深秋の夜の夢(その1)・・・「竹楽」の光景
“この秋一番の冷え込み”なんていう言葉が・・・毎日のように聞かれるようになりました・・・。
“深秋の奥豊後”竹田市へ・・・そうです・・・毎年恒例の「竹楽」を楽しみたくて・・・土曜日の夕刻・・・竹田駅に降り立ちました・・・。
c0001578_0143142.jpg


c0001578_561561.jpg竹田駅前から・・・市街地の商店街を抜けながら・・・十六羅漢や広瀬神社などの名所旧跡や“滝廉太郎”も通ったトンネル・・・“田能村竹田”を生んだ豊後岡藩名残の武家屋敷などに・・・“2万本の竹燈篭”が灯ると・・・日常の光景とは一味違う“灯明異空間”に・・・インナー・トリップ出来ます・・・。

もちろん・・・地元の美味しい食材や料理も味わえるし・・・この地でしか入手できない地焼酎や“カッポ酒”なども・・・堪能できます・・・。

先ずは・・・理屈抜き・・・今年の「竹楽」・・・竹灯明の映し出す“幽玄な世界”・・・お楽しみください・・・本日(20日)が最終日ですから・・・お近くの方は是非!!!
●十六羅漢 階段




c0001578_21442551.jpg●駅前通り

c0001578_212052.jpg●十六羅漢 (ライトアップ)

c0001578_2123542.jpg

c0001578_721871.jpg●廉太郎トンネル

c0001578_2153408.jpg●西宮社

c0001578_2241425.jpg

c0001578_702892.jpg●武家屋敷

c0001578_2217813.jpg

c0001578_22173556.jpg

c0001578_73781.jpg●広瀬神社

c0001578_22263733.jpg

c0001578_2227365.jpg

c0001578_74043.jpg●路地の竹燈籠と竹

c0001578_2237050.jpg●蝋燭文字 (竹楽)


c0001578_22372426.jpg●商店街通り
by project-beppin | 2005-11-20 05:12 | 大分の風土・行楽 | Comments(10)
Commented by koppa125 at 2005-11-20 17:23
きゃーーーー!!!
どこかですれ違ってたかもですねぇ。
私も子供と母と一緒に1時間ほどぷら〜っとしました。
竹楽の時だけ限定の焼酎の前を通りかかったとき、「酎州さんだったら買うんだろうなぁ〜」なんて思いました(笑)
写真も撮りたかったのですが、なんだか人の多さに怖じ気づいて
さっさと実家へ戻って温泉に浸かって、10時には就寝。
来年はもうちょっと粘ろうと思います...(?)
Commented by hal_diary at 2005-11-20 20:22
はじめましてこんばんわ、halと言います。
こっぱさんつながりでこちらにきました。
幻想的なお写真に、思わずコメントしたくなりました・・・。
ほんとに素晴らしいですね。どういうお祭り(?)なのでしょうか。
焼酎は飲めないのですが、ビールを飲んでほろ酔い気分で拝見したいものです・・・。(*^_^*)
Commented by ショチクレ at 2005-11-20 22:37 x
これは綺麗ですね~。
竹を使って、安全と幻想性を高めた、昔の人の知恵とセンスは凄いですね。


今宵も飲み屋で一人酒(笑。
地域密着型の、いい感じで綺麗じゃない(笑、飲み屋でした。

店の大将が、カウンターですっかりできあがった風情で、中の人にあれこれ指図。
客にも(笑。
何を頼もうかと、壁の茶色い品書きを見ていると、
「串焼きを何本か出そうかね」、と勝手に注文(笑。
食べ終わりかけたので、手羽と串揚げを2ヶずつ追加したら、
「揚げ物ばっかりになっちゃうよ。串は1本だ」と勝手にオーダー変更(笑。

そのうちに脇の扉から、作業服姿で鼻にティッシュを詰めた爺さんが現れ。
お客かと思ったら、皿を下げ始めたので従業員だということが判明(笑。

こちらも酔いが回ってきて、世間話をしながら都城から来てる事を話したら、焼酎の話になり。
大将曰く、
「最近健康に気をつかって、清酒から焼酎に切り替えたおじさん達も多いけど、どうせ死ぬんだから俺は好きな日本酒を飲む」
まったくそのとおりと相槌。
好きな酒を、ウマイと感じながら飲むのが一番。

