出張紀行(その2)/長岡で初体験!・・・“焼酎立ち飲みBAR”
安宿のビジネスに入って・・・翌日(21日)は・・・朝からフルに一日、出張先で仕事・・・ふぅ~・・・。仕事を終えれば・・・駅周辺の繁華街をうろつき“アフターファイブ”・・・長岡の夜を散歩・・・。駅前のビジネスホテルの建ち並ぶ大通りを歩いていると・・・あれっ?・・・“焼酎立ち飲みBAR?”・・・前回、来た時には無かったよなぁ~・・・。ほぅ~・・・当然、この焼酎文化辺境の地で・・・初体験してみたくなりました・・・思わず入店・・・(笑)。

c0001578_150518.jpg通りから見ても・・・ガラス越しに開放的な雰囲気・・・カウンターだけの店内の壁側には・・・ヅラーっと並ぶ・・・焼酎の一升瓶・・・

私「よく、ここまで揃えたねぇ~」・・・一人で切り盛りする若い大将風のマスターは「ありがとうございます。」

先ずは・・・お試しで「兼八を“生”で!」と注文・・・マスター「800円、前金でお願いします」と・・・なるほど、オーダーごとに支払うシステム・・・(当たり前かぁ・・・)。
細長い陶製コップに60mlぐらい注がれて出てきました・・・。

“兼八”は・・・こういう雰囲気に合いますね・・・口あたりも・・・香ばしい甘苦さの喉越し・・・やっぱり、いつ飲んでも・・・ガツンと共鳴するダンディズムがあります・・・。

アテに・・・“薩摩地どりのタタキ”を注文すると・・・「ドリンクと一緒に注文すれば100円引きです。」・・・メニューでは200円ですから、100円玉一枚で・・・小皿に5枚ほど薄切りのタタキが出てきます・・・(これは、安い)。

“水煮の鯖缶”(300円)などもあって・・・今風の立ち飲み・・・なかなか・・・流行ってます。



こんな感じの店内・・・焼酎が多いですが・・・(パノラマ・モンタージュは↓の画像をクリック)
c0001578_1545653.jpg

「ここで一番高い銘柄は何?」と訊ねると・・・「今は、これ。“流鶯”(るおう)ですね。1500円。」と耽々と語って・・・カウンターに出されたのは・・・薩摩の万膳酒造の黄麹“萬膳庵”原酒・・・。他にも訊ねると・・・俗にプレミアと呼ばれる焼酎が・・・1200~800円ということ・・・。麦では・・・“むんのら”が1200円で一番高いようです・・・。

ちなみに・・・これだけの焼酎銘柄の中に・・・豊後の銘柄はいくつあったでしょうか?・・・。
私が見たところ・・・「兼八」、「常蔵 ブルーラベル」、「杜翁」、「黒むぎ 杜谷」、「月心」、「常圧 閻魔」・・・6銘柄でしたね・・・。

結局・・・麦好きの私は・・・「兼八」を空けた後、壱岐の「ちんぐ黒」と豊後の「黒むぎ 杜谷」を“生”でチビチビと飲みながら・・・客層を観察・・・。

c0001578_1555718.jpg
私が飲んでる間も・・・団塊の世代のご夫婦・・・外国人2人・・・銀行員風の40代サラリーマン3人・・・営業系の30代の2人・・・20代アベック・・・などなど・・・ビールから焼酎まで各々に楽しんでましたね・・・。

生ビールも・・・酎ハイも・・・ホッピーも・・・もちろん、地元の清酒も・・・楽しめます・・・。
今年の7月にオープンしたらしいのですが・・・入りやすく、飲みやすい・・・開放的な雰囲気がありました・・・。

c0001578_1519096.jpg清酒文化の中心でもある・・・この街で・・・定着するか?ブームで終るか?・・・今からが楽しみですね・・・。また、いつか覘いてみたくなります・・・。
by project-beppin | 2005-10-23 15:13 | 旅先の酒と食 | Comments(4)
Commented by icicle_popsicle at 2005-10-24 14:43
あ、いいですねーこういうの。行ってみたくなる雰囲気です^^。
これだけ数があると何を飲んでいいのやら思いっきり迷いそうですが(笑)。
ラーメンも美味しそうだし...。
新潟・・・未だに行ったことないけどいつか行ってみたいなぁ。
Commented by 酎州大分 at 2005-10-24 20:13 x
まぐさん・・・L.A.のBARとは趣が違うでしょう・・・一升瓶のオンパレードですから・・・(笑)。

切手のコレクション(古い!)を・・・見てるようで・・・飲みながら銘柄ラベルを眺めてるだけで・・・充分、酒の“肴”になりますねぇ・・・(私には・・・)。
長岡・・・繁華街は何も無かったような復興となっていますが・・・中山間地域の農業は傷跡を癒すまでに・・・もう少し時間がかかるようですね・・・。

新潟も・・・美しき風景と食材と酒に恵まれた・・・いいところに思えてきました・・・。風土と人に触れ合えば・・・“何処も都”・・・です。日本海の食材も・・・美味・・・是非!
Commented by ショチクレ at 2005-10-24 23:53 x
私も、来月あたまぐらいから出張の予定が入り。
どこに行くのかは、定かではないんですが・・・(笑。

その土地の街になじんだ酒場、新しく始めた酒場、それぞれ楽しんでこようと思ってます。

こういう飲み屋も、気を遣わずに済みそうでいいですね~。
Commented by 酎州大分 at 2005-10-26 00:01 x
ショチクレさん・・・どうも!
出張の予定・・・仕事の段取りが付けば・・・ウキウキしますね(笑)。
アフターファイブの段取り考えるだけで・・・ルンルンってかぁ(笑)。

“酒縁”があるお人柄とお見受けしておりますので・・・楽しまれることでしょう。

この焼酎BAR・・・私にとっては・・・「越後一会」・・・でした・・・(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 出張紀行(その3)/仕上げは・... 出張紀行(その1)/往路・・・... >>