別府“コップ酒”の原風景・・・「九丁目の八ちょう目」
昨日は・・・仕事の会合・・・関係者と別府の色街で・・・2次会まで・・・。“喋り疲れ”ているはずが・・・“しんみりと飲みたい”気分・・・まっすぐ帰らず・・・“赤提灯”の暖簾をくぐります・・・。

c0001578_13584547.jpg久しぶりに・・・“ひとり酒”・・・帰趨する如く、くぐる暖簾は・・・私の“酒場の原風景”・・・「九丁目の八丁目」・・・。

その昔・・・まだ、ビールジョッキでガツガツ喰らう飲み方をしていた若い頃・・・カウンターの向こう側で・・・焼鳥を焼く“既に赤ら顔”のオヤジさんと・・・“おでん”のアクを丁寧に掬う白い割烹着姿のオフクロさん・・・。

細いカウンターの端席には・・・現場仕事を終えた作業着姿のオイさんの“コップ酒”・・・清酒と思いきや・・・“燗つけ焼酎”・・・。
そんな別府の“赤提灯”の光景を・・・焼き付けられたのが・・・この店でした・・・。

あれから・・・往く年月十数年・・・ずっと変わらぬ薄汚れた店内とこの“おでん大鍋”・・・今は、二代目が守る“ツユ”の味わい・・・。

私も・・・あの時のオイさんと同じ“ひとり酒”・・・“おでん”と“燗つけ焼酎”で・・・酔いたい年になりました・・・(笑)。
さぁて・・・定番の“おでん”と“とりもつ”で・・・ゆっくり“コップ酒”を・・・飲みましょうかぁ・・・。




c0001578_1401887.jpg先ずは・・・“おでん”と“燗つけ焼酎”・・・。

もちろん・・・焼酎は「二階堂」20°を・・・熱めの“ぬる燗”で・・・。
アルミタンポから・・・コップの“表面張力”を見極めて・・・口を近づけて啜る・・・旨い!・・・この柔らかな甘味は・・・20°の直燗のみに許された味わいに思えるんです・・・。
“ツン”と喉に刺さない“燗加減”・・・甘辛淡麗・・・姿が崩れず、口中で円さを増すところが・・・この焼酎の“底力”・・・。

同じ20°でも・・・芋では、こうはいきません・・・私には、直燗で甘みが発ち過ぎる感じがしますから・・・。

“おでん”は・・・基本の“蒟蒻”、“大根”、“スジ”・・・皿尻に練りカラシをさっとなすって・・・ツユとともに出てきます・・・。
蒟蒻・・・“隠し包丁”にツユが滲みて・・・薄味ながら、丁度いい味わい・・・。
大根・・・丸のまんまで滲み入ったツユが濃くなった感じ・・・しっかりした旨みが宿っています・・・。
スジ・・・柔らかくホロッととろける部分と・・・クニャッと歯応えの部分を交互に味わえる匠の味・・・。
焼酎を飲み終わる前に・・・皿に残るツユを啜る・・・これが何にも変えがたい味わい・・・。

その昔・・・先代のオヤジに・・・「オヤジ!(おでん)ツユだけ、くりぃ~!(くれよ!の意)・・・」と悪たれつきながら皿を出す客・・・
「なん言いよんのかぁ!(ナニ言ってるんだ!の意)・・・ヨイ!・・・こんツユが一番高けぇんじゃ!・・・やれん!(やらない!の意)」と怒鳴り返すオヤジさん・・・。横にいたオフクロさんは・・・黙って皿を取り、ツユをよそう・・・そんな光景を思い出しました・・・。


c0001578_1403897.jpg続いて・・・“とりもつ”と清酒の“ぬる燗”・・・。
清酒も・・・もちろん「西の関 上撰」・・・ぬるめの“ぬる燗”・・・。
ちょこっと口をつけて・・・すっきりコクのある甘口・・・ほろりと香る醸し風味はキッチリしています・・・。

