県南の夏残影(その5)・・・佐伯らしさの“街風景”
街角で見つけた“佐伯自慢”の景・・・をご紹介しましょう・・・。

c0001578_0461255.jpg佐伯で“イチロー”といえば・・・“お笑いマンガ道場”でお馴染みの“富永一朗”・・・育った佐伯で教師をしていたという郷土の偉大な漫画家・・・“漫画館”も各地にあります・・・。

佐伯の市街地の国道沿いは・・・“文学の道”とは対照的に・・・“イチローロード”と呼ばれる“漫画の道”・・・。

懐かしさとともに・・・愛嬌のあるこの漫画・・・ユーモラスな人物キャラクターを一枚一枚見てゆくと・・・街歩きも楽しめます・・・。


他にも・・・街で出会える“佐伯らしさ”を見つけることができましたョ・・・。




c0001578_0462936.jpg屋台“ラーメン屋”のシャッター絵・・・屋号にちなんで“金太郎”までは・・・わかるんですが・・・。

よくよく見ると・・・

この絵・・・何となく“違和感”を感じません?・・・。


c0001578_0464270.jpg私が気になるのは・・・“ラーメン鉢”・・・。

普通なら・・・ラーメン鉢の中味を“旨そう”に見せるように描くと思うのですが・・・。

この金太郎くんを見てると・・・ラーメンスープがこぼれないか・・・心配になるのは私だけでしょうか?・・・(笑)。
次男坊は・・・“熱いけん、麺を戻してるんやな・・・”と・・・(爆)。

こういう“看板センス”・・・いいなぁ・・・(笑)。


c0001578_0471043.jpgそして・・・“佐伯鶴城高校”の正門には・・・この夏、日本経団連会長に就任した御手洗氏とキャノン社長となった内田氏の・・・“就任祝賀”の看板・・・。

お二人の“母校”なんですね・・・。
by project-beppin | 2006-09-07 23:58 | 大分の風土・行楽 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 豊後歳時記・・・鬼灯(ほおずき) 県南の夏残影(その4)・・・“... >>