iichiko考・・・焼酎界のガリバーと揶揄される三和酒類の今
三和酒類さんといえば・・・「いいちこ」・・・国内の乙類焼酎の販売量20%を占める“酒造企業”です。そう、すでに“蔵元”というイメージでは語れません。

c0001578_20582058.jpg今年の1月4日、三和酒類さんが大分県の県立総合文化センター「オアシスひろば21」のネーミングライツ(命名権)を5千万で5年間買い取るという発表・・・翌日の地元新聞一面にも大きく報道されました。私はこれが・・・吉と出るか、凶と出るか・・・が気になっています。

今となっては・・・多くの方が・・・このナショナル・ブランドとなった「iichiko」の味わいを"ダレ焼酎"のようにおっしゃる・・・ほんとに、そうなんでしょうかね。





注)・・・ここに書くのは、あくまで私的な思い込みであり、憶測と酔っ払いの放談です。私は、焼酎の酒造企業や蔵元の方を見かけたり、講演を聞いたことはありますが、直接お会いしたこともなければ、話したこともありません。ですから、単なるフツーの地元焼酎愛飲家である私(酎州大分)が、読んだり、聞いたりしたことに基づいて、勝手に書くものであることをご承知おきください。

飲んだくれ時事放談:その1・・・三和ブルース

■ネーミングライツ(命名権)取得で感じたこと・・・
 なぜ?三和酒類さんは、ネーミングライツ(命名権)取得したんでしょうかねぇ。憶測ですが・・・県に頼まれたんじゃないでしょうか・・・進出企業ではない地場製造業としての三和酒類は地域の名士たる優良企業です。出過ぎず・・・本業で誠実に努力している紳士的な経営姿勢に魅力を感じていた一人ですから・・・本当は、ネーミングライツなんていう「でっかくなったぞ~わしらも一流企業じゃ~」的に映るような権力的な誇示広告はしたくないのではと思っています。
 また、地元では二階堂酒造さんの『二階堂』がシェア1位、三和酒類さんの『いいちこ』はそれに後塵を配す格好となっていますので、地元での販促戦略の一環かという見方もできるでしょうが・・・私には、地元でシェアを取りたいという戦略には思えないのです。
 というのも・・・写真にも出てた西会長は、どこかで一度パネラーか講演者としてお話されていたのを聴講したことがあったのですが、非常に温厚な頭の低い方で、お話されてたことも“地元との共存”のようなことだったと記憶しています。蔵元というよりも酒造企業となった会社のトップではありますが、現在は押しのけて競争に勝とうという戦略ではなく・・・酒販店やエンドドランカーへの信頼に応えるためにはどうしたらよいかということが実を結んで結果として大きくなってしまった。大きくなったら、なったなりに地元でも期待されるし、いろんな声がかかるようになって、今回も・・・「採算よりも・・・大分のために・・・」という風に私には見えるんですが・・・「皆さんに大きくしていただきました・・・大分の文化施設の困窮を救えるお手伝いができることがこれまでの恩返し・・・」というのが今回のニュアンスではないかと・・・。
 それにしても・・・ネーミングライツで金をつくろうとする県の節操のなさの方が・・・いただけませんね。文化理解度と成熟度も経済効率の前に平伏した施策のように思えてなりません。
 まあ、確かに・・・甲類の牙城でもあります大分の土地柄ですから“○楽文化センター”なんて名称になっちゃうくらいなら・・・こちらの方が地元は喜ばしいのですが。本業の中でも、地域文化や風土の魅力を守り継承する地道な活動もしている企業ですから、賛否両論ありましょうが・・・『iichiko総合文化センター』・・・ハードやネーミングだけではない・・・いいちこのカルチャーイメージをソフト面でも盛り上げてほしいですね。

