豊後の“ナイアガラ”・・・原尻の滝
岡城のある竹田市から・・・川に沿って国道502号線を豊後大野市へ入ると・・・広がる田園風景の中に・・・宮崎県境から下る“緒方川”が現れ・・・“道の駅 原尻の滝”をめざします・・・。

c0001578_9113914.jpgその川辺を遡ったところに・・・“東洋のナイアガラ”と大分県人が自画自賛する・・・「原尻の滝」・・・。

平坦な田園に忽然と現れる・・・全長約120m、落差約20mの瀑布・・・滝壷近くの川原に下りて・・・見上げると・・・滝下から30m以上離れているというのに・・・瀑布から風に乗る滝霧・・・。

滝下流に架かる吊橋から眺めたり・・・滝上を渡りながら滝壷を覗き込んだり・・・360°全方位から体感できる・・・この滝に・・・“水清き大自然”のありがたさを感じずにはいられません・・・。

この直ぐ近くの町内に・・・粕取焼酎「富源」や麦焼酎「さぶろう」、清酒「鷹来屋」を醸す浜嶋酒造さん・・・麦焼酎「荒城の月」や清酒「丹誠」を醸す丹誠酒類さん・・・の二蔵が並び建っています・・・“銘酒には銘水の風土あり”・・・。




c0001578_9331224.jpg滝の上で・・・悠久の時とともに浸食した岩盤から滝壷を覘くと・・・足が竦む感じ・・・。

吊り橋の上から見た・・・180°のパノラマ・モンタージュ全景・・・(画像をクリックすると大きく別表示します。)

c0001578_9424991.jpg

c0001578_933263.jpg緒方三社(一宮、二宮、三宮)の神が集まる伝統行事“緒方三社川越し祭り”・・・11月の中旬、男達に担がれ、この鳥居を渡る神輿は・・・対岸の二宮に向かいます・・・。

c0001578_934099.jpg

c0001578_9341883.jpg

c0001578_9345349.jpg

c0001578_9353839.jpg水車と枝垂れ柳・・・観光目的だけではなく・・・今も尚、暮らしに息づく水路で見ることができる田園風景・・・。
by project-beppin | 2005-09-24 09:46 | 大分の風土・行楽 | Comments(8)
Commented by ショチクレ at 2005-09-24 23:19 x
原尻の滝、一度は訪れようと思っていました。
スケールが大きいです。いきなり段差が出来てしまったような。

「富源」の蔵元もこの近所なんですね。
「いい水があって、いい酒が出来る」
いい所ですね~。
Commented by icicle_popsicle at 2005-09-25 16:10
お、原尻の滝^^♪
大分を離れる直前にも訪れた場所です。
竹田にも寄って・・・。
この水車がすごく印象的でした!
こういう景色ってきっと一生忘れないんでしょうね~。
彼岸花も懐かしいなぁ。
Commented by Queen at 2005-09-25 16:57 x
酎州さんこんにちは、お久しぶりです。
いつもながら、原尻の滝…きれいな画像ですね。
11月初旬…海外に行きたい私の意見は却下され、主人KINGとまたまた大分にお里帰りです。
先月末も1週間…ハードなスケジュールで大分を遊びまくったKINGでしたが…
国東半島巡りで大分にまたまたはまっちゃった主人は、今回は耶馬溪とここ緒方町の訪問、それから岡城址に行くんだとおお張り切りです。
かくゆう私は緒方町に一度も行ったことがなく、この画像を見て少しわくわくしています。
前回は、「くーた」で替え玉3回をした主人…今度はどこに食べに行こうかって…、酎州さんのブログで美味しいもの探し…。
大分を離れると、すごく懐かしい故郷になるんですね・・・大分って。

そうそう…別府に美味しい回転すしやさんがあるって聞いたことがありますが…ご存知でしょうか?
つぎはどんなことが紹介されるのかすごく楽しみです、頑張ってください。
Commented by gobra at 2005-09-25 23:57 x
酎州大分さんが大分を、ショチクレさんが宮崎を案内してくださるので、来年の鹿児島への帰省がまたまた楽しみになります。

鹿児島にも「曽木の滝」というのがあって、“東洋のナイアガラ”と鹿児島県人が自画自賛していますが、「原尻の滝」のほうが落差があって迫力がありそうですね。
Commented by 酎州大分 at 2005-09-26 02:03 x
ショチクレさん・・・既に行かれたんですねぇ・・・確かに、あの田園風景の中では・・・スケール大きい瀑布ですよね・・・。

最近でこそ・・・道の駅ができたりして・・・観光施設化が進みましたが・・・一昔前は・・・それほど観光資源化していなかったので・・・トイレ休憩的な・・・場所だったんですが・・・(笑)。

そうです・・・清酒でも有名になった屋号「鷹来屋」の浜嶋酒造さん・・・ここから緒方町内に向かって数キロのところで・・・道沿いから蔵が見えるんですよ・・・店売りもしてますから・・・次回は、浜嶋酒造さんと丹誠酒類(吉良酒造)さんにも・・・是非お立ち寄り下さい・・・。
Commented by 酎州大分 at 2005-09-26 02:25 x
まぐさん・・・水車・・・町中でもまだまだ現役で活躍している風景を見ました・・・。ホント・・・水車のある暮らしの風景や田園風景の瀑布のある風景は・・・一生忘れられないですよ・・・。

まぐさんの行ったところ・・・季節が変われば表情も変わりますから・・・追ってまたアップしますね・・・。
Commented by 酎州大分 at 2005-09-26 02:49 x
Queenさん・・・心中お察し申し上げます・・・。
また、KINGさんの・・・心中もお察し申し上げます・・・(笑)。

夏の国東半島・・・六郷満山と豊後高田の昭和の町でしょうか・・・これも、いいですね。

で、秋の紅葉を豊後で追いかける旅ですかね・・・耶馬溪、岡城址、原尻の滝と・・・11月中旬なら・・・竹田市の竹楽、緒方の三社祭りなど・・・この季節だけの年中行事とも重なり・・・ベストかもしれませんよ・・・。
耶馬溪のゆず胡椒入りの蕎麦、竹田のエノハの塩焼、緒方の新米・・・“くーた”で替玉しなくても・・・お腹を満腹にしてくれる美味なモノを・・・食べてみてください・・・(笑)。

別府の回転寿司?・・・亀正(かめまさ)、その寿司・・・のどちらかでしょうね・・・どちらも九州横断道路の鉄輪よりちょっと下・・・。
回転寿司ではないですが・・・別府の10号線の「くーた」の隣にオープンした・・・すし金太郎・・・ここは我が家のおススメです・・・。1カンから関サバやフグが楽しめますよ・・・。

楽しんでいただけて何より・・・B級グルメも・・・追って・・・。
Commented by 酎州大分 at 2005-09-26 02:59 x
gobraさん・・・どうも・・・そういっていただけると・・・励みになります・・・(笑)。
東洋のナイアガラ「曽木の滝」
http://www.pref.kagoshima.jp/home/kohoka/kira/e1040304.htm
・・・で見ました。
川幅は・・・曽木、落差は・・・原尻ってところでしょうかぁ?

東洋のナイアガラで検索すると・・・吹割の滝(群馬)を含めて・・・3滝が候補・・・東アジアや東南アジアまで含めると・・・二桁はあると思いますね・・・(笑)。
何れにしても・・・自画自賛とは・・・いいことですなぁ・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< クニュクニュの食感“フォー”・... “荒城の月”の舞台・・・岡城阯 >>