕎麦も楽しみ…食べることが一番の楽しみでしょうか?(温泉も楽しみですが…笑)
東京の我が家の焼酎の在庫がいよいよ少なくなったので、大分からお取り寄せしちゃいましたが…はとむぎ焼酎の「ちとせ」をいただいて、はまっちゃいました(笑)
まだまだ美味しい焼酎がたくさんあるのでしょうね・・・
大分の里帰りが楽しみです。
Commented by gobra53 at 2005-07-23 21:32 x
我が家もちょくちょくスーパーのお寿司にお世話になっています。
本当は子供たちを引き連れてお寿司屋さんに行きたいところですが、まあこれも結構美味しいので助かります!
一昔前と比べるとスーパーの寿司が数段美味しいですからね。

話は変わりますが、別府から下関に抜けるのはどのルートが早いでしょうか。
個人的には宇佐に寄りたいなとか・・・
Commented by 酎州大分 at 2005-07-23 22:28 x
HAKUDOU師匠・・・この八鹿・・・テスト販売のようなもんでしょうねぇ・・・あまり見かけません・・・。
確かに・・・「銀座のすずめ」や「なしか」のドライ淡麗な味わいと比べれば・・・旨口の味わいらしさがあり・・・それこそ、「とっぱい」と「常蔵」の中間的な味わいでっせ・・・。
一の井手・・・清酒大吟醸「九六位」を冷してクイッと・・・純米「好いちょん」をコップ酒・・・旨いでしょうなぁ・・・。
Commented by 酎州大分 at 2005-07-23 22:37 x
まぐさん・・・スーパー内に入っている魚屋・・・ネタがお決まりすぎの感はあるんですが・・・いやぁ~、それなりに旨いもんです。

アジ寿司・・・大葉で包まれ、おろし生姜をのせて・・・醤油をたらして・・・くぅ~・・・フォ~・・・ですよね。

世界一の“佐伯”寿司という自負を持つ・・・豊後の地モノ勝負の寿司は・・・ホント此処でしか食べれませんもんねェ・・・こちらも・・・くぅ~・・・フォ~・・・ですよね。

通信簿・・・親の気持ちがやっとわかりました・・・。
Commented by 酎州大分 at 2005-07-23 22:45 x
Queenさん・・・里帰りですか・・・豊後の食の幸、温泉の幸、酒の幸・・・ご堪能ください!

「ちとせ」・・・割って飲むのも好し、ストレート、ロックも全て好しの・・・オールマイティー派の淡麗タイプ・・・地の大分県人には慣れた味わいですが・・・はまっちゃって下さい・・・。

楽しみが膨らんで・・・里帰りできるところがある・・・幸せの証ですね・・・。
Commented by 酎州大分 at 2005-07-23 23:14 x
gobra53さん・・・我が家も回転寿司か?魚屋さんの寿司か?と愚息に尋ねると・・・「魚屋さん」と言うぐらい・・・庶民的な旨さが気に入っています。

別府から、宇佐経由で、下関へ・・・なら、

別府宇佐道路(高速)で宇佐に寄り、その後国道10号線、椎田道路経由で北九州小倉東から高速道路で関門橋を渡るでしょうかぁ・・・。
帰省ラッシュとのタイムラグがあれば・・・というノーマルなルートですが・・・。

時間があるなら・・・別府からR10号線を北上し、山香町から国東半島へ・・・熊野磨崖佛、真木大堂、富来寺、・・・田染荘(たしぶのしょう)・・・豊後高田の“昭和の街”・・・そして宇佐へと・・・いう観光ルートもありますが・・・半日コースということで・・・ご参考になりましたか?
Commented by tatinomi2 at 2005-07-24 07:06
酎州大分さん、おはようございます。「銀座のすずめ」「なしか」は苦手です。

やっと今頃になって「とっぱい」の良さがわかりはじめました。国東の「西の関」か「三楽」しかのまんかった、石仏のような顔のおいさんたちがある日突然「とっぱいがうめえのう」ちゅうち、のみだした。私ものんだけんど「そえが、どしたん」ちゅー感じじゃった。