■ナショナル・ブランドは一夜にしてならず・・・
 私は、この20年近く・・・何の疑問もなく、『いいちこ』や『二階堂』をいただいてきました。歴史的には、今から30年ほど前の昭和40年代にはじまった大分の麦焼酎ですが・・・ナショナル・ブランドとなるまでの成立の経緯を垣間見ると・・・そこに到るまでの苦労が・・・現在の味わいを造っていると思えるのです。
 その経緯を窺わせる記事が『焼酎楽園』VOL.15のp40-41に三和酒類の熊埜御堂社長へのインタビュー記事に見ることができます。
---(概略)
 宇佐地区の小さな蔵元3社が共同瓶詰め会社を設立したのが発端で、その後また1社が加わり協業企業の合併を経て三和酒類が設立。
 麦・麦麹の麦100%の飲みやすいドライ淡麗な麦焼酎を二階堂酒造で1974年麦焼酎『二階堂』製品化、減圧蒸留、新たな濾過法なども相まってこれまでにない酒質を実現、三和酒類も1979年『いいちこ』で参入。その後、全麹造りを研究し、1989年には砂糖添加から脱却。その間に自らの焼酎造りの基本を「少し飲んで、やさしい酔いで、長く飲んでください」と・・・
---
 同時に、二階堂酒造の経緯も、少しばかりですが月刊地域づくり'97年09月号に記載されています。
 一方で、二階堂酒造も福岡の蔵元との大分・福岡営業合戦
イオン交換濾過に関しては、宮崎の柳田酒造蔵元の兄(東京農大名誉教授)がイオン交換を研究していたものを採用した焼酎を商品化。その話を聞いて真っ先に泊りがけで勉強した蔵が二階堂さんだったとのこと。(しょちくれケンちゃんこと・・・けんじさんからお教えいただきました。)

今でこそ、大手酒造企業となった蔵元ですが、当時は小さな蔵元の苦労と努力であったという事実は、再認識されて良いのではないでしょうか。一夜にしてならずということを・・・。

■桶売りと桶買いの必然性
 鹿児島から大分の大手が桶買いしている・・・よく耳にしますし、事実ですね。
 一方で、桶売りしている鹿児島の蔵元はそれによって、困っていることもあり、助かっていることもありだと言うのも事実です。
 その辺の経緯は、焼酎台帳-うぇぶよみもの-リレーインタービューの中で、河内源一郎商店社長宇都酒造株式会社代表取締役薩摩酒造株式会社常務取締役らが自らの思いとして述べられています。

 このような経緯を、私なりに紐どきますと・・・
 過去の麦焼酎の本格焼酎ブームは・・・小さな蔵元同士の切磋琢磨からはじまって、その蔵元同士で競い合って、助け合ってきた・・・その過程で・・・焼酎の普及が全国に広まり・・・味わいが一辺倒になりがちという焼酎文化のカウンターカルチャーが・・・新たに求めた小さな蔵元の味わい・・・に繋がっていったと思えてなりません。
 私は、桶売りと桶買いには、あの時代を互いにつくり上げて乗り切ってきたという互いの自負があったと思えるし、それが当時の必然性であったと考えています。

■三和酒類さんへのエール
 小さな蔵元も、大手も同じだと思うんですが・・・苦労した創業期を知る第一世代がいなくなったあとのことまで考え、三和酒類という企業は何をめざしてどのような酒造メーカーになるかを確固たるモノにしておく未来予想図を描き始めてるような気がします。
 味わいは飲みなれたためにいろいろ嗜好がありますが、焼酎一銘柄であそこまでなれたのは・・・技術力、生産品質管理や鹿児島の蔵元との関係の構築などの作る側の苦労と営業努力、物流確保、販促努力などの売る側の苦労と、しかしアルコールである以上社会への影響を考えた楽しい暮らしに必要とされるあまり出過ぎず意識してもらえる企業姿勢とCMイメージの定着の苦労と・・・が非常に上手くまわらないとああなれるわけがないと思っています。
 これまで築き上げてきた「少し飲んで、やさしい酔いで、長く飲んでください」を誠実に実行できる企業姿勢を貫いていただきたいものです。
 一方で、三和酒類さんも大衆(コンシュマー)から顧客(カスタマー)に転換する戦略も考えなくてはならない時期であるのではないでしょうかね。量的拡大の限界の中で、小さな蔵元が醸す手づくりの味わいとは違った技術力と評される酒造企業が醸す新たな味わいの質と幅の広がり・・・そのテストマーケティングが・・・日田蒸留所であり、今年発売する常圧蒸留の製品かと・・・。
 この次なる壁をどう越えるかを楽しみに・・・その味わいを晩酌で味わいえる日々を夢見ながら・・・
by project-beppin | 2005-01-15 17:42 | 焼酎文化考 | Comments(18)
Commented by gobra53 at 2005-01-16 00:47 x
連日お邪魔いたします。
今の焼酎ブームを支えたのは、ある部分では白波・二階堂・いいちこ・雲海・・・の営業努力かなと思います。
「いいちこ」が結果としてネーミングライツを持てるまでになったのは、それはそれとしてとも思います。
私は名古屋に住んでしますが、以前は「白波」しか置いてありませんでしたが、焼酎ブームのおかげか、昨日は、「さつま大海」と「海」を会社の前の酒屋さんで入手できました。有難い事に普通の価格でした。
Commented by 酎州大分 at 2005-01-16 11:59 x
『いいちこ』よりも・・・とか、『白波』よりも・・・と
焼酎のスタンダードになって誰にでもわかる銘柄の味わいであることは、
尊重されるべきではないかと・・・その貢献あってこその焼酎ブーム。

