残夏の湯布院・・・金鱗湖
湧き上がる入道雲をいつまで見られるんでしょうかねぇ・・・先日、まだ夏の残る湯布院を忘れないように・・・スナップに収めました・・・。
c0001578_2202322.jpg


c0001578_223285.jpg金鱗湖・・・由布岳の麓にある・・・池のように小さな湖・・・。
湖底から湧く泉で・・・渇水の夏でも澄んだ水を湛えて・・・湖面を風が渡ります・・・。

“ウォーター・フロント”や“ビオトープ”なんて言葉がなかった時代から・・・この湖畔は湯布院散策の象徴的なところです・・・。

観光化されながらも残る・・・藁葺屋根の共同温泉“下ん湯”・・・素戔鳴男命(すさのおのみこと)を祀る“天祖神社”など・・・湖面に映る民の暮らしの息づく情景・・・暑さを忘れるとまでは言えませんが・・・暑さを楽しめる“水辺の心涼しさ”とでも言っておきましょう・・・。




c0001578_2224192.jpg

c0001578_2232278.jpg

c0001578_2233567.jpg

c0001578_2210162.jpg
by project-beppin | 2005-09-01 22:12 | 大分の風土・行楽 | Comments(6)
Commented by ショチクレ at 2005-09-02 21:35 x
懐かしいですね~この風景。
結婚前に、嫁女と遊びに行きました。

一体どこからこんなに、若いカップルやギャルが涌いてくるのか?
ただただ不思議に思えてしまい(笑。
なにゆえ由布院に、テディ・ベア?オルゴール?
そんな疑問を、無意味・野暮に思わせる程、既成事実化した人の波に、異常なパワーが漲っておりました。

そんな喧騒を外れて、ほっと息をつけるのが、この金鱗湖ですね。

Commented by 酎州大分 at 2005-09-03 01:41 x
ショチクレさん・・・金鱗湖も一昔前に比べれば・・・俗っぽくなりましたが・・・面影は残ってますねェ・・・。

今じゃ・・・山下清や本田宗一郎まで、なにゆえ?・・・です・・・(笑)。

たまには・・・下ん湯に入って・・・露天風呂から金鱗湖を眺めるゆったり時間・・・オイサンはわざと金鱗湖側から見えるように立ち上がって・・・異常さ漲っていたり・・・(笑)。
Commented by daidai_LA at 2005-09-03 03:17
なんと…美しいのでしょう。水がある風景というのは心が安らぎますね~。
こういう風景に入道雲…ぴったり。そういえばもう何年も入道雲を見ていない
気がします。子供の頃、夏休みに旅行に連れてってもらう車の中から見たのが
目に焼きついていますが…。
Commented by 酎州大分 at 2005-09-03 09:02 x
daidai_LAさん・・・そうかぁ~入道雲はLAでは見れないんですかぁ・・・知らなかった・・・。そろそろ、入道雲も終ろうとしている湯布院ですけど・・・心象風景を思い出せて何より・・・。

青い空に、白い入道雲・・・麦藁帽子・・・日傘・・・嗚呼!・・・金鱗湖畔の木陰を渡る風・・・のんびり昼寝をして・・・なんていう・・・夢のまた夢・・・。
Commented by icicle_popsicle at 2005-09-04 02:50
俗っぽくなった...一理ありますね。観光地化するにしてももうちょっと独自の路線で行ってくれればいいのにと思うんですが。今はまだ残っている「面影」を大切にして欲しいな~。
金鱗湖の周りをのんびり散歩、いいですね^^。
「下ん湯」入ったことありますよー。なかなか気持ちよかったです。
観光客が戸を開けるのはどうにかならんかなぁ、とは思うけど(^^;。
まぁ好奇心そそられる風情ある建物ですけどね(笑)。
Commented by 酎州大分 at 2005-09-04 09:01 x
まぐさん・・・そうなんです・・・どうしても観光地化というのはそういう運命をたどるのでしょう・・・。

下ん湯・・・開けるなら、アンタも入れば!・・・と言いたいですね・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 残夏の湯布院2・・・スナップ散策 ワンコインで椎茸も旨い!・・・... >>