澄みわたる“冷や”・・・清麗「千羽鶴 上撰」
この一週間・・・G.W.の旅と酒宴の“濃~い一日”を書き綴ってきました・・・。この間にも、“旅の思い出ワンカップ”で晩酌をしてましたから・・・それも少しずつ・・・。

c0001578_2253264.jpg5月7日(日)の夕食・・・“キッシュ”と“きのこソース豆腐ステーキ”・・・旨そうです・・・。

次の日からは・・・“通常仕事モード”ですから・・・軽く晩酌・・・清酒『千羽鶴 上撰』を“冷や”で・・・つまり、そのまんま・・・。

“普通酒 ワンカップ”ですから・・・冷蔵庫で冷やして飲むのは“愚の骨頂”・・・常温で“本領発揮”であって欲しいものです・・・。

“清々しさ”がやさしく宿る微香に・・・軽い口あたりから始まり・・・落ち着いた甘さにキレのいい“麗らかさ”があって・・・どちらかというと淡口の酒質・・・。

たぶん、私のイメージにある清酒の“原味覚”からすれば・・・淡麗な味わいですが・・・あの久住高原を渡る“爽風”を思い起こさせてくれるような・・・澄みわたる上品な味わいがあります・・・。これだけで・・・飲める感じ・・・。




c0001578_2255922.jpg“キッシュ”・・・牛乳入り溶き卵に、ほうれん草と玉葱を入れて焼きながら、チーズをのっけて、ふんわり焼き上げるそうです・・・。

つまり“お好み焼き風卵焼き”・・・塩・胡椒とチーズの味付けですから・・・ちょっと、味がおとなしく・・・私は“山葵味噌”をアクセントに・・・。

これが・・・good job!・・・私の好みになりますた・・・(笑)。
by project-beppin | 2006-05-15 02:27 | 大分地霊の酒 ect. | Comments(4)
Commented by のり at 2006-05-15 12:05 x
濃いGWだったようで、お疲れ様でした!!
私は友達の結婚式やら、親戚集まりのGWBBQ(ゴールデンウィークバーベキュー)でビールばかり飲んでおりました・・・。
HAKUDOU師匠との酎ーリングは楽しそうでうらやましいです。
今度、私も家族で県内の酎ーリングにでも出かけてみます!
Commented by 酎州大分 at 2006-05-16 21:56 x
のりさん・・・今、思い起こしただけでも、この“酎ーリング”は良かったです。
難があるとすれば・・・廻ることとワンカップを買うことが目的化しすぎて・・・ゆっくり出来ないバタバタ道中となったこと・・・。確かに・・・少し“かい捲くり”でした・・・(笑)。

まあ、蔵元さんには・・・G.W.に現れた“かわったオヤジ二人組”に映ってたでしょうが・・・一見客にも皆、親切にご対応いただきましたので・・・蔵元の店で買うワンカップ・・・ありがたくいただいております・・・。

機会があれば・・・ご家族に“酒眼のおきどころが違う”とか“酎意”されない程度に・・・酎ーリング・・・を・・・(笑)。
ビールのように・・・“泡”てないでもいいですからね・・・(お粗末!)
Commented by tatinomi1 at 2006-05-16 22:49
酎州大分さん。いい旅でした。
蔵めぐり。

深みに入らず。淡々と味わう。
「ワンカップ」。

深みに嵌ると、「違う」こtもある。

◎酎州大分師、見識や、深し。

ええ、味わいでしたなあ。感謝です。
Commented by 酎州大分 at 2006-05-16 23:14 x
HAKUDOU師匠・・・深み入らずんば“虎子”を得ず・・・私は“虎子”無き味わいを楽しむ“民酒主義者”でありたいと・・・(笑)。

敢えて・・・そのような旅にお付き合いさせたようで・・・申し訳なく思っております・・・。

まだまだ・・・“真言”を説くには・・・修行が足りませぬ・・・。

しかし・・・懲りずに・・・次回も、“酎ーリング”・・・楽しみましょうぞ!師匠!・・・(笑)。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 軽快な“微甘淡麗”・・・「ぶん... キレのあるすっきりした飲み口・... >>