全国的には(九州の一部も含めて・・・ほんの30年前は・・・
ほとんど誰も焼酎を酒宴でも晩酌でも飲んでいなかったのに、
それを売り歩いた蔵元や、酒販卸、扱った酒屋、飲食店、注文した客・・・
この流れを作り出し、
その方々が皆よろこぶ品質と価格と安定供給と味わいの欲求に応えていくことを
怠らないという・・・当たり前にみえて、難しいことだと思います。

小さな蔵元同様に・・・大手といわれる酒造メーカーにも賛美を贈りたく存じます。
Commented by けんじ at 2005-01-16 15:49 x
酎州さん。同感です。
私も雲海、霧島、神楽の営業努力が宮崎焼酎を広めたと確信しておりますし、人吉の寿福さんが「白岳」が球磨焼酎を引っ張った。とおっしゃられてますしね。

Commented by けんじ at 2005-01-16 15:52 x
ただ、一つ
あまりにも大手銘柄の寡占になって小さな蔵元が共存できなくなってきた(兼八もしかりですね)
宣伝力が違うので、小さな蔵元(旨いところ、努力されてるところ)を応援する気持ちはあります。

これは大手を賛美する気持ちと矛盾しないと思うのです。
Commented by 酎州大分 at 2005-01-16 20:56 x
痛いほどわかります、けんじさんのその気持ち。(他の皆なんも含めて・・・)
ただ、旨いとこ、努力されているところは大手ガリバーと揶揄されるところも同じではないかと・・・
昨今の焼酎ブームを疑問に思うことがありましたもんですから・・・
逆説の焼酎蔵史を紐どきたかった・・・というのが私の主旨です。

私は、大手を賛美しているのではなく・・・大手も悪しきだけではないというスタンスでした。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2005-01-17 00:33 x
酎州大分さんのおかげで、再度「いいちこ」を見直しました。わたしが出会った焼酎は順に「三楽」「霧島」「白波」「おはら」「小鶴」「無敵」・・・・・・・「いいちこ」「二階堂」です。

いまのプレミア焼酎のように、一時期「いいちこ」が大ブレイク。その頃、時を同じく「チュウハイ」「ホッピー」ブーム。東京から全国に伝播。この頃の焼酎は「甲類」全盛。会社の先輩のチュウハイ通が居酒屋で、ジョッキと炭酸をもらい、乙類焼酎で割っていました。「もったいないじゃあないですか、邪道ですよ」というと。いやあ「乙類」が旨いのでこのほうがいい、と。当然この当時の関西の居酒屋で手にいるのは「いいちこ」と「白波」。どちらがチュウハイ向きかは一目瞭然。その当時の「いいちこ」人気は「乙類焼」というより、「チュウハイに割る甲類のかわり」くらいの位置づけだったのではないかと、思います。これだけ「個性的で旨い」焼酎が出回ったこれからが「いいちこ」の真価が問われる時代になるでしょう。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2005-01-17 00:38 x
(続き)