それが、なんか、最近「旨いわけ」がわかりはじめましたよ。

●「三楽」の呑みやすさで「西の関」の濃さがほしいんですよ。それが「とっぱい」それと、いつでん、どこでん、買えて、「安い」こと。四拍子そろっていますもんねえ。

呑み助のおいさんたちは「兼八」までのこだわは追いませんので「とっぱい」がええんでしょうねえ。

最近、何とか「大分焼酎の普及に貢献」された三和酒類さんの焼酎を何とか好きになろうと何度もこころみるのですが、「体が拒否反応して」どうにもなりません。

「舌」はだませても「体」は騙せません。
Commented by gobra53 at 2005-07-24 18:34 x
酎州大分さん、情報有難うございます。
おかげ様で、夏休みの計画を楽しんでいます。
今回一人旅だから、ある意味贅沢な旅ですよね。うらやましいでしょう。
たぶん、早朝に宇佐に入り、四谷酒造(川沿いかな?)の前で「しぇー」をしてセルフタイマー撮影。(お巡りさんには気をつけます)
そして、別府に移動して酒屋さんめぐりで「常蔵」をGet(できれば兼八も)し、「六盛」さんか「なべさんラーメン」で昼食とし、由布院に移動して湯布院ワイナリーへ。
その後は、おとなしく鹿児島へ。です。
Commented by 酎州大分 at 2005-07-24 21:46 x
HAKUDOU師匠・・・「旨いわけ」・・・そうかもしれませんねぇ・・・。

安くて旨い・・・毎日飲める・・・味わい。
普段着で飲む焼酎は・・・これがよろし・・・。

私は・・・原体験が「いいちこ」で・・・
昨年の今頃は・・・「西の星」一本でした・・・ので・・・
たぶん、国東のおいさんたちと私は・・・“酒の生い立ち”が違うのかもしれませんね・・・。

「とっぱい」も「兼八」も・・・旨いですし、「西の星」も「銀座のすずめ」も・・・旨いです。

焼酎を佛教に例えるなら・・・真宗が淡麗タイプ・・・禅宗が旨口タイプ・・・新興宗派が濃厚タイプ・・・どの宗派も佛教なのですが・・・信ずる宗派は“人それぞれ”というところでしょう・・・。
今の私は・・・佛教を信じていますが・・・どの宗派にも属することなく・・・修験道的に修行中というところでしょうか・・・。
Commented by 酎州大分 at 2005-07-24 22:12 x
gobra53さん・・・そうですか・・・ハードな計画のようですね・・・安全運転で・・・豊後をお楽しみください・・・。

温泉かけ流しの・・・ひょうたん温泉で・・・ひと風呂浴びてというのも・・・おすすめします。
Commented by gobra53 at 2005-07-26 23:26 x
いや~、大分でゆっくりしたい気持ちもあるのですが、田舎の母に会える機会も少ないので帰省を優先しようかなと・・・
でも、大分に母を呼んでゆっくりすることも選択肢としてはありますよね。
母の旧姓は“別府”だし・・・
Commented by 酎州大分 at 2005-07-27 01:11 x
gobra53さん・・・どひゃ~!別府姓・・・九州は意外とありますもんね・・・。これも何かの縁・・・温泉三昧の夏湯治も一興・・・。

しかし、実家でのんびりが一番楽しいのは・・・私も同じ・・・母上様と過ごす時を最優先・・・それが一番・・・。

なら・・・別府到着後・・・鹿児島直行・・・で・・・
帰路に宮崎方面から北上・・・臼杵で一の井手のアンテナショップで常蔵・・・別府を通り過ぎ・・・宇佐で念願のスナップを撮り・・・船に乗る直前に観光港の交通センター焼酎売り場で・・・試飲後・・・乗船・・・ってのも・・・一興・・・なんてねっ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 九州の夏蜘蛛・・・コガネグモ 暘谷城址からの眺め・・・“城下”海岸 >>