もう一回訪れてみたい飲み屋でした。

Commented by NED-WLT at 2005-11-21 16:15
2万本の竹燈篭!いやー、このイベント、初めて知りました。特に、廉太郎トンネルが、撮影対象としては面白そうです。そして、ヤマメの塩焼き!うーん、日本酒に合いそうですね。
Commented by 酎州大分 at 2005-11-21 21:04 x
koppaさん・・・だぶん・・・何処かですれ違ってますね・・・。
まぁ、あの灯明以外の光のないところでですから・・・分らないのが当然といえば当然ですがね・・・(笑)。
私は・・・昨年、三脚がなくて手振れ写真しか撮れなかったので・・・今年はと・・・意気込んで・・・終電までいましたよん・・・(笑)。
竹楽・・・やっぱ好いよ・・・限定焼酎まであるし・・・まんまと、ご想像通りの購買欲に釣られましたし・・・それも2本・・・(笑)。
人は確かに多かったけど・・・あのぐらい人がいないと・・・逆に・・・怖いですわ・・・肝ダメシ状態だもんね・・・武家屋敷通りなんか・・・。
土産にエノハとトマトケチャップ買ってしまった・・・。
Commented by 酎州大分 at 2005-11-21 21:25 x
halさん・・・はじめまして!・・・竹田市という熊本県(阿蘇)境にちかい街の地域づくりイベントとして・・・5年ほど前にはじまったもので・・・竹筒灯篭で街中の散策コースをつくり・・・史跡旧跡を廻りながら、竹田の街の紅葉と食と文化とに触れてもらうという“竹灯明 市中引き回し祭り”とでも申しますか・・・(笑)。
まぁ、田舎町の日常の風景を・・・竹の明かりを通して・・・「非日常化」する・・・“バンブー・イルミネーション・ナイト・ハイキング・エンターテイメント”・・・です・・・余計、わけ分らないか・・・(笑)。
臼杵市の竹宵は・・・竹ルミナリエ
竹田市の竹楽は・・・竹ミレナリオ
って・・・感じですね・・・。
もともとは・・・里山を保全するため、竹藪の竹を伐採することと・・・その有効利用を街づくりと結びつけるという発想から始まりました・・・7年ほど前に京都の大学の先生のアイディア提案を・・・街ぐるみで一大イベントにしたもので・・・今年、地域活性化の大臣表彰も受けたとか・・・?
ほろ酔い気分・・・好いですねぇ・・・私は、会場で・・・お湯割り焼酎に黄カボス浮かべて・・・深酔い気分ですた・・・(笑)。
Commented by 酎州大分 at 2005-11-21 21:31 x
ショチクレさん・・・飲んでますなぁ~出張先でも・・・。
この手のオヤジ・・・相性次第で・・・善くもあり悪くもあり・・・。
私は・・・好きな方です・・・この手の悪たれオヤジ・・・なるほどと思わせていただけますから・・・好きなもん飲めば天国・・・です。
こちとらも・・・好きな焼酎飲んで・・・逝きたいもんです・・・(笑)。
Commented by 酎州大分 at 2005-11-21 21:38 x
NED-WLTさん・・・滝廉太郎・・・日頃は通ると“荒城の月”のメロディーが流れます・・・(笑)。
撮影時には・・・なかなか、気を使いますが・・・シャッタースピードが長くなり・・・人影が揺れるので・・・確かに面白いでしょうな・・・。
やっぱり・・・メンタリティーが清酒で出来てますね・・・焼酎で合わせる九州人も減りましたからね・・・私は・・・断然、エノハは焼酎お湯割り・・・これに限ります・・・。
Commented by koppa125 at 2005-11-21 22:19
確かに人がいなかったら肝試しですよね(笑)
それにしてもあんなに人でごった返している竹田を見るのは生まれて初めてかも!!
いや〜、来年もまた楽しみになりました。
私は帰りに高校時代よく行っていたお店でサンドイッチを買って帰りました。イチゴサンドが売り切れで悲しかったー。
終電って何時なんだろ?
Commented by 酎州大分 at 2005-11-23 02:17 x
koppaさん・・・竹田・・・確かに春の“岡城桜まつり”でも・・・これほどはいないもんね・・・1日3万人・・・3日で10万人・・・1億円の経済効果・・・表彰されるはずですワ・・・(笑)。
イチゴサンド・・・はらふと餅・・・竹田スイーツも好いもんですなぁ・・・。三笠野や荒城の月以外にも・・・旨いもん有り!ってな感じ・・・。

終電・・・午後9時半頃・・・これに乗っても・・・大分止まりですた・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 麦の苦旨みに米麹の甘みを秘める... 別府“コップ酒”の原風景・・・... >>