洒落た宴席で・・・「なかむら穣」
昨日、別府公園の“梅園”の後・・・午後の仕事を早めに片付けて・・・夕方からは、知人宅の“宴席”に参加しました・・・。

c0001578_22113612.jpg“現代の数奇屋人”的な“洒落人”である知人は・・・“海外に行ってきた報告会”と称して・・・その土産話を肴に・・・思い出の地の美味しいワインを抜いて・・・楽しく飲みましょうと・・・この宴を企画してくれました・・・。

ご家族と仲間が集まれば・・・テーブルの上には・・・竹の洒落た盛器に“刺身の盛り合せ”・・・豪華なテーブルを囲みます・・・。先ずは、ビールで・・・乾杯~!
その後は・・・思い出話も織り交ぜた美味しいイタリア・ワインも堪能しながら・・・各々、持ち寄ったビール、清酒、焼酎も一緒に・・・。

そんな“宴席”に声をかけていただいた私としては・・・芋焼酎が好きなこの知人への“とっておきの一本”を選んだつもりで・・・この芋焼酎“原酒”を持参しました・・・『なかむら穣』37°・・・。

もちろん、私もこれまで飲んだことのない芋焼酎でしたので・・・“お毒味”といいながら・・・“生”で飲んでみました・・・。

“ふわっ~”と柔らかくも鮮明な香りが宿る感じで匂い発つ甘い芳香・・・口に含んめば、重なりあう馥郁たる味わいの円やかさ・・・深く滑らかな“白麹”芋の奥行きと上質な甘旨さが・・・口あたりの優しさを損なわずに・・・鼻腔にも安らぎを与えるような気品のあるアロマとなって・・・広がるようです・・・。原酒にありがちなパンチの効いたアルコール感ではなく・・・“柔能く剛を制す”とはこのこと!・・・と思ってしまうほど・・・喉越しも、余韻も円やかさに包まれた清らかなアルコール感でした・・・。

いやいや、確かに旨いのですが・・・この日は“御呼ばれ”の“宴席”ですから・・・この味わい話は“野暮”というもの・・・。

■「なかむら穣」(中村酒造場:鹿児島県国分市/常圧:芋・米麹)37度

実は、この“宴席”は・・・これよりも“洒落た演出”と・・・さらに話題をさらった衝撃の“芋焼酎”がありました・・・(笑)。




c0001578_221228.jpg宴席のテーブルには・・・ご覧のとおり・・・竹の洒落た盛器に“刺身の盛り合せ”・・・この竹の盛器を作ったのは・・・この主宰した知人・・・。
私などは・・・こんな感性も創作力も持ち合わせていないもんですから・・・唯々、驚愕、瞠目・・・そして感嘆・・・。

その“刺身の盛り合せ”は・・・料理のプロが盛り付けたらしいのですが・・・その料理人からも「今度、この竹の器貸して・・・」と・・・依頼があったそうです・・・。


c0001578_2212285.jpgその上・・・示し合わせたように・・・“青竹のカッポ酒器”まで・・・揃いました・・・。

これは・・・集まった仲間のひとり(私の先輩)が・・・この日のために、自ら削った“青竹の杯”を持参したものでして・・・その“洒落人”心を持ち合わせている人同士の・・・この思いがけない取り合せの“妙”には・・・参りました・・・私など、足元にも及びません・・・。
(ちょっと見慣れない芋焼酎原酒を持ち込む程度じゃ・・・恥ずかしい限り・・・トホトホ・・・)

奥様お手製の“とりもつ”も・・・洒落た器に・・・

丸竹の留め棒のある棚には・・・お気に入りの焼酎も・・・


c0001578_22124241.jpgで・・・さすがの「なかむら穣」も霞んでしまう“芋焼酎”が・・・これです・・・自己酎ラベルの『もうりいいぞ』・・・(笑)。

謎に包まれた・・・芋と麦麹の焼酎だそうです・・・?(ブレンドか?・・・)
主宰した知人は「これを飲ませたかった!」と・・・この“宴席”のもうひとつの“サプライズ”がこれであったと・・・明かしたのです・・・。

さっそく・・・御相伴にあずかりまして・・・飲んでみました・・・。

な、なぁ~んとも言えぬ・・・麦苦臭さ(し、しっ失礼・・・)の奥に潜む芋の風味・・・和水してあるような水っぽさがあるんですが・・・アルコール感は薄れていて・・・飲み慣れてくると・・・このどこかにありそうで・・・絶対ないような・・・癖のある味わいの舌残りが・・・滋味な風貌を醸しているんですなぁ・・・これが・・・。

なぜか・・・比較対象となるものがこれまでにないような味わいで・・・旨いとは言えないのですが・・・不味いとも言えない・・・確かにこの日最高の“サプライズ”でした・・・(笑)。

結局、これを持ち出した知人は・・・「兼八にちょっと似ちょんやろ?」と・・・飲んだ私に問いただすのですが・・・
私も・・・「そりゃぁ~兼八に失礼やろぉ~」と返答しながら・・・飲み進むうちに「う~ん、似てる気もしてきた・・・」と・・・とうとう、味覚が麻痺してしまった次第です・・・旨く感じ始めたのですから・・・(笑)。

この後も・・・“鯛のアラのお澄まし”や“シーフード・スパゲティー”などをいただきながら・・・
楽しいひとときの会話を楽しんで・・・すっかり出来上がった私・・・。


c0001578_2213032.jpg冷たい空気にあたろうと・・・ベランダで一服していると・・・鉢植えの桃の木でしょうか・・・花の蕾を膨らませていました・・・。

ホント・・・話も料理も酒も・・・“洒落た宴席”を堪能させていただきました・・・ご馳走さまでした・・・。
by project-beppin | 2006-03-05 22:24 | 隣人の焼酎・泡盛 | Comments(2)
Commented by のり at 2006-03-06 09:04 x
見事な竹の器ですねぇ!
見た目でも楽しめますね。
先日、私ども娘の雛祭りとしょうして両家両親を招待して食事会を行いました。手っ取り早いので仕出しをチョイスしましたが、そこも器が凝っていてとても良かったです。
『もうりいいぞ』のラベルもナイスです。とてもシャレが効いていて楽しそうな飲み会ですね!
Commented by 酎州大分 at 2006-03-08 02:20 x
のりさん・・・どうも・・・リコメント遅くなり、スイマセン・・・。
好いですよね・・・この器・・・これ一発で“場の演出”充分ですから・・・。

のりさんも・・・ご両親を招待しての“宴席”でしたか・・・すばらしい!・・・私も、そんな器の凝った宴席がもちたいものですが・・・自宅で晩酌が似合ってるのかも・・・(笑)。

いやぁ~・・・才長けた方がホストなら・・・飲み会はその雰囲気になっちゃうと実感しました・・・ラベルも手描きですからね・・・もう参っちゃいましたョ・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “代替り”して受け継ぐ・・・大... “春の先取り”の光景・・・別府... >>