こと、日本酒の場合、大手の味は「それなり」。ですが、味でなく「安く酔える」酒を造る使命があります。わたしのライフワークの立ち呑みは、この大手の「それなり」安酒がないと、崩壊。個人的には一方で「大吟醸」命。
まさに「飲み手とは勝手なもの」

「いいちこ」は、焼酎ブームの先鞭をつける、大変大きな功労蔵だとおもいます。小さな蔵は感謝して余りあるともいえます。日本酒の大手に比べ焼酎の大手は「きわめて質のいい」造りをしていると思います。

でも酎州大分さん、「壱岐麦」はどんな風にでるのでしょうかねえ。「大分麦」の先輩格。
Commented by 酎州大分 at 2005-01-17 01:53 x
壱岐焼酎も素晴しい焼酎ですよ、立ち呑みHAKUDOUさん!
私は、決して他の焼酎を不味いと思っていません。
7-8年前、職場旅行で唐津から壱岐へ・・・民宿での旨い魚、雲丹、鍋で舌鼓。そして壱岐焼酎のまろやかで甘い味わいを堪能。旨い焼酎は壱岐も同じ。嗜好は・・・今となっては、竹田の熊谷さんの「岡城」にも旨さを感じるし、あの味わいとはまた違ったまろやかさも感じる。
個々の蔵元、味わいをどれも愉しみたい。
 ただ、今は大分の焼酎偏愛・・・少なくとも各蔵元の一銘柄以上を飲んで、その銘柄と味わいを伝えたいとの思いでこのブログをはじめたのが今であります。
 地元を飲み各蔵の味わいを知るを楽しみに、皆様方との交流から教わることをまた楽しみとしているところです。壱岐焼酎にも幸あれでありまする。
Commented by 通りすがり at 2005-01-17 11:27 x
私は大分県とは近い所に住んでいますが、風土などは似ているかもしれません。ところで「あそこ」では、いろいろと意見を出させていただきました。時々焼酎特集本などを買って見ますが、その道の「プロ」みたいな人達が登場し、評価などをしていますので、ついあのような意見になりました。「自分の思い入れのある銘柄が出ていない」ではありません。(笑)
そのあたりを皆さんに理解していただかないと、自分の意図とする考えが違う方向に・・・です(^_^;)。賛同してくれる人はあまり・・・
文章ってなかなか難しい・・・ですね。
それと以前関東に住んでいたとき、居酒屋でウーロン割が大ブレイクしましたが、その時の焼酎は「いいちこ」「二階堂」が圧倒的に多かったですね。今でもそうだと思います。
私の地域の居酒屋や自宅で飲まれているのは、芋焼酎が圧倒的に多いですね。芋北上という感じです。
ここらで造られるのは全て穀類焼酎ですけど・・・
ハンドルネームを変えてまたおじゃまします。
Commented by ニュートラル at 2005-01-17 12:03 x
酎州さんのブログは大分の麦酎から地元の美味しいもの、施設のネーミングライツまで幅広いですね。

さて、「いいちこ」さん私は何も悪いイメージなどありません。
「二階堂」さんと双璧(今は全然三和さんの方が上ですね)で麦酎を広めた功績は大きいと思います。
実際、甲類焼酎の最後の聖地ホッカイドウでも「いいちこ」のCMはよく見ます。
それに加えて、何処にでも置いていますから、金儲け主義に見たくなる人はいるのかも知れません。
麦を語る場になかなか出てきませんが、作っているものも美味しいと思います。
飲む機会は少ないですが、それは避けているのではなく、何時でも、何処ででも飲めるからでしょうか。
どうしても、小さい蔵のものや、稀少なものを飲みたくなりますものね。

Commented by ニュートラル at 2005-01-17 12:03 x
ただ、ネーミングライツで売り上げにそれだけの効果が出るかは疑問ですね。
酎州さんの仰るとおり、日本酒、ワインまで造っている大企業です。
文化的なトコに寄付するとか、そのような施設を作るとか、何処かのスポンサーになるとかの方が良いような気がしますね。
企業は消費者へ利益を還元するものだと私は考えていますので、そのようなやり方の方が良いのかなと。

私も地元でもありませんし、やっているのかも知れませんけど。
それならいっそのこと、東京の施設のネーミングライツの方が良いのかな?

