出張紀行(番外編)/博多駅コンコースで・・・“壱岐七蔵”に出会う
22日(土)の帰路・・・“博多駅コンコース”では・・・「壱岐観光物産展」が開催されていました・・・。

c0001578_22445690.jpg青地に・・・“壱州鬼凧”(いしゅうおんだこ)絵柄・・・揃いの半被(はっぴ)で・・・「ハイ、どうぞ~、いらっしゃーぃ」と呼び込みの声もかかって・・・黒山の人だかり・・・。

そりゃ~・・・知らぬ顔で“味過ごす”ことなど出来ません・・・(笑)。
当然・・・吸い寄せられるように・・・壱岐焼酎のコーナーへ・・・。
“壱岐の七蔵”・・・天の川、壱岐の華、玄海、猿川伊豆、重家、山の守、壱岐焼酎協業・・・“息”のあった呼び込みで・・・試飲販売会場も盛況です・・・。

混み合う中で、試飲したのは・・・壱岐焼酎協業さんの「常圧蒸留 大祖」・・・ウェットな甘旨さと香ばしさが円く・・・柔らかなホロ苦み・・・ほぅぉ~、旨い・・・。

何しろ・・・米麹1/3、大麦2/3という壱岐伝統の風味は・・・米麹の甘旨さが重なり醸す味わい深さ・・・他にもいろいろ飲んでみたかったのですが・・・他のお客さんも多いので・・・なかなか、クイクイとは・・・ありつけませんでした・・・(笑)。
販売品の中で・・・唯一のワンカップ・・・「雪洲」を手にとって・・・
 私 「これ減圧?」・・・と不躾な質問・・・。
 担当の方 「お客さん!詳しいですね・・・こういう場で販売する時は専門用語はあまり使わないんですよ~・・・」
 私 「そりゃ~、大分じゃもん・・・(笑)。壱岐で蔵見学観光に行ったときは、“大分の減圧と違って旨さがあるでしょ”って言ってたよ。」
 担当の方 「大分ですかぁ~・・・私ら(壱岐)とは濾過法も違いますからね~」
・・・と・・・互いに自信を持ってますから・・・これで良いんです・・・(笑)。

それにしても・・・“壱岐の七蔵”の味わいが一堂に・・・試飲できるというのは・・・ありがたいことです・・・。

“豊後の蔵”も・・・がんばりましょうね・・・。




c0001578_22451441.jpg“壱岐市”になって・・・島の振興にも一致団結して取り組む感じ・・・壱岐の持つ魅力の“海産物”や“農産物”、“加工食品”や“伝統産品”も一緒になって・・・“地モノの風土”が・・・伝わってきます・・・。


c0001578_22453190.jpg帰路の電車の中・・・試飲しながらいただいたパンフレットを捲りながら・・・“ボルドー”などの“地理的表示”の産地指定を受けた「壱岐焼酎」を“フラグシップ”にして・・・ブランド認知力を高めようとする戦略・・・読み取れますね・・・。
こういう・・・“産地集積のメリット”を共有して・・・展開する戦略は・・・豊後の蔵の間でもありますかね・・・?
100年後は・・・『二豊焼酎』という麦・麦麹の伝統製法焼酎が・・・産地指定を受けるようになってもらいたいのですがねぇ・・・私としては・・・。
by project-beppin | 2005-10-25 22:48 | 焼酎文化考 | Comments(6)
Commented by tatinomi1 at 2005-10-28 07:18
「壱岐焼酎」。ああ、なんともステキ。

20代のころ、壱岐に1週間ほど出張。クレーム対応でした。和式の旅館で海を見下ろす部屋で、「品のいい不思議で宇宙感性ある」、天の川。

麦焼酎への「初めての出会い」。

そのあと。「下町のナポレオン」が全国席巻。

■なにか、本場壱岐麦の心栄えを「札束でひっぱたく」ような、大分大手麦を自慢できない複雑な気分で過ごしておりました。

◎その大分麦に自信をもったのが。「常蔵」の深い味わいと、「酎州大分さんの深い見識」。

壱岐麦には、敬意をかんじます。
Commented by 酎州大分 at 2005-10-29 05:39 x
立ち呑みHAKUDOU師匠・・・壱岐焼酎・・・旨さに幅があれども、“ぶれない底力”に誰もがその存在感を認めるのでしょう・・・。

