“夏豆”に“スィっと・ロック”・・・「薩摩の藍」
出張で茨城県つくば市ほかへ行ってきました・・・。暑かったですねぇ~・・・何処もかしこも・・・“夏本番”の陽射しが照り付けて・・・オヤジは汗だくでした・・・(笑)。

c0001578_2311557.jpg仕事を終えて・・・“ちょっと一杯飲んで帰ろう~”と誘ってもらうと・・・“断る”理由はありませんよね・・・。

誘っていただいた方が「以前のキープがあるから・・・」と入ったのは・・・駅前のF.C.居酒屋“魚民”・・・。カードらしきものを提示して・・・しばらく待ちながら・・・雑談・・・

「こっち(関東)でも・・・焼酎の“銘柄”は増えたねぇ~」

そう言われて“お酒メニュー”を見ると・・・銘柄の主流はやっぱり“芋”ですが・・・確かにここでも4合瓶が2千円前後・・・“キープ銘柄”の多くは・・・焼酎です・・・。

出て来たのがコレ・・・芋焼酎『薩摩の藍』・・・私は“ロック”で・・・。

芋の甘くやさしい澄んだ香りで・・・綺麗で軽快な旨さがあります・・・。
すっきりと飲める“スイート・ポテト”ってな感じで・・・“スィっと・ロック”・・・こんな居酒屋には似合っています・・・。

アテは・・・“夏豆”・・・。“そら豆”の異名でもありますが・・・“枝豆”も付いて・・・その上、つくば名物の“落花生”も・・・ご当地の夏らしい“塩茹で豆”尽くし・・・。
塩梅のいい“塩茹で豆”は・・・甘めの芋焼酎に・・・うってつけのアテでした・・・。

ここでも・・・こんな感じで飲めるんですから・・・やっぱり、ブームの泡が落ち着いて・・・“焼酎飲酒”は・・・確実に“全国区”になったという実感・・・。

■「薩摩の藍」(さつま無双:鹿児島県鹿児島市/常圧:芋・米麹)25度
by project-beppin | 2006-07-29 23:17 | 旅先の酒と食 | Comments(2)
Commented by tatinomi1 at 2006-07-31 20:54
地霊飲酒の泰斗、酎州大分さん。ヒサシビリティ。ですねえ。
この前は、大阪にもない、渋いホルモン屋、感動でした。

いい店構え、味わいの店主。でも・・・・
かんじんのホルモンの味は、3日、7日後、
深みは出ずじまい。

■この店での「茹で豆」の見識。

枝豆、そら豆、落花生。

すべて「茹で」食。素晴らしいセンス。
共感しましたねえ。
Commented by 酎州大分 at 2006-07-31 23:56 x
HAKUDOU師匠・・・“泰斗”とは・・・他意と・・・(笑)。

先日は、炎天下に引きずり回して申し訳ございませんでした・・・。
しかしながら・・・夏本番の別府で・・・ホルモンと甲類のコップ酒・・・旨かったぁ~・・・。

師匠とでなければ・・・入れなかったと思います・・・。
でも、行ってよかった・・・あのホルモンやタンに宿る味わいは・・・“美味”を超越した“人情味”でした・・・。

“人情味”・・・これこそ、別府の街が失いかけている別府の好さかと・・・あの店で、久しぶりに昼酒の旨さを知りました・・・。不躾な一見の客にも・・・こだわりのある“人情味”・・・最高の味わいがありました・・・。

塩茹での“夏豆”の饗宴・・・落花生の風味や好し・・・そら豆も枝豆も・・・豆の個性が味にのっていました・・・。

こんな味に感じ入ることができるのも・・・“立ち呑み山頭火”たる師匠との出会いがあってこそかと・・・ありがたいことです・・・(合掌)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 銀座の夜の物語・・・「坐来」 “豊満”な味わいの奥行き・・・... >>