いいですね~そんな大きな企業があって、ホッカイドウには・・・。
そう言えば、去年の大分の高額納税者、上位は全て「三和酒類」さんの役員さんでしたよね。
Commented by 酎州大分 at 2005-01-17 21:18 x
通りすがりさん・・・「あそこ」では、ちょっと私も偏愛妄信でありました(笑)。でも、ああやって、偏愛者どおし盛り上がるのも、たまには良いかも・・・皆さん良い方ばかりです。私は、大分の麦焼酎の偏愛を邁進しないとね。

ニュートラルさん・・・私も、ここのところ晩酌で「いいちこ」と「二階堂」は飲んでおりません(笑)。昨日も、新年会に出席したのですが、やはりおっしゃるように、外ではどちらかが主流ですもの。小さな蔵元の麦焼酎にも惚れております。三和酒類さんの役員は、高額納税者なんですね。それ聞くと・・・上記の放談もグラつきます・・・(笑)。いやいや、まじめな会社だと思います。
Commented by 通りすがり at 2005-01-17 23:06 x
ハンドルネームを変えなくてごめんなさい。今回かぎりで・・
だれかが話しを引っ張らないとね・・盛り上がりに欠ける。(笑)
いろんな人達が登場して来て有意義でした。
ただ私と同じような意見を持った人が現れないかと期待したのだが・・(爆
「ハイあなたの言うことは正しい」ばかりでは、人生面白くないですよね。
本当にそう思っているの?と思うと不気味になります。
もっとも最近は書き込みを控えていますがね・・(笑)
話題作りは大変ですが、面白い。
いただくご意見が辛口コメントでも、慣れていますので ハイ。
文字数制限があるみたいなのでこのへんで・・・
大分麦焼酎のさらなる発展を願います。
Commented by 「あそこ」のけんじ at 2005-01-18 02:38 x
「あそこ」のけんじであります。
通りすがりさん大変盛り上げていただきありがとうごじました。
ところで、最後の書き込みの時、酒に酔ってませんでした?(爆

酒に酔っている通りすがりさんを、隣で目撃した事があるので(爆
Commented by けんじ at 2005-01-18 02:39 x
>だれかが話しを引っ張らないとね・・盛り上がりに欠ける。(笑)

あら、私の板は盛り上がりにかけておりましたか・・・・(爆 反省いたします。
Commented by けんじ at 2005-01-18 02:49 x
>鹿児島から大分の大手が桶買いしている・・・よく耳にしますし、事実で>すね。
> 一方で、桶売りしている鹿児島の蔵元はそれによって、困っていることもあり、助かっていることもありだと言うのも事実です

鹿児島の焼酎蔵(特に小規模蔵)にとっては大分様様です。
大分の2大メジャーが鹿児島の麦焼酎をタンクで買ってなかったら、間違いなく今の半分に蔵は淘汰されていたでしょう。
という事は、現在の焼酎ブームもない。

鹿児島の焼酎蔵は大分に足を向けて寝られないといいます(本当に)

PS 通りすがりさん また、いむらさんの会で飲みましょう(爆
Commented by 昔の名前で出ています at 2005-01-18 09:29 x
ええ、最後の方の書き込みは、新年会の後に書き込みまして酔っぱらっていました。(^_^;)
文がおかしくなったら、酔っぱらって書いたと思って間違いないかと(爆
外で飲むときにはなるべくチャンポンにしないように・・・
ああところでけんじさんのHPはにぎやかで盛り上がりがあってすごい。
最近は酒以外を話題としたHPにも書き込みをしているもので・・・(笑)
今度は「記憶喪失」の無いよう、けんじさんと飲みたいものです。(爆
ところで新しいハンドルネームを考えねば・・・

        通りすがり
Commented by tatinomi2 at 2011-04-21 06:44
酎州大分さん
先日「なしか!まつり」に初めて行きました。
なかなかの素晴らしさ!御手洗でも呑みました。
またの雨月庵、お会いしたいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 黒麹のキレと甘旨さ・・・「麦香... コテコテの“豚骨”・・・大砲「... >>