“とりもつ”・・・茹でた鶏の肝を刻み・・・小葱と一味唐辛子にポン酢醤油をかけ・・・この侘びた肝の滋味をアテに・・・飲むのが一興・・・。


c0001578_1411749.jpg一緒に頼んだ“トマト”も出てきて・・・小洒落た“ハーブソルト”なるものを奨められ・・・少しかけて・・・あとは、味しおをパッパッパと・・・。冷えたトマトの旨さも・・・好いもんです・・・。


c0001578_14194927.jpg
この店の酒・・・
定番焼酎は・・・麦「二階堂」、芋「黒霧島」、米「白岳」、蕎麦「雲海」、甲類「三楽」・・・全て20°・・・。


c0001578_143156.jpg清酒は・・・4銘柄・・・「雪下香梅」、「郷越後」、「千福」、「西の関」
おぉ偶然・・・「郷越後」・・・あの「山古志」の本銘柄があるではないですか・・・。
あと・・・麦ウィスキータイプ「田苑ゴールド」、黒糖「喜界島」・・・芋「赤霧島」も・・・。その奥には・・・オフクロさんが漬けた「梅酒」・・・。


“コップ酒”の名店・・・「九丁目の八丁目」・・・嗚呼!素晴しきかな・・・。

■おでんほか:九丁目の八ちょう目/別府市光町
by project-beppin | 2005-11-19 14:10 | 焼酎文化考 | Comments(8)
Commented by taisyo1008 at 2005-11-19 16:13
情緒あふれる大人の世界ですね~
こうやって大人になっていくんですね。
おでんの出汁で歴史を感じられます。行ってみたいです。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2005-11-19 17:21 x
素晴らしい哀愁と味わい。店名もいいですねえ。「二階堂」20度のアルミタンポぬる燗。まさに清酒文化圏に花開いた銘焼酎「二階堂」。

濃い醤油色のおでん。いいですねえ。関西おでんも旨いですが、煮詰まった感じのおでんが好きです。

「西の関の上選」にもこのおでん、相性がいい感じ。広島の「千福」にもあいますねえ。「とりもつ」。旨そう。

あなたと私を「とりもつ縁」なんて、いいじゃあないですか。

●トマトが見事。焼酎のアテにいい「少し青臭い」くらいの絶妙な選定。この店、奥が深いと、みました。

やはり、酒は「アテ」と「風土」と「人情」の織り成す綾。

こんな名店には、風土ときり離された「プレミア」は全く必要ありませんねえ。これこそ地縁文化ですよ。酎州大分さん。
Commented by ショチクレ at 2005-11-19 22:38 x
私も、今宵は焼き鳥屋で一人酒でした。
日本海産?らしき魚のすり身揚げが、なかなか美味でした。

チェ・ホンマン後一歩、といったところでしたが(笑、評価がタイなら、あの体格差では判官びいきになるのもうなずけました。

能登の日本酒は、なかなかでしたね。
普段飲みつけない者が、「なかなか」などと言うと怒られそうですが(笑。
「焼酎を同じ場所で作ると、清酒の味まで変わるから、ウチャ作らん」と頑固に清酒一本で行く蔵元もあるとか。
石高が増えているようです。

九州とは景色の違う場所は、色々と刺激が多いです。
Commented by 酎州大分 at 2005-11-20 09:19 x
大将・・・いやぁ~・・・店内は家族連れや若者も・・・居たんですがね・・・(笑)。
こういう赤提灯・・・実は、誰しもなんとなく隠れ屋的に・・・一つぐらいほしいもんです・・・(私の場合、ここですが・・・)。

そうですね・・・哀愁の“ひとり酒”が大人になることならば・・・これも人生ですなぁ・・・。

おでんのツユ・・・ここの味はいいですよ・・・日によりますが・・・薄味で滲み込んでいるときは・・・焼酎に清酒に好く合います・・・。
今度、行こうな・・・土日が休みという店なんで・・・平日でOKの時に!
Commented by 酎州大分 at 2005-11-20 09:33 x
HAKUDOU師匠・・・この手の店・・・少なくなりました・・・。
20°の燗つけ焼酎・・・日豊線沿いの焼酎文化なのかも?と思ってみたいのですが・・・なかなか、他では見かけません・・・。

