臼杵探訪(その1):臼杵城址と八町大路
“忘年会”を兼ねて・・・臼杵市に行ってきました・・・。秋の“竹宵”には行けなかったので、心残りだったのですが・・・今回は、街並み散策からはじまり・・・臼杵ならではの“美酒美食”・・・ゆっくり“臼杵の魅力”を堪能しました・・・。一度では・・・語り尽くせぬその“魅力”を・・・少しずつご紹介いたします・・・。

c0001578_303622.jpg戦国時代・・・“豊後の覇王”である南蛮大名“大友宗麟”が築城した「臼杵城」・・・今では、市街地の中心に位置し“臼杵公園”として親しまれていますが・・・築城当時は丹生島(にゅうじま)という臼杵湾の島そのものを城とした“海城”であったとか・・・。その後、江戸時代を通じて稲葉氏の居城として栄えた臼杵・・・今のような街並みはその頃に生まれたと・・・。

また、2002年に上映された映画「なごり雪」も・・・ここ臼杵が舞台となっています・・・。
フォークグループ“かぐや姫”のメンバーであった伊勢正三氏が作詞作曲し、イルカが歌ってヒットした曲「なごり雪」をイメージモチーフにして・・・大林宣彦監督がフィルムに焼き付けたかったもの・・・この臼杵の街並みのもつ“情緒”の中に見つけることができるかもしれませんよ・・・。




c0001578_305032.jpgその街並みの一角に再整備を進めているのが・・・「八町大路」・・・一昔前はアーケード商店街だったのですが・・・今では、臼杵市の街並み散策の起点となる商家の風情を再現した観光スポットとなっています・・・。

c0001578_17362775.jpg八町大路にあった工芸品ギャラリー“来福堂”・・・洒落たセンスの小物や額物・・・オリジナルの筆書きイラストが和風な面白い店です・・・。

c0001578_1728258.jpg

c0001578_17311621.jpg

c0001578_1737039.jpg

c0001578_311948.jpg 八町大路にある中心的施設「サーラ・デ・うすき」・・・市民ギャラリーや観光情報スポットとしての多目的交流施設ですね。

c0001578_17233131.jpg施設内には南蛮コーナーがあり、南蛮文化の歴史を知ることができます。

c0001578_17375828.jpg

c0001578_17381828.jpg

c0001578_1738324.jpg中庭の植え込みには・・・クリスマス飾りもありましたよ・・・。
by project-beppin | 2005-12-22 03:09 | 大分の風土・行楽 | Comments(10)
Commented by のり at 2005-12-22 11:13 x
私は臼杵に仕事でちょくちょく行っておりますがプライベートでは無いですね・・・。
掲載写真のようなところがあることも知りませんでした・・・。
今度は家族でゆっくりと町並みを散策してみたい物です。
帰りは満寿屋で試飲など・・・!
そういえば、今朝の合○新聞に「唐変木」発売の記事が掲載されておりました。
Commented by You at 2005-12-22 12:27 x
おおっ、「なごり雪」・・・・・・・懐かしい・・・・

 私は、モロフォーク世代なので、学園際でギター一本で弾き語りをしたのを想いだしました・・・・・
 あの頃は正やんの唄も良く、「かぐや姫」の4thアルバム「3階建の詩(でしたっけ?)」のコピーを飽きもせずに繰り返していました。
 そうか、映画はここが舞台でしたか・・・・・・是非行って見たいですねぇ・・・

以上
Commented by 散歩の変人 at 2005-12-22 18:28 x
 こんばんは。二度訪れたのですが、臼杵にはぞっこん惚れこんでしまいました。記事を拝見してまた血沸き肉踊る想いです。臼杵の様々な顔を紹介してください、楽しみにしています。
Commented by syotikure at 2005-12-22 21:06
臼杵、いいですよね~。
私が行った時は、古い町並みの中をブラブラし、なんだか和んでしまった事を思い出します。
以前にも書き込みしたかもしれませんが、中州の中にそびえるフンドーキン工場を見た時は、思いっきりデジャブに陥ってしまいました(笑。
前世は臼杵にいたに違いないと(笑。
「ほげほっぽ」に出会ったのも臼杵でした。
また訪れてみたい街です。
Commented by 酎州大分 at 2005-12-22 23:20 x
のりさん・・・臼杵の街並み散策・・・私も仕事の時は全く門外漢だったのですが・・・八町大路の市営第二駐車場に車を止めれば・・・いいですなぁ・・・。
おお!満寿屋・・・のりさんは、私以上に一の井手ふりーくですなぁ・・・(笑)。
ここから近いという位置関係も・・・今回はじめて知りました・・・野上弥生子記念館の前が・・・久家の大蔵の後姿だったということも・・・。

「唐変木」・・・去年飲みました・・・今年も飲みたいですよ・・・また、佐伯詣でしたくなります・・・(笑)。
Commented by 酎州大分 at 2005-12-22 23:34 x
Youさん・・・そうです、正やんもこうせつと同じく大分出身・・・私も中学生の頃に・・・です・・・。
どちらかと言うと・・・正やんは“風”の方が・・・記憶にあるという世代ですが・・・「なごり雪」は、確かに青春の名曲です・・・その映画自体を見ていない私には、ストーリーの情景と挿入歌とのシンクロに涙した経験がないのでこれ以上映画のことは語れないのですが・・・今をトキメク・・・あの長澤ますみも出演していたということを知って・・・DVDを借りてこようと思った次第・・・。
いやいや・・・正やんの挿入歌が聞きたいからですよ・・・(笑)。
Commented by 酎州大分 at 2005-12-22 23:38 x
散歩の変人さん・・・はじめまして、ようこそ・・・。
臼杵・・・いい町ですよね・・・派手さがなく、優しい笑顔の町といった感じ・・・貴殿ほど惚れた視点ではないですが、私なりに堪能した臼杵を・・・追って・・・ご期待に副えるかどうか・・・不安ですが・・・。
Commented by 酎州大分 at 2005-12-22 23:44 x
ショチクレさん・・・いいです“大好き臼杵”ってコピーでいかがでしょう・・・(笑)。
この町こそ・・・東九州の“大人の昭和の町”と言った感じです・・・。
フンドーキンのあの商標が中洲にあるのが・・・ランドマークですよね。確かに、どこかにデジャブに陥ってしまいそうです・・・。

一の井手さんも・・・小手川さんも・・・もちろん伺いましたから・・・追って・・・
また、訪れてみたくなるかもしれませんよ・・・臼杵・・・。
Commented by hanak13 at 2005-12-24 15:10
こんにちは。下から2枚目は南蛮屏風ですか~?見ていて飽きない
絵柄ですね。こんな雰囲気の焼き物がありますが(有田焼き?)
何でも合いそうな絵です。
臼杵は一度も行った事がありませんが、色々楽しめそうな
町ですね。町並みも素敵です。いつか行きたい町。
フグも食べたい~~。
Commented by 酎州大分 at 2005-12-25 10:10 x
ゆうさん・・・南蛮屏風・・・レプリカですが臼杵らしい雰囲気がありますね・・・。
当時の異邦人への興味がこんな絵の中に凝縮されているんでしょう。

臼杵・・・“町並み”を残して素敵を再構築する・・・“食文化”も、フグをはじめ、郷土料理の宝庫、そしてお酒も・・・一度、ゆうさんのファインダーを通して見てほしい町です・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 臼杵探訪(その2):思いがけず... 新出張紀行(その5)/復路・・... >>