別府ラプソディー・・・湯の街の夜景
鶴見岳の雪も消えませんね・・・寒波が居座った感じ・・・日曜日でしたが先ほど帰り着きました・・・“師走”という実感が出てきて・・・あと、今年も残すところ3週間となっちゃいましたね・・・。
c0001578_23163791.jpg
別府湾S.A.から・・・眺めた別府の夜景・・・週末は“忘年会”・・・別府の飲食店も色街も、賑わう人出で・・・湯の街に活気が蘇ります。

居酒屋の兄さんも・・・スナックの姐さんも・・・客引きのオイちゃんも・・・忙しそうに笑顔ですれ違う街・・・。
路地裏の“暖簾”を潜る仲間連れ・・・歓楽街の“ネオン”の下で交じり合う人影・・・あぁ~、夜の湯の街・・・楽しみ方を知っている輩には・・・不思議な魅力がある街です・・・。

今週末が“忘年会”のピークで・・・再来週には“12月の花火”・・・昨年も楽しませてもらった“べっぷクリスマスHANABIファンタジア”・・・。

華やかに年の瀬を楽しみましょう・・・“別府ラプソディー”・・・。

♪ 楽し都 恋の都
    夢のパラダイスよ 花の別ぇ府ぅ~ ♪ (藤山一郎:東京ラプソディー・・・の替え歌)
by project-beppin | 2005-12-11 23:25 | 大分の風土・行楽 | Comments(8)
Commented by You at 2005-12-12 12:33 x
いやーーっ、夜景が綺麗ですねぇ・・・・・

 先月も由布院を過ぎて、高速道路が右に大きく迂回したら、突然目の前にきらきらと光る物が・・・・・・なななーーんと別府湾が!
 ほんと、別府SAからの眺めはお薦めですよねぇ。ここから見る花火は多分綺麗なのでしょうねぇ・・・・・

以上
Commented by 酎州大分 at 2005-12-12 22:48 x
Youさん・・・どうも・・・別府湾S.A.からの夜景・・・そうです、空気が澄んでいる冬は、特に綺麗ですね・・・大分市のコンビナートまで瞬くように光り輝いています・・・。
しかし、このS.A.はこんな澄んだ空気の日に限って・・・風が強く、悴む寒さ・・・早々、退散・・・。

花火・・・音楽とシンクロする打ち上げ花火や仕掛け花火を・・・真下で見上げるのも迫力ですが・・・ここから遠くの花火を・・・肩寄せ合って見るのも好いかもしれません・・・二人っきりになりたい衝動にかられる時代の話ですが・・・(笑)。

そんな時でも・・・たぶん私の脳裏には・・・熱燗の焼酎ワンカップが恋しいなぁ~・・・なんて、想いが浮かぶもんですから・・・いけません・・・(笑)。
Commented by のり at 2005-12-13 09:48 x
私も出張から帰る際に別府SAへ良く立ち寄ります。
冬の季節は空気が澄んでいて夜景がより綺麗に見えますよね。
と言いつつ、久家さんの竹宵原酒を飲んでいます!
40度は効きますね・・・。
Commented by NED-WLT at 2005-12-13 15:27
今年も、もう、あと残すところ3週間なのですね。何だか、早いなぁ・・・。夜景も素敵ですね。写真に愛がこもっています。この街なんだー!みたいな感じです。
Commented by たれぴょん at 2005-12-14 12:53 x
はじめまして、たれぴょんと申しますm(__)m以前の日記の「別府潮彩屋」でこちらを知り、以来実はこっそりお邪魔しております。
私、別府出身でして、こちらの日記にて懐かしさと新たな発見を味わい、毎回楽しませて頂いております。

別府湾S.A.、私がいた頃は高速道路自体存在せず、夜景のスポットと言えば十文字原でしたね~。といっても夜景は綺麗だけれど周りの雰囲気はちょっとな・・・(・・;)という感じでしたが。
先月帰省したのですが、その際も宿(鉄輪)からの夜景が美しく、わが故郷はなんて良い所なんだろうと今更ながら嬉しくなってしまいました。大分市のコンビナートが明るいと感じたのですが、以前のような勢いを取り戻しつつあるのでしょうか・・・。だとしたら嬉しい限りです。

さて、主人が焼酎好きで、地元の情報のみならず焼酎情報も大変参考になっております(私は下戸)。杜谷にはまって以来、ぶんご名醸の物が中心となっておりますが、こちらによるとどうやら「ドライ○○タイプ」が好みのようなので、少しずつ開拓していく予定です。

長々と失礼致しました。これからも寄らせていただくと思いますので、宜しくお願い致します。
Commented by 酎州大分 at 2005-12-15 02:18 x
のりさん・・・どうも!
まさか・・・コメント投稿時に早くも飲んでたんですかぁ?・・・(笑)。

おう、またまた・・・久家本店の原酒ですなぁ・・・竹宵原酒と・・・常蔵原酒と・・・どちらがどういう味わいなのか・・・そのうち教えてください・・・。

私は・・・店頭で竹宵原酒に出会ったことがないもので・・・。
Commented by 酎州大分 at 2005-12-15 02:22 x
NED-WLTさん・・・早いですねぇ~・・・。
>この街なんだぁ~・・・!!!!
そう、この街です・・・良くも悪くも、私を“ほろ酔い気分”にさせてくれるのは・・・(笑)。

わが町に魅力を感じない輩には・・・なれませんので、このブログやってまふぅ~・・・。
Commented by 酎州大分 at 2005-12-15 02:32 x
たれぴょんさん・・・こちらこそ!ご訪問ありがとうございます・・・。
郷里の別府・・・日増しに・・・新たな顔も新登場・・・(笑)。
十文字原・・・高速よりあちらの眺めが・・・私も好きですが・・・たむろしている方々の邪魔にならないようにと、邪魔されないようにが・・・気を使いますね・・・(笑)。

大分のコンビナート・・・新産都の雄は・・・地道に堅実に推移していますよ!・・・(たぶん)・・・ご安心くださいという意味をこめて輝いているのだと・・・思っておきましょう。

ご主人・・・「杜谷」ですかぁ~・・・あの香りと何んともフローラルな味わいは・・・いいですよねぇ・・・私は断然、夏のロックに向いてる麦焼酎だと思いますよ・・・。

私の拙文がお役に立つかどうかは自信がありませんが・・・機会がありますれば・・・また、ご訪問とコメント・・・こちらからもよろしくお願いしま~す・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 中和した麹甘みが潜む・・・「久三郎」 “アツアツ”石焼カレー・・・「... >>