桜の山麓・・・鶴見岳公園さくらまつり
今年は、比較的長く楽しめた市街地の桜も“花散らしの雨”で・・・“散り初め”と“葉桜”です・・・。午前中に、雨が上がって・・・夕暮れ時に満開の桜を追いかけたくなりました・・・。

c0001578_22325744.jpg定時に職場を出て・・・鶴見岳へ・・・。“やまなみハイウェイ”を上ってゆくと・・・芽吹く萌緑とまだ枯木立の灰茶が混じる遠景の山腹に・・・淡く“真綿”を散りばめたような“山桜”の光景に出会えます・・・。

上りつめた頃には・・・陽もすっかり落ちて、闇へと向う薄暗さの中・・・白く“発光”するような満開の桜・・・“桜の山麓”・・・。

駐車場上の芝地から・・・上ってきた峪筋の向こうを見渡せば・・・“別府湾”の輝きが見えます・・・。

この山麓が“満開”ですから・・・“城島後楽園ゆうえんち”も“満開”でしょうね・・・これからは、さらに鶴見岳山頂(標高約1,300m)に向って・・・この“真綿”のような彩色が更に上ってゆきます・・・。

c0001578_22332277.jpg

別府ロープウェイ高原駅周辺の“鶴見岳公園”・・・さくらまつり開催中の幟・・・夜桜を眺めるバーベキュー宴会の準備をするレストラン従業員や・・・観光バスから降りて記念撮影する海外からのツアー客の面々・・・。

明日は暖かくなるそうですから・・・この満開の花の下・・・ビールも焼酎も・・・旨いでしょうねぇ~・・・。




c0001578_22333848.jpg

c0001578_22335285.jpg

c0001578_2234631.jpg
by project-beppin | 2006-04-11 22:35 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 「大福」焼酎考・・・全ては、こ... 瞠目の丼姿と驚愕の食べ応え・・... >>