“大権現宮”の祈りの形・・・岩戸寺(上)
“文殊仙寺”から・・・町道の案内看板に随って山林を越え・・・“ため池”のある集落を抜けて・・・もうひとつの“古刹”に向います・・・。

c0001578_0484757.jpg石立山「岩戸寺」・・・国東六郷満山霊場 第26番札所 末山本寺・・・本尊は“薬師如来”・・・。

719年に“仁聞菩薩”の開基と伝えられ・・・神を祀る“鳥居”と仏を祭る“仁王”が一体化した“大権現宮”の参道風景・・・“神仏習合”の満山寺院の山寺形式がそのまま残っています・・・。

この“仁王像”・・・在銘(1478年造)の丸彫り石像として現存する“最古”とされています・・・。

参道を上りながら・・・国宝“国東搭”・・・ご本尊“木造薬師如来像”など・・・岩窟の修験道信仰の面影も残る聖なる地・・・。

心静かに・・・“古刹”巡礼・・・。




c0001578_049397.jpg“阿吽”の仁王像が迎えてくれる参道は・・・はじめは平坦で広く感じます・・・。


c0001578_0491836.jpg鳥居には・・・神と仏が習合した社寺であることを示す“大権現宮”と・・・。


c0001578_0493463.jpg樹間の石段にさしかかると・・・。


c0001578_050610.jpg向って右側に・・・この国宝“岩戸寺 国東搭”が浮かび上がるように・・・視界に入ってきます・・・。


c0001578_0503938.jpg弘安6年(1283)の銘のある高さ3.4mの国東塔・・・国東半島に約150基ばかりある中で最古・最優の塔であるとされています・・・。

宝塔としても特徴のあるこの国東搭は・・・シルエットで見ても均整のとれた“祈りの形”が見て取れます・・・。


c0001578_0505558.jpgさらに樹間に覆われ日陰となった参道の石段を上れば・・・


c0001578_0511317.jpg正面に・・・“薬師堂”があります・・・。


c0001578_0512461.jpg参拝して・・・御本尊“木造薬師如来像”を拝見・・・平安後期の榧(かや)一木造りの凛々しい御影・・・。


c0001578_0513983.jpg“薬師堂”の背後の岩肌には・・・修験道の信仰の祠でもあった遺窟・・・。


c0001578_0515314.jpg御仏のご加護・・・祈りの造形・・・。
by project-beppin | 2006-05-29 00:54 | 大分の風土・行楽 | Comments(8)
Commented by きたかた at 2006-05-29 23:01 x
数々の写真、大分には歴史を感じますね。
これがほんまもんの国宝、と胸を張ってもいいでしょう。
なぜ大分には石仏が多いのか・・・
千葉県金谷にも石仏が多い。

ところで「きたかた」のハンドルネーム、そろそろ変え時かもね。
理由?あ・そ・こもあるあるし、風来坊の気質も。
名前を変えても、酎州大分さんはわかるよね。
「きたかた」の名前はこれが最後・・です。

Commented by yaku at 2006-06-02 20:53 x
石仏さんが手をあげておられる姿を、「やっ、どうも~」と見てしまうのは軽すぎるでしょうか。
苔むした階段もいいですねえ。滑ったら大変なのでしょうが・・・
この時期の緑も秋とは違っていいですよねえ。こんなにたくさんの緑色があって生っぽい。

さてさて、きたかたさん、新しいハンドルネームはあれしか有りませんよ。あれしか・・・
Commented by tatinomi1 at 2006-06-03 08:57
奈良。京都に負けない、いやそれ以上の枯淡。
国東は我が先祖の地。岩戸寺の国東塔の
美しさは、心に沁みます。

この風土の化石のような渋い「オイさん」が
目を細める、「とっぱい」が、やっぱりエエなあ。
西の関ととっぱいに収束しても、ええ頃かも。

だが、いろいろ、のみてえのう。
Commented by 酎州大分 at 2006-06-03 11:10 x
きたかたさん・・・リコメント遅くなり申し訳ございませんでした・・・。
大分にも歴史に刻まれた・・・文化の“宝”と誇れるものがあることは嬉しいですよ・・・。

石仏・・・磨崖仏・・・“石の文化”も“宝”ですね。

HN・・・ちょっと、あそこでの書き込みは・・・(酔った勢い?でしょうか・・・)“おふざけ”が過ぎましたね・・・(笑)。
たぶん・・・わかると思いますので・・・“おふざけ”はほどほどに・・・よろしく、お付き合いください・・・(笑)。
Commented by 酎州大分 at 2006-06-03 11:18 x
yakuさん・・・そう見ると仁王さんも“愛嬌”がありますね・・・(笑)。

観光地としても信仰地としても・・・メジャーではないのですが・・・新緑が西陽に透き通るこの田舎“古刹”の緑・・・生気みなぎる感じが好い時候でした・・・。
Commented by 酎州大分 at 2006-06-03 11:30 x
HAKUDOU師匠・・・観光地化されていない風土の“枯淡”・・・確かに・・・。

高千穂の“神楽”では・・・焼酎のカッポ酒がふるまわれるとのことですが・・・ここ国東の“鬼会”では・・・やっぱり地の清酒「西の関」が揺るぎない風土の味わいとなっているでしょうね・・・。

地焼酎の「とっぱい」には・・・国東の象徴“仁王石像”のご尊顔が描かれてますしね・・・。

収束もなにも・・・ここ国東のオイさんには・・・流行に左右されない沁み込んだ地酒は不動ですね・・・。それでこそ、目を細める酒かと・・・。
Commented by 名無しのごんべぇ at 2006-06-03 16:29 x
名無しのごんべぇ・・きたかたです。
名前が決まっていないのでお許しを・・・
あそこでの書き込みですが、“おふざけ”ではないんですよ。(笑)
「あの人」なる人物・・・わかっています。私の嫌いなフニュニュ・・・
私の他に、すぐにわかる人は1名ぐらいでしょうか。(笑)
だからあれが私の書き込み文なのですぅ。わかってもらえれば嬉。
ここではあのような“おふざけ”はしません。(笑)
「きたかた」改め「〇〇」などのことわり文は遠慮させていただきます。
なんのための改名かわかりませんからねぇ。
HNが変わっての書き込み、よろしくお頼み申しあげますぅ~。
 注・・・この書き込みはしらふで書いたものです。

Commented by 酎州大分 at 2006-06-04 21:30 x
名無しのごんべぇさん・・・よろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “修正鬼会”の伝承・・・岩戸寺(下) 黒麹の“貴腐”甘み・・・「黒閻魔」 >>