“原酒”麦焼酎・・・ガツン濃厚タイプの6銘柄
今年一年、私を魅了した麦焼酎の“ガツン濃厚 原酒”の銘柄をまとめてご紹介・・・
ここまで、飲み揃えると・・・大別した“ガツン濃厚タイプ”といっても・・・幅広い“個性がある味わい”であることがわかります・・・。
私は、“ショットグラス”で味わうことが多いのですが・・・ひとつとして、同じ風味ではないのですから・・・。

今年、最後のエントリーに・・・この原酒6銘柄“ラインアップ”を・・・以下。
皆さん・・・“酔い”お年を・・・。
c0001578_13235399.jpg

■「常圧 常蔵 原酒」(久家本店:臼杵市/常圧:麦・麦麹)35度
 ほのかでスウィートな芳ばしさに、甘みを伴って口中に広がるビターな苦芳ばしさの濃厚タイプ。鼻腔に抜けるビター・アロマが拡散して、痺れるフルボディー感も優しく秀逸な逸品。
■「ふしぎ屋 原酒」(藤居酒造:臼杵市/常圧:麦・麦麹)36度
 芳ばしくも甘く柔らかな香りに、舌先に響くビターな甘みが芳醇な濃厚タイプ。転がるようなバランスが秀逸で、ビター・ロースト感も素直に味わえる優品。
■「竹宵 原酒」(久家本店:臼杵市/常圧:麦・麦麹)40度
 甘い香りのロースト感に誘われる芳ばしい苦さと濃醇に重なる甘みの濃厚タイプ。心地よく主張するビターな刺激と鮮明に余韻を深めるフルボディー感の旨さが光る秀逸な優品。
■「為・ 原酒」(常徳屋酒造場:宇佐市/常圧:麦・麦麹)38度
 骨太なチョコ・ウェハース香と、複雑で芳醇な甘苦い旨みが先行する濃厚タイプ。馥郁たる香りとビターな旨味の残響を堪能する絶品。
■「甕貯蔵 泰明」(藤居醸造:豊後大野市/常圧:麦・麦麹)36度
 豊かなビター・チョコ・フレーバーに、スモーキーなホロ苦さと、その奥に重なる甘く円やかなコクをもつ濃厚タイプ。その福与かな口当たりとアルコール感の円熟した喉越しに柔らかく豊かな余韻を楽しむ秀逸な絶品。
■「原酒 兼八」(四ツ谷酒造:宇佐市/常圧:麦・麦麹)42度
 どこまでも深く甘い麦香、ホロ苦いコクの奥行き、アルコール感を越えて折り重なる味わいの濃厚タイプ。芳醇な口当たりと押寄せる味わいの余韻に感動すら覚える究極の原酒。
by project-beppin | 2005-12-30 13:37 | 晩酌焼酎(INDEX) | Comments(8)
Commented by You at 2006-01-02 20:44 x
おおっ・・・・憧れの原酒シリーズではないですか!

 大晦日は、最後の〆と言うことで「甕貯蔵 泰明(36度)」をグビグビと飲んで朝寝坊しました。角が取れて丸い味わいなのでつい飲みすぎてしまいました。

 それ以外では、「原酒 兼八」と「常蔵 原酒」を飲んだ事が有ります。どれも優れものです。

 遅れましたが、酎州大分さん、明けましておめでとう御座います。今年も宜しくお願い致します。

以上
Commented by tatinomi1 at 2006-01-02 22:10
酎州大分さん、あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。

いつもの帰省は出来ず。そのかわり十和田湖畔で
縄文感性を磨いてきました。
Commented by 酎州大分 at 2006-01-04 00:05 x
Youさん・・・おめでとうございます。

「甕貯蔵 泰明」・・・いいですよね・・・口あたりのバランスも優れもんですから・・・。
私は・・・正月三が日の御伴が・・・「常圧 常蔵 原酒」でした・・・清酒のお屠蘇も旨かったのですが・・・この麦焼酎のホロ苦い原酒も・・・焼酎屠蘇として、大活躍でしたョ。

今年もなにとぞ・・・よろしくお付き合いいただければ幸いです。
Commented by 酎州大分 at 2006-01-04 00:18 x
HAKUDOU師匠・・・おめでとうございます。
こちらこそ、昨年同様、よろしくお願いいたします。

