里山の秋・・・毬栗
涼しい朝・・・日中は、見上げれば“ウロコ雲”・・・。里山も・・・しっかり秋です・・・道際に生える自生の栗の木・・・ちゃんと“毬栗”をつけてました・・・。

c0001578_23504368.jpgこの毬栗から顔だす“栗”を見ると・・・「梅栗植えて、ハワイに行こう!」・・・を思い出します・・・。

山村であった大山町(現日田市大山町)が・・・棚田の耕地作物から・・・土地収益性の高い果樹作物への転換をめざし・・・その時に、梅とともに代表的な果樹だったのが・・・この栗でした・・・。

単なる梅と栗の出荷から・・・30年をかけて・・・市場価格に左右されることのない・・・梅干しや栗菓子などの農産加工食品を生産・・・その後・・・「一村一品運動」の象徴として・・・農協が都会(福岡)にアンテナショップを持つという・・・“生産し、加工し、販売する”高次元農業経営で成功・・・。今は・・・レストラン経営も・・・。

そんな大山町ですが・・・今では、梅加工品で大成功して・・・“なんとなくクリスタル(栗廃る)”・・・なんです・・・(お粗末!!!)。




c0001578_010859.jpg 秋の味覚として、楽しむ“栗スイーツ”ならば・・・大分の人気ソフトクリームの一つである佐伯市(宇目町)の「マロンソフト」や・・・別府の“温泉蒸しプリン”の秋限定「栗プリン」なんかも・・・ご賞味あれ・・・。
by project-beppin | 2005-09-28 00:09 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
Commented by ショチクレ at 2005-09-28 00:39 x
>「梅栗植えて、ハワイに行こう!」
どこかで聞いたか観たかした記憶がありますね。
プロジェクトXだったか・・・。

これからの農業は、こういう知恵がますます必要ですね~。

>なんとなくクリスタル(栗廃る)
康夫ちゃんも県知事になり、党首にもなっちゃいました(笑。
懐かしいですね~。昔は、何だかよく判らない作家だったのですが(笑。
Commented by 酎州大分 at 2005-09-28 02:10 x
ショチクレさん・・・プロジェクトXでやってましたかね・・・大山の山村農業転換話と・・・湯布院の景観条例でのリゾートマンション反対の街づくり話・・・。

こういう知恵・・・オーガニックな食品志向に・・・地政学的も・・・高速道路ができて、100万人都市福岡から1時間程度という時間距離とが・・・うまく時世を捉えた先見の目があったのか・・・絶え間ない挑戦が地域を変えたのか・・・ラッキーだったのか・・・複雑な要因があるでしょうが・・・今でも・・・大山町の“木の花ガルデン”のランチバイキングは・・・福岡、久留米ナンバーが多いと聞いています・・・知恵にチャンスを与えることが必要でしょうね。

なんクリ・・・ご解説・・・いたみいります・・・(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “こてっさり”スープと香味・・... “理知的”な甘さと辛口のキレ・... >>