“豚しゃぶ水炊き”に・・・やわらかな純米吟醸「良寛」
日中は暖かですが・・・今夜は・・・風も冷たくなって・・・秋の深まりを肌で感じますね・・・。

c0001578_23441853.jpgこのくらい冷えてくると・・・やっぱり・・・鍋でした・・・。基本的には・・・“水炊き”ですが・・・薄切りの豚肉は泳がせて“しゃぶしゃぶ”風にという・・・我家の“豚しゃぶ水炊き”・・・。
肉が固くならないことと・・・野菜を足しながら食べれることで・・・セパレートな感じが・・・愚息どもにも受けてます・・・。

鍋が始まる日のために・・・長岡出張時に持ち帰った・・・美の川酒造の純米吟醸を“ぬる燗”で・・・『良寛』

アルミタンポで・・・一合ぐらい・・・人肌のやわらかい温感は・・・淡く香るすっきりとした口あたり・・・仄かな甘みに深さがあって・・・舌から喉へ送る間に・・・円やかな淡辛口のコクがふくらむ感じ・・・如何にも“黎元清澄”な味わい・・・。

味わうというよりも・・・静かな嗜みが・・・福与かな幸せの晩酌という感じ・・・。

豚しゃぶのポン酢・・・水炊きの昆布出汁で、少し薄まったぐらいが・・・豚や野菜の旨味も引き出してくれます・・・。
この“ぬる燗”には・・・薄味の鍋が・・・良いです・・・。
by project-beppin | 2005-10-30 23:45 | 異郷酒晩酌伝 | Comments(4)
Commented by icicle_popsicle at 2005-10-31 05:27
水炊きしゃぶしゃぶ、美味しそうー!!
大分もだいぶ冷えてきたようですね・・・?
新潟のお酒ってとても美味しそうなイメージがあります:)
Commented by たち呑みHAKUDOU at 2005-10-31 22:54 x
おお、出ました。「良寛」。新潟は駅前の「藤正」。

ステキな居酒屋。ここの酒は「越の寒梅」「初花」「麒麟山」

そして「良寛」。もっとも「淡々と旨い」。全く邪心のない味。

私はコレが一番気に入り。いわゆる「越後の酒」の

「旨すぎる味わい」が、ゆるい。エエ酒です。さすが八郎

酎州大分さん「素晴らしき選定」ですねえ。
Commented by 酎州大分 at 2005-11-01 00:36 x
またまた、まぐさん・・・大分も夜は肌寒くなってきました・・・11月ですもん・・・。
こういう時候に・・・鍋を見ると・・・イイもんです・・・山も色づきだしましたし・・・。
日本酒・・・新潟土産に・・・ついつい買っちゃいますもんね・・・。
大分の麦焼酎も美味しいですが・・・旅先で見つけるその土地の美味しさは・・・私の場合、やっぱお酒なんですね(笑)・・・大分の日本酒も濃く旨いですから・・・是非!
Commented by 酎州大分 at 2005-11-01 00:44 x
HAKUDOU師匠・・・そうです、新潟話の中で師匠と偶然重なった居酒屋の鑑「藤正」・・・師匠おススメのこの酒に・・・出会うことが出来ました・・・。
地元である長岡の酒屋でも・・・なかなか出会えなかったのですが・・・見つけたときには嬉しかったですね。
確かに・・・淡々と旨い・・・。なるほど・・・過ぎたるに至らぬ・・・見識の酒とは・・・かくあるべき・・・師匠に、「清酒の何たるか」の・・・さわりを教わった気がします。
いい酒でした・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “ハゲの薄引き”に辛口淡麗な味... “地産地消”の活気・・・大分県... >>