中津散策(その6):“耶馬の三橋”のうち・・・耶馬渓橋
夕暮れの“古羅漢”を後にして・・・212号線を戻りかけると・・・山国川を跨ぐように風景に溶け込む日本一の“石橋”・・・「耶馬渓橋

c0001578_0302749.jpg何が日本一か?というと・・・石積式のアーチ橋が8連であることと・・・その長さが116mであること・・・。

オバちゃんが♪チリン・チリン♪とベルを鳴らしながら・・・この橋のたもとにあるパン屋さんに向かってやって来る・・・そんな光景に出会える・・・“今でも現役”の通行橋です・・・。離合はできないのですが・・・ちゃんと車も通行できます。

私にとっては・・・“本耶馬渓”のランドマーク・・・この橋を見ると・・・中津から“耶馬”にやって来たという気持ちになれるんです・・・。

耶馬の三橋”と呼ばれる・・・大正時代の“石匠”の構造美は・・・この「耶馬渓橋」の他に・・・近くの「羅漢寺橋」と・・・旧耶馬渓町にある「馬渓橋」・・・。

実は・・・九州こそ“石橋文化”の集積地・・・大分も知る人ぞ知る“石橋の宝庫”なんですよ・・・。つまり・・・“石橋フェチ”には・・・堪らないと思いますよ・・・(笑)。

また、いつの日か・・・この橋を見に来よっと・・・。
by project-beppin | 2006-02-22 00:31 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
Commented by icicle_popsicle at 2006-03-01 16:20
石橋!!レトロで・・・そして何とも言えない凛とした雰囲気があってすごくいいですねぇ。耶馬の三橋、残念ながらひとつも見たことがありません~。大分が石橋の数日本一というのも初耳だし(^^;。
↓の古羅漢の眺めも素敵!あぁぁ・・・行きたいところがいっぱいでウレシイ悲鳴をあげてます(笑)。
Commented by 酎州大分 at 2006-03-02 01:58 x
まぐさん・・・いいでしょ!・・・“耶馬の三橋”・・・私は断然、この橋がお気に入りなんですよ・・・。

この橋のたもとにある・・・地元の手づくり“パン屋”の“カレーパン”を頬張りながら・・・この橋を眺めて・・・川辺で日向ぼっこ・・・何もないけど“プチ萌ぇ~”・・・です(笑)。
昨年の秋に行った緒方町の“原尻の滝”周辺や竹田市にも多いし・・・安心院・院内も多いですよ・・・。
私も・・・いろいろ検索して調べているうちに・・・そんなこと知ることができたんですよ・・・日本一の石橋・・・“貴明”ではありませんが・・・近くの「青の洞門」は・・・確かに、“トンネルズ”です・・・(お粗末!)。

古羅漢・・・“プチ・プチ・インディー・ジョーンズ”気分でした・・・(笑)。
ホント・・・大分って言う土地は・・・この自然の風景に溶け込める“テーマパーク”ですよ・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ♪すぅこし白酒ぇ めされたかぁ... 中津散策(その5):古羅漢(ふ... >>