県南の夏残影(その2)・・・“大友宗麟”墓地公園
津久見I.C.を下りて市街地から県道36号線を佐伯方面へ・・・県道を進むとその山手側の麓にひっそりと佇む“墓所”・・・“大友宗麟”墓地公園・・・。

c0001578_14435531.jpg大友義鎮(よししげ=後の宗麟)・・・“九州六カ国守護職”、“九州探題”を担った戦国時代の“キリシタン大名”・・・。

49歳で洗礼を受け・・・“ドン・フランシスコ”・・・“天正遣欧少年使節”では、“伊東マンショ”を名代としてローマへ派遣したり・・・キリスト教的理想国家“無鹿(ムジカ)”の建設など・・・自ら“南蛮文化”を実践するという時代感覚は・・・その後の日本に影響を与えました・・・。

当時は“キリスト教式墓”に埋葬された宗麟ですが・・・その後、豊臣秀吉の“耶蘇教禁令”により“仏墓”となり・・・昭和58年に“ドン・フランシスコ墓”が新たに造られ・・・墓地公園として整備されました・・・。

“蝉時雨”の降り注ぐ樹下の木陰に眠る“大友宗麟”・・・その人格と功績には表裏があり・・・そんな人物像に興味を抱きながら・・・手を合わて拝み・・・この地をあとにしました・・・。




c0001578_14441080.jpg

c0001578_14442326.jpg
by project-beppin | 2006-09-02 14:44 | 大分の風土・行楽 | Comments(6)
Commented by みえこ at 2006-09-02 22:59 x
こんばんわ。はじめまして。
2002年から2年間大分に住みました。正確には行ったりきたりで正味1年でしょうか。でも大好きな土地になりました。一生おつきあいできる友達も数人できました。いいとこですよねえ。なつかしい地名に・・・・思わずリンクさせていただきたいのですが、どうでしょう?
Commented by 酎州大分 at 2006-09-02 23:35 x
みえこさん・・・はじめまして・・・。
こちらこそ、ようこそ・・・こんな拙文ブログへ・・・。

大分・・・好いとこですよぉ~・・・(笑)。
食材も文化も酒も自然も人も・・・豊かな地であることは自負できますもんね・・・。

拝見させていただきました・・・私も親族が香川(琴平)にいますので・・・これも、何かの縁・・・リンクよろしくお願いいたします・・・。
Commented by 立ち呑みHAKUDOU at 2006-09-03 10:03 x
いい風景ですねえ。
この墓の近所に叔父が住んでいて、良くこの公園にゆきました。
大友宗麟は、「人生とは何か」について悩む、
一風変わったタイプの武将だったようですねえ。

もし、大友氏が国内制覇していたら・・・・
豊後が日本の主都だったかも。
Commented by 酎州大分 at 2006-09-03 22:37 x
HAKUDOU師匠・・・墓所でありながら公園・・・木陰で静かに眠る“宗麟”・・・でした。

キリシタンになろうとした初期の動機は・・・火薬の入手ではないか?とも言われていますし・・・最期は、キリスト教的社会をと本気のようですし・・・。

奥方は、宇佐神宮系列出身でしたから・・・家臣団も含めて・・・信仰と政治の苦悩と葛藤・・・人間的ですね・・・。

国内制覇して覇王になっていたら・・・日本はこの時代にキリスト教国になっていたでしょうね・・・たぶん・・・。
Commented by のり at 2006-09-04 08:40 x
私も何年か前に訪れたことがあります。
でもなぜか当時はお墓の前に名刺入れがありました・・・。(なぜ・・・?)
Commented by 酎州大分 at 2006-09-05 20:51 x
のりさん・・・そうですか・・・。
あまり観光地化されていないので・・・静かで小さな公園てな感じですね・・・。怖くもないし・・・(笑)。

名刺入れ?・・・私が行ったときには見かけなかったなぁ?・・・謎ですね・・・(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 県南の夏残影(その3)・・・城... 県南の夏残影(その1)・・・津... >>