見せてきただきました・・・東北の北方縄文もすばらしいですね。

私は・・・金比羅大権現で初詣・・・初釜うどんに琴平の清酒“金陵”
白味噌仕立ての雑煮・・・お屠蘇は越後佐渡の“天領盃”
そして・・・高杉晋作ら勤皇の志士も飲んだというもうひとつの地酒“凱陣”

と・・・清酒で過ごしながらも・・・「常圧 常蔵 原酒」のお湯割で仕上げるといった感じの・・・三が日でした。

神仏混淆の大権現・・・清(酒)焼(酎)混淆の文化も正しく広がる年となることを期待しています・・・酒の大権現となる大分県の本領が・・・発揮される飛躍の年になってほしいですね。
Commented by tatinomi1 at 2006-01-04 08:15
酎州大分さん、あけましておめでとうございます。

金比羅さんですか、素晴らしい。恥ずかしながら私、まだいったことはありません。是非行きたいところです。

おっしゃるとおり豊後の誇る国東、六郷満山の「神仏混淆」。異常な芋ブーム、しかも「金儲け・裏操作」のようなステージに踊らされている現状。落ち着いた後はそうですねえ。「清焼混淆」言い得て妙ですねえ。

●その点、久家本店はもう「清焼混淆」が完成していますねえ。どちらも最高レベル。さらに日本酒だけの我が「西の関」。焼酎だけの「とっぱい」や「無敵」。さらに焼酎業界の巨艦「三和酒類」。条件は整っています。

Commented by tatinomi1 at 2006-01-04 08:16


青森の旅で、山際先生の「おいしすぎてはいけない」の意がわかりました。青森の「桃川」、淡々と旨いが、それがどうした、という味わい。

でも、津軽の風土で飲めば「輝くような味になる」。

■「おいしすぎる味の設計」は、風土・文化からの離脱。離脱することにより「プレミア化」し、都会地の風土無縁の高級酒場で高値で売れる。

おいしすぎない味の設計、は「地元の酒飲みオイさん」を大切にする地縁文化の伝承装置。いまこれが「文化亡きマスコミ」などで壊されつつある。

流行に無縁、プレミアにも無縁。そんな「清焼混淆」の深き文化の花開きを祈念しましょう。間違いなく、花開きます。
Commented by 酎州大分 at 2006-01-05 18:44 x
HAKUDOU師匠・・・こんぴら大権現の“神仏混淆”と六郷満山の“神仏混淆”どちらもディープです・・・。神話から昇華してゆく地霊の文化的象徴の空間へアースダイブする感覚に陥ります・・・特にこの元旦深夜の初詣では・・・。

「清焼混淆」・・・兼業蔵が独自で行なうもよし、清酒と焼酎各々の専業蔵が二豊の酒文化の中で極めるながら高めるもよし・・・都会のブームもそれなりのひとつの評価ではありますが・・・地元では手に入らず、日頃は飲めないでは・・・地霊と風土の宿る“地の酒”ではなくなりますからね。

美味しすぎない“それがどうした、という味わい”・・・四国の琴平でも体験しました・・・清酒「金陵」と「凱陣」にその縮図があるようです・・・。
Commented by 酎州大分 at 2006-01-05 19:00 x
師匠・・・“初釜うどん”とともに飲んだのは・・・屠蘇より早い今年の酒初め「金陵」普通酒ワンカップ・・・このぬる燗が、この冷えた空気の中で飲めば・・・味わい深く染入る旨さがあり、されどこなれて旨すぎない・・・。

かたや、「凱陣」・・・地元の酒屋でもほとんど手に入らず・・・たまたま蔵元の前を通りかかって・・・元旦から店を開け自家売り・・・県外客や地元酒屋が5千円以上の吟醸、大吟醸などの「悦 凱陣」のみを買ってゆく光景・・・。
「上撰 凱陣」には目もくれないプレミア主義に閉口して・・・私はこれを飲みましたが・・・これは素直に癖のない清い旨さ・・・。

「金陵」を飲みなれた地元の者には・・・上品に映る味・・・。十分に地の酒の素質がある「上撰 凱陣」ながら・・・地元では苦戦もしくは地元に行き渡らずの構図・・・。
しかし・・・都会のプレミア評価がなければ・・・この「凱陣」消えていたかもと思うと・・・思いは複雑でした・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金比羅大権現の“賀正”・・・今... 臼杵探訪(その7):“磨崖仏”... >>