浜脇薬師まつり(その弐)・・・縁日の風景
c0001578_9264282.jpg 子供達がお小遣いの小銭を握って・・・無邪気に“非日常”を体験できる・・・夏休み中の“別府の縁日”的な風情としては・・・私も、気に入っているお祭りなんです。

 この祭りではありませんが・・・露天商の裸電球の下でドキドキしながら遊んだ実体験・・・あの頃を思い出すオヤジ・・・。

 ヨーヨー釣り、りんご飴、イカ焼き、くじ引き、お化け屋敷・・・道沿いに立ち並ぶ露天で・・・目を輝かせた子供達・・・踊りに参加する地域の方々・・・浜脇の薬師如来の縁日には・・・観光イベントとは違う・・・古き別府の“地域の素顔”がある気がします・・・。




c0001578_927636.jpg 薬師音頭大会・・・“別府音頭”、“浜脇薬師音頭”、“やっちき”などを・・・生の歌声と三味線、太鼓、尺八などの伴奏で・・・揃いの浴衣姿の十数に及ぶ連が踊っています・・・。幾分涼しい時候ですが・・・額に汗しながら・・・。でも、浴衣姿は・・・いいものです。

c0001578_9272723.jpg 浜脇薬師堂・・・浜脇温泉前のメイン広場内の北側にあって・・・皆、祭りの主役であるご本尊“薬師如来”にお参りして・・・無病息災、家内安全。

c0001578_9274463.jpg 堂内の上壇に安置される・・・ご本尊“薬師如来”・・・高さ五寸強(16cm)で“豊国法師の作”との伝・・・。
この堂の起源は・・・“平安時代の医王山薬師寺の末であるとか諸説があり不明ではある”とのこと・・・古くから地域の人々の信仰を集めていたことは明らかですね・・・。

c0001578_928936.jpg お化け屋敷・・・露天の夜店の立ち並ぶ奥に・・・地元の地区体育協会が主催する・・・手づくりのお化け屋敷です。地体協の活動資金源にもなっていて・・・お化け役は・・・自前で化粧して衣装を着て・・・交代で7・8体・・・中にいます(笑)。
 次男坊は・・・明日、友達と行く約束をしたそうです。

c0001578_9282618.jpg “虹色ラムネ”・・・昔懐かしいラムネの瓶・・・メロン、オレンジ、レモン、アップル、グレープ、ハワイアンブルー、無色・・・と・・・夜市で買う“哀愁の色彩と炭酸の甘さ”・・・子供の頃の味覚原体験のひとつです・・・。

c0001578_9284149.jpg この日ばかりは・・・賑わう温泉広場・・・今夜の花魁道中も楽しみです・・・。
 この一角にある“なべさんラーメン”も二升五合・・・(益々繁盛)。
by project-beppin | 2005-08-28 09:31 | 大分の風土・行楽 | Comments(6)
Commented by ショチクレ at 2005-08-28 18:10 x
湯の町の祭り、よかですね~。

思い返してみるに、ここ最近、祭り系のイベントに行ってないな~、と。

うちの嫁女は、ヒカリモノと高い所が大好きで、花火大会が近所であるとなると(都城は毎週のように花火があちこちで上がってます)、地に足が着かなくなるのですが、人の多い所にわざわざ行くのが嫌いな連れ合いとしては、いかに興味を他にそらせるかで一苦労(笑。

でも、こういう映像を見ると、久し振りに出張ってみるか、という気にさせられます。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2005-08-28 20:25 x
ショチクレさんこんばんわ。本当に地域に根付く祭りはいいですねえ。今日偶然、NHKBSで「新日本紀行」再放送。日南の「四半的」。本当にいい映像に涙しました。こんな美しい風土の宝物は末永く残ってほしいですねえ。あまり、「変形」させずに。
Commented by ショチクレ at 2005-08-28 23:59 x
そうですねえ、HAKUDOUさん。

ある面、無礼講・ガス抜き的な意味合いが強かったであろう、ハレの日「祭り」。
そういうモノを必要としなくなった、現在の地域社会の関係性の薄さの象徴。或いは、主催者サイドの逃げ道作り、事なかれ主義。

正直、四半的なんて、飲んでやるから楽しい遊び、でしょ・・・多分(笑。
都城の「なんこ」も然り。あんなもん、素面でやって、はたして・・・(笑。

「郷土伝統芸能」という括りで語られ始めたら、要注意なのかもしれません。普通に日常にあったら、こんな言い方はされない、でしょう。
Commented by 酎州大分 at 2005-08-29 22:58 x
ショチクレさん、師匠!・・・縁日のような祭りは・・・経済効果なんていう指標を持つ観光イベントとは違いますから・・・エエです・・・。

四半的・・・私も見ました・・・弓を娯楽として楽しみ焼酎を飲むオヤジ・・・ゴルフに行って酒飲むオヤジと・・・どちらが“素顔の日常”かというと・・・前者に軍配!だと思うのは私だけでしょうか・・・。

豊後のツライのは・・・30年前からの焼酎文化・・・このような縁日的な祭りや行事に焼酎が絡んでいないところ・・・今からのシガナイ世の中には・・・つらいですね。
Commented by みい at 2010-08-24 22:20 x
今年いこうと思っているのですが
お化け屋敷は怖いですか?
花火はありますか?
Commented by 酎州大分 at 2010-08-24 23:09 x
みいさん・・・是非、行ってください・・・。

お化け屋敷・・・屋敷内の仕掛けも呼込みの声もアドリブ日替わりですし・・・屋敷内途中で現われる足のある“お化け”も質や量にムラがありますから・・・ある意味、メッチャ怖いです・・・(笑)。

花火?・・・さーて?・・・眺めた印象が無いので・・・(不確定ですが)・・・ないと思います・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 浜脇薬師まつり(その参)・・・... 浜脇薬師まつり(その壱)・・・... >>