中津散策(その4):“絶景”に刻まれた“鑿跡”・・・競秀峰と青の洞門
中津の市街地から・・・旧三光村の八面山を越え・・・国道212号線を“山国川”に沿って遡るように、車を走らせると・・・旧本耶馬溪町へ入り・・・奇岩の幽玄峡の風景が眼前に広がります・・・。

c0001578_12344189.jpgそのひとつ・・・山国川に張り出すようにそそり立つ・・・「競秀峰」の絶景・・・。
その裾に・・・この岩場を“手鑿”で掘った250年前の隋道(トンネル)・・・「青の洞門」があります・・・。

「競秀峰」の絶景・・・頼山陽はこれらの風景を讃して・・・天下の絶景“耶馬渓”と命名し・・・絵に詩文をつけ『耶馬渓図巻記』を発表・・・。
その風景美の持論は・・・「山は水と呼応しなければ生気を帯びて迫ってこない。石は樹を配さなければ蒼い潤いは出ない。」と・・・。

「青の洞門」・・・菊池寛の代表的な短編小説『恩讐の彼方に』・・・その題材舞台として有名になったので・・・ご存知の方も多いのではないでしょうか・・・。

見るだけの者は、“絶景”と称しますが・・・ここで暮らす者には、“難所”と称される・・・そんな歴史を感じることができます・・・。




c0001578_12371391.jpg車道となっているトンネルの脇に・・・小さく開けられたその当時の石工の“手鑿隋道”が・・・「青の洞門」です・・・。

c0001578_1237404.jpg250年ほど前に禅海和尚が隧道開削の誓願を立て・・・当時の石工が“手鑿”で掘り、30年の歳月をかけて開通した342mの通行トンネル・・・今は、こうして歩道を散歩しながらくぐることができます。

c0001578_12382998.jpg禅海和尚・・・その“対価なき労働”の大儀は“衆生済度”・・・今に残るその“鑿跡”に触れながら・・・その偉業を偲ぶことができます・・・。

c0001578_12381468.jpg
西陽に照らされる「競秀峰」を・・・静かに映し込む“山国川”・・・。
by project-beppin | 2006-02-19 12:40 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
Commented by ショチクレ at 2006-02-20 00:00 x
一昨年訪れた事を思い出します。
紅葉のシーズンで、観光バスの団体さんやら
行楽の車で大渋滞でした(笑。

あまり有名ではありませんが、宮崎県の日之影町にも
三世代・百年以上かかって地域住民が掘り抜いた
用水路があります。
時間があったら、彫り抜くまでの人間ドラマを調べてみたいな
などと思っています。
Commented by 酎州大分 at 2006-02-20 22:31 x
ショチクレさん・・・紅葉シーズンは・・・やっぱり・・・(笑)。

頼山陽は・・・この地に12月に訪れてますね・・・紅葉の後ですが、それでも中国の絵画にある“山水画”の世界を見たという感動があったようですねぇ・・・。

日之影の用水路も“対価なき労働”・・・“公への奉仕”としての暮らしの苦悩を自ら子孫のために取り除く行為であったなら・・・すばらしい人間ドラマですよ・・・。
日之影に立ち寄った際には・・・見てみたいです・・・。
Commented by NED-WLT at 2006-02-21 02:20
素敵ですねぇ。オランダは、とっても平らで、こういう起伏が無いので、とても新鮮に映ります。広さがあって、フライ・フィッシング向きの川に見えます。ああー、キレイな水が流れる川に行きたくなってきましたよ。
Commented by 酎州大分 at 2006-02-21 04:01 x
NED-WLTさん・・・東洋的風景でしょうかね・・・この景色は・・・。

そうですねぇ・・・もう少し上流へ行けば・・・いいポイントがありますよ・・・。上流にダムがあるから・・・フライはこの川の支流が好いんじゃないかな?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 甘辛な“鯖の味噌煮”に、中庸な... 無垢な焼酎・・・6銘柄(その10) >>