先代の頃には・・・オフクロさんの愛情がこもった素晴しい“おでん”でした・・・二代目も気を使ってはいるのですが・・・何しろ一人で切り盛り・・・。しかしながら・・・この煮詰まった感じのモノを指名して・・・わざわざ頼むツウのオイさんもいますんで・・・(笑)。

私は・・・座って、先ずは、おでん と とりもつ・・・焼き物を頼む時もありますが・・・小腹仕上がっている時は、トマトも好いもんですな・・・。

そうです・・・この赤提灯の店内に・・・その手の銘柄は・・・考えただけでも不躾ですな・・・。
焼酎も上品な階級のモノがあっていい時代ですから・・・住む世界が違うことこそ・・・本質かと・・・。
20°が胸を張って嗜める・・・コップ酒の地霊が宿っています・・・豊後の風土の酒にバンザイ!
Commented by 酎州大分 at 2005-11-20 09:41 x
ショチクレさん・・・一人酒・・・たまには、イイもんですよね・・・。
美味な肴とアテと酒を・・・気を使わずに・・・やれるのも・・・男の幸福感なんてことありません?・・・(笑)。

清酒・・・最近、たまに飲んでみると・・・いいですなぁ・・・。
そうそう・・・竹田のカッポ酒は・・・清酒でした・・・。
この混沌とした清酒と焼酎の端境地・・・大分は・・・どちらからも異端視?されて注目は浴びませんが・・・異端の美学があるようです・・・(笑)。

能登の清酒、飛騨の米焼酎・・・地に根付くその味わいに・・・出会い続けることが出来る・・・これこそ、男の歓び・・・K1見ながら・・・一人酒・・・いいですよ・・・日常の至福の時でしょうなぁ・・・。
Commented by なおみ at 2005-11-27 10:17 x
久しぶりに八丁目の事を思い出し、検索してみたらなかなか懐かしい写真が載っていたので嬉しかったです。
八丁目は、妹が独身時代に入り浸っていて「姉です~」と連れて行ってもらったのが、6~7年前でした。
味のある店長さんから、裏路地にあるトイレの行き方を教えてもらったり、店内の古いはしごを出して
2階に上がるんだよと聞いて、忍者屋敷のようだとドキドキした事を覚えています。
八丁目では、おでんは勿論ですが、最後にラーメンを頂くのが私達姉妹の定番でした。
「つゆは企業秘密~」という透明なあっさりスープは、それだけを食べに来ても価値あり!
また、美味しいお酒とつまみの後に食べるにもするするっと入ります。

結婚し、関西に嫁に来て以来随分ご無沙汰ですが、機会があれば是非また行きたい店ですね。
Commented by 酎州大分 at 2005-11-28 01:07 x
なおみさん・・・はじめまして!・・・懐かしい検索記念にご訪問いただきありがとうございます・・・。

あの離れの高級トイレ(笑)に皆一度は・・・お世話になってるんですね・・・(笑)。
雨の日に、雨だれが何処からともなくかかりそうな・・・なんとも心落ち着く佇まい・・・。
店に戻ると・・・ついつい、またおでんを頼みたくなるという不思議な魅力が・・・いいですよねぇ~・・・。

そうそう・・・仕上げのラーメン・・・透明感で薄味のあの味わいは・・・私も大好きです。
私は・・・醤油ニンニクと紅生姜をどちらもトッピングするんですが・・・これもまた・・・くぅ~・・・堪らん旨さがあります・・・そのうち、ラーメンもアップしますね・・・。

関西から・・・お里帰りの折は・・・是非、暖簾を潜ってください・・・今は、土日が休みです・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 深秋の夜の夢(その1)・・・「... 軽やかな味わいと紅生姜・・・玉... >>