“郷土色”の“郷土食”・・・「農林水産祭」にて
“実りの秋”・・・今年も先週、別府公園で「大分県農林水産祭」が開催されました・・・。

c0001578_14585893.jpg日曜日(22日)・・・別府公園周辺は駐車場を探す車で大渋滞・・・。こんなに賑わう“青空バザール”は・・・別府で他に比べるものがありません・・・。

“地産地消”の祭典・・・県下各地の“産直”農林水産物を売って、買って、食って、参加して、楽しめる一大イベントです・・・。

我が家でも・・・すっかり恒例になったこのイベント・・・“新米”や“カボス”はもちろんのこと・・・各地の“郷土食”も味わえて・・・天候にも恵まれ、家族で芝生に陣取り“青空昼食”・・・。

今年は・・・地ビール“久住高原ビール”も・・・出てました・・・。




c0001578_14591113.jpg白いテントが眩しいぐらいに晴れ渡る別府公園内・・・各地のJAや農村婦人会の直売・・・活気のある売り込みの声も・・・。


c0001578_14592352.jpg豊後の“黒牛”・・・和牛炭火焼き肉が“英世”1枚で堪能できます・・・。


c0001578_14593757.jpg林産部門では・・・“親子木工教室”・・・。


c0001578_150071.jpg各々が県産の“杉”板を使って・・・棚や椅子を作って・・・“トントン”と響く槌音・・・真剣な表情と作る悦びの笑顔・・・。


c0001578_150151.jpg他にもこの丸太の一木彫り・・・“チェーンソー彫刻”の展示と実演・・・。


c0001578_1503064.jpg丁度、出来上がった犬の丸太木彫をチェーンソーで“背割り”していました・・・。

“背割り”・・・木彫が乾燥すると丸太の芯から表面に割れが広がるため・・・これを先にしておくことで・・・割れるという“応力”を逃がして・・・木彫の顔になる部分の割れを未然に防ぐ効果があるそうです・・・。


c0001578_1504987.jpg農林水産業とともにあった“農具”の“竹籠”・・・“箕”や“しょうけ”・・・“ナバテボ(きのこ手籠)”・・・“ビク(魚籠)”など・・・九州では、今でもこれらの竹職人さんがいます・・・。


c0001578_151283.jpg農林水産祭の水産部門は、先々週(14~15日)でしたから・・・水産物は無いだろうと思っていたら・・・この看板・・・。


c0001578_1514078.jpgそうです“カボスコーナー”の販促に・・・県産貝の“緋扇貝”と“牡蠣”の“浜焼き”対決と銘打って・・・行司に豊後の“焼き椎茸”と・・・。


c0001578_152841.jpgまんまと釣られ・・・“カボス”を絞って柑橘酸の旨さを纏った・・・県南の赤い“緋扇貝”のムッチリ食感と・・・県北の白き“牡蠣”のマッタリエキス感・・・。
“カボス”が取り持つ“産直”の醍醐味・・・。


c0001578_1522599.jpg同時開催は・・・別府市の秋イベント“Beppuダンスフェスタ2006”・・・エントリーした市民のグループが・・・オリジナルのダンス・パフォーマンスを披露・・・賞金をめざして熱演しています・・・。


c0001578_1523978.jpgそして・・・会場のランドマークとなるマスコット遊具・・・去年はカボスの“カボたん”でしたが・・・今年は、この“2008年大分国体”のマスコット・キャラクター“めじろん”でした・・・。


c0001578_1525293.jpg芝生に広げて食する“郷土食”・・・“蛸めし”、“地鶏めし”、“だんご汁”、“炭火焼地鶏”・・・。


c0001578_153919.jpg“蛸めし”は・・・大分空港に近い国東(くにさき)の名物・・・蛸を甘めに味付けした出汁醤油で炊き込んで・・・葱をまぶす・・・この蛸の味が旨味のまとめ役です・・・。


c0001578_1532943.jpg“だんご汁”は・・・県下各地で様々ですが、これは由布市となった狭間(はざま)風・・・巾広い平伸ばしのだんご麺に地元の味噌だし・・・大鍋で煮込んだ五菜・・・大根、人参、牛蒡、白菜、葱が盛り沢山・・・。


c0001578_1534289.jpg“炭火焼地鶏”は・・・県南の宇目から・・・その場で炭火の上で網焼きする豪快な味わい・・・噛み応えがある肉質に炭火の焦げ芳ばしい塩加減に滲む鶏脂の旨さは・・・ビールが欲しくなります・・・。


c0001578_1535693.jpgそのビールは・・・“久住高原ビール”ですね・・・。

飲みたいのですが・・・もちろん、“飲酒運転”は出来ませんから・・・。

来年は・・・歩いて行きましょう・・・芝生でひっくり返るほど飲みたいです・・・(笑)。
by project-beppin | 2006-10-28 15:07 | 大分の風土・行楽 | Comments(2)
Commented by yaku at 2006-10-29 23:42 x
チェーンソーで背割りされているワンコの表情は、背筋がシャキンとして笑えます。悟りを開いてらっしゃる。

カボスに牡蠣、蛸めしに地鶏めし、だんご汁に炭火焼地鶏ですか。
来年は私も歩いて行きたいです。いやいや無理か。
名古屋でイベントしません?
Commented by 酎州大分 at 2006-10-30 01:36 x
yakuさん・・・お久しぶりです・・・。

チェーンソーのワンくん・・・そう言われて見れば・・・銭湯で背中を流してもらっている親父さんのようにも見えます・・・(笑)。

都道府県 各地にもあると思うのですが“地モノ産直祭り”で味わう旬の料理と食材・・・青空のもとで頬張るとこれまた格別でしょう?・・・。

デパートの“物産展”よりも・・・畑や田んぼや里山の“臭い”と“味わい”が着飾らないところが・・・いいんですよね・・・“青空バザール”・・・。

実は・・・県下各地から出向いてくる農家などの皆さんは・・・この祭りに合わせて別府のアフターファイブを楽しむことが・・・これまた楽しみになってるようです・・・。

名古屋なら・・・金の鯱のお城内でしょうかね・・・。
私は・・・愛知県内でのこんな催しに・・・興味があります・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< “麦芽”のコクに地ビール旨さ・... “超”透明感のある“スーパー・... >>