“豊満”な味わいの奥行き・・・「熊本城」
昨日21日(金)・・・“梅雨前線”の停滞と“大雨”の日々・・・鬱陶しい気分を一掃しようと・・・昼休みに“うな重弁当”を買いに出たのですが・・・人が多くて、注文して20分以上かかりました・・・。

 ♪ 雨にぃ~ぬれなが~ら たたずぅむ 人がいるぅ~
   傘の~花が咲くぅ~ “土用”ぉの 昼さがりぃ~ ♪ (三善英史:・・・の替歌)

c0001578_235910.jpg結局・・・“早く(職場に)戻らないと”と焦りながら、車に駆け込もうとして・・・滑って転ぶ始末・・・(笑)。

♪ 約束した
  時間だけど
  体が
  擦り剥けるぅ~

 道行く人はぁ
  誰一人もぉ~
 見向きも
  しなぁい~ ♪

そんな破目に会いながらも・・・週末の仕事を片付けて帰宅・・・。

既に夕食を終えて、くつろいでいる愚息たちは・・・この日が“夏休み”初日・・・。
そんな愚息たちに・・・「オマエたちゃぁ 良いのぅ~」と大人げなく声をかけながら・・・食卓を見ると・・・“豆腐ステーキ”と“野菜天”にもう一品・・・“馬刺し”が・・・(ニマッ)。

実は・・・女房殿に“ボーナス謝恩”という名目で“おねだり”していたのがこの“馬刺し”・・・(笑)。というのも・・・“来別”したYouさんから頂戴した球磨焼酎『熊本城』に合わせて・・・“晩酌”を楽しむためでした・・・。

「熊本城」・・・常圧蒸留の米焼酎「極楽」の原酒を樽貯蔵した味わいをベースに定番の「極楽」を加えた“Composite Flavor”・・・Youさんお薦めの“逸品”・・・。

なんといっても“ストレート”で・・・まずは、その深き味わいを・・・。
鼻に近づけて嗅げば・・・甘みを伴う仄かな“バニラ香”・・・常圧の米焼酎が持つ円くて厚みのある旨味がしっかりしています・・・。
樽の味わいの奥にあるガツンとした響きを持ったアルコール感は・・・“豊満”なホロ苦さに重なる深い甘旨さが“核心”です・・・。

氷が解けかけた“ロック”も・・・冷たさの中に甘苦味の“Cask Taste”があって・・・味わいが崩れないほどの“奥行き”があります・・・確かに樽モノの“横綱級”ですね・・・(Youさん・・・!)。

■「熊本城」(林酒造場:熊本県球磨郡湯前町/常圧:米・米麹)35度




c0001578_2352113.jpg“ねっとり”と舌に纏わり付くような脂身の濃厚な触感と・・・噛み締めながら味わえる赤身のストイックな旨さが・・・甘口醤油タレを伴って・・・口中でとろける感じが“濃~いぃ~”くて・・・さすが、熊本産“馬刺し”という感じでした・・・。

♪ こい(これは・・・の意)はぁ~
   いつの日もぉ~
  食えなぁい~ ものだかぁらぁ~
   じっとぉ 耐えるのがぁ~
  つとめぇ~と 信じてるぅ~ ♪

こんなアテが出ることは・・・月に一度は“難題”ですが・・せめて“四半期”に一度は・・・欲しいもんです・・・(笑)。
by project-beppin | 2006-07-22 23:07 | 隣人の焼酎・泡盛 | Comments(8)
Commented by You at 2006-07-22 23:39 x
おおっ、ついに飲まれましたか!
それも最高のあてじゃないですか!

これの原酒が・・・また旨いのです。^^

そう言えば、「男の港」飲みました。
超ド級の凄さでした。
米の横綱と麦の横綱が合体した旨さでした。

以上
Commented by 酎州大分 at 2006-07-23 17:06 x
Youさん・・・すぐに開封していたのですが・・・“馬刺し”が出るまでエントリーを控えてました・・・(笑)。

旨いですね・・・樽焼酎のアイデンティティーを感じました・・・。

“超ド級”の樽モノ・・・球磨の「熊本城」と豊後の「男の港」・・・隠れた逸品ですよね・・・。
Commented by You at 2006-07-24 12:28 x
昔は、樽熟成ものを「ふん!」って感じで見ていましたが、
「熊本城」を飲んで見直しました。

樽も面白いものですねぇ。出来れば、薄めないものを飲んで見たいという衝動に駆られています。^^

以上
Commented by ショチクレ at 2006-07-25 00:06 x
よいですね~、九州のザ・樽熟成の2銘柄!
出張から帰ったら、早速・・・・(笑。

日南の京屋酒造に「航魂」という樽熟成モノがあり、
買ったままほたっていたのを思い出しました(笑。
帰り次第これも飲んでみます。

宮崎の樽熟成、百○の孤独も、
もうちょい手に入れやすければ、
ストレートにコストパフォーマンスを評価
してもらえるのでしょうが・・・・。



Commented by 酎州大分 at 2006-07-25 00:30 x
Youさん・・・焼酎らしい樽モノ・・・樽の香りと味付けに負けない個性を持った焼酎だからこそできるビンテージ・テイスト・・・芋で飽飲気味の今、素直にこの焼酎貯蔵熟成テイストの一つとして見直されて好いんじゃないでしょうかね?・・・。

意外と地元のおじいちゃん達でも・・・樽貯蔵が好きという方がチラホラいます・・・。

私も最近・・・ショットグラスで味わう“ナイトキャップ”飲みに・・・嵌まっています・・・(笑)。
Commented by 酎州大分 at 2006-07-25 00:34 x
ショチクレさん・・・定冠詞“The”の付く・・・樽モノ・・・ちょっとした評判になっちゃいました・・・(笑)。

宮崎といえば・・・という麦樽モノの大御所がいらっしゃいましたね・・・たぶん、このままだと一度も私の喉は通らないと思いますが・・・(爆!)・・・“豊後の定冠詞”もまんざらではないはずです・・・。

どこかに・・・樽モノ焼酎ブーマー・・・いませんかねェ・・・この旨さを教えてあげたい・・・。

私が、日南の樽モノ飲んだら・・・そちらに“The”を付けたりするかも・・・(笑)。
Commented by You at 2006-07-25 01:16 x
樽熟成。中には、もろブランディーやウイスキーのような味わいの物も有りますが、やはり元の味わいを保ちつつ、バニラ風味の香りと味わいをプラスして欲しいですねぇ。

ほんと、「熊本城」と「男の港」・・・・是非、飲んでもらいたいですねぇ。^^

以上
Commented by 酎州大分 at 2006-07-30 07:15 x
Youさん・・・リコメント遅くなり申し訳ございません・・・。

やっぱり樽モノは・・・味わいの骨格は正しく原酒の主張があって・・・樽香が“宿る”という・・・感じが無ければ・・・ですな・・・。

そういう意味でも・・・プレミア以外の“樽モノ”は見直して欲しいですよね・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “夏豆”に“スィっと・ロック”... “はちみつリンゴ”香の“爽快”... >>