大分でも、天下無敵の小野富の味わいと・・・竹田の岡城の熊谷の味わいは・・・全国を席巻するには至りませんが・・・“豊後の底力”を今に伝える味わいではないですかね・・・。

大手が席巻したのは・・・麦焼酎というものが新たな境地に向けて・・・あの時代に広がりを求めたのであって・・・それまでの伝統の中で培ってきた麦焼酎を否定したわけではないですよ・・・。
それは、飲む側が一番分っていると思いますが・・・仮に、その大手麦に変わってもこれまでと同じように焼酎を嗜めたのならば・・・それはそれ・・・私が飲み始めた頃は・・・下町のナポレオンが母乳ですから・・・複雑になるも何も・・・これが焼酎の教科書でした。

この年になって・・・いろいろな味わいに出会えたこと・・・師匠をはじめ、いろいろな方々の見識に出会えたこと・・・私は、どちらにも敬意を感じます・・・。

良き焼酎に・・・よき出会いあり・・・ですよ。
Commented by 縄文HAKUDOU at 2005-10-29 23:34 x
すばらしき豊後麦。これしか、言葉はありません。

豊後麦、バンザイ。願わくば、プレミア無縁でいてほしい。なあ。

プレミア豊後麦は、興味なし。ですなあ。

Commented by 酎州大分 at 2005-10-30 18:26 x
縄文HAKUDOU師匠・・・豊後麦、地元で飲んでる輩と・・・全国の焼酎を味わえた皆さんと・・・少し状況は違うかもしれません。たぶん、当時、大分の県内で・・・甲類見つけることは容易くとも・・・壱岐の麦に日常的に出会うことは・・・難しかったんじゃないでしょうかぁ・・・。

豊後の麦・・・今後“百年の計”という時空を睨んで・・・地元や各地でその味わいを・・・認知してもらえれば・・・その頃には誰に何を云われようが、“厳然たる豊後の焼酎文化”となって定着しているはずです・・・。
そのためには・・・今飲んでる輩で・・・その味わいの飲み方、晩酌での楽しみ方を・・・続けていることこそ・・・大事かと・・・。

プレミア以外のところで・・・地道に飲める“豊後麦焼酎”の幸せ・・・これですな・・・。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2005-10-30 18:39 x
今からが「豊後麦」の正念場でしょう。幸いに大好きな「常蔵」が人気。ここはそこそこたくさん造れるので「プレミア化」せずゆけるのではないでしょうか。

本当に「酎州大分さんのブログ」のおかげで、郷里の「豊後麦」に自信がもてるようになりました。

芋ブームのあとに、「ガツン麦」のブームかもしれませんねえ。でも「すっきりがぶ飲みできる麦も大切」。ここは「三和」「二階堂」があるので、豊後麦は「磐石」ですねえ。

「とっぱい」「小野富」もいいですねえ。

勿論「兼八」や「耶馬美人」も都会向け人気ブランドとしてたいせつですねえ。
Commented by 酎州大分 at 2005-10-31 00:00 x
立ち呑みHAKUDOU師匠・・・豊後の麦焼酎・・・外麦から地麦(大麦、ハダカ麦、ハト麦なども含めて・・・)へ・・・。
ここから始まるんでしょう・・・“100年の計”への挑戦が・・・『オラが麦焼酎』という“豊後麦”の醸す文化が無ければ・・・単に“蒸留企業のブームに乗った酒造り”に終ると・・・。
大手も・・・そうでないところも・・・それに気づいているとは思うんですがね・・・。
ブランドは・・・その後について来ます・・・たぶん・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ビター・スイーツの旨さ・・・「... 出張紀行(その6)/復路・・・... >>