竹灯りの“ルミナリエ”・・・「うすき竹宵」の光景
土曜日(4日)の夕方、思い立ったように・・・一路、高速道路を臼杵市へと走りました・・・。
もちろん、お目当ては・・・“おおいた竹あかりの祭典”の“元祖”として定着した「うすき竹宵(たけよい)」・・・。昨年、行き損じてしまったものですから・・・是非とも、記念の第10回となるその光景を・・・家族とともに、楽しむこととしました・・・。

c0001578_10321119.jpg
●法音寺(二王座)

c0001578_10355990.jpg“臼杵城址(臼杵公園)”、“八町大路”、“久家の大蔵”、“二王座 歴史の道”などなど・・・“竹ぼんぼり”に導かれるように・・・夜市のような賑わいの路地を散策しながら・・・旧所名跡を廻れば・・・その歴史的な風景や建造物とシンクロする“竹灯りのアート空間”を・・・鑑賞することができます・・・。

街の中で味わう臼杵らしい料理やお酒を堪能しながら・・・そぞろ歩くこの“夜祭り”は・・・2万本の竹灯りの“ルミナリエ”とでも名付けたくなる・・・“幻想的な世界”が浮かび上がったような美しさです・・・。

●臼杵城址(臼杵公園・櫓門)

竹楽”が、竹灯りの“インスタレーション”だとすると・・・こちら“うすき竹宵”は、竹灯りの“アート・エキシビション”・・・。

毎年、創作されるという竹灯りの“空間”と“オブジェ”の演出・・・街中に設置されたそれら全てを鑑賞するには・・・夕方(17時30分頃まで)には会場にいるのがベター・・・。

今日(5日)までですから・・・お近くの方は、“見逃す”ことなかれ!!!・・・。




c0001578_9281246.jpg●臼杵城址(臼杵公園・櫓門)

c0001578_9283649.jpg

c0001578_9285079.jpg

c0001578_929097.jpg

c0001578_929135.jpg

c0001578_9292741.jpg●サーラ・デ・うすき前広場(八町大路)

c0001578_9294188.jpg●浜町

c0001578_92956100.jpg●小手川酒造前(浜町)

c0001578_930940.jpg●久家の大蔵(浜町)

c0001578_9302420.jpg

c0001578_9303684.jpg●満寿屋(久家本店)前(浜町)

c0001578_9305316.jpg●千扇横駐車場(二王座)

c0001578_931783.jpg●二王座

c0001578_9313313.jpg

c0001578_9314870.jpg●法音寺(二王座)

c0001578_10431013.jpg

c0001578_9321292.jpg●旧真光寺(二王座)

c0001578_932262.jpg

c0001578_932394.jpg“うすき竹宵”・・・“真名長者伝説”を由来とする“般若姫行列”も同時開催されます・・・。
by project-beppin | 2006-11-05 09:35 | 大分の風土・行楽 | Comments(10)
Commented by tatinomi1 at 2006-11-05 18:17
こりゃあもうルミナリエどころじゃあないですねえ。臼杵の素晴らしさの源流はやはり市政の見識でしょうか。

なかでも久家さん、がんばっているのが嬉しいですねえ。
でも何より、酎州大分さんの「心眼写真」が秀逸。
Commented by syotikure at 2006-11-06 01:00
綺麗ですね~。
その一言につきます。
去年酎州さんのブログで拝見した、
竹田の竹楽も綺麗でしたが、
この臼杵の竹宵もいいですね~。
古い街並みの中に浮かび上がる、竹のイルミネーション・・・・。
生で見ると一層綺麗でしょうね~。
Commented by koppadon at 2006-11-06 01:02
こんばんは。お久しぶりです。

私も昼間ここを覗いて、今夜行ってまいりました。
竹田とはまた違った雰囲気で楽しめました。
あ、大将は食い気に走っていましたけど(笑)
再来週は竹楽ですね。
楽しみだ~。
Commented by alf1016 at 2006-11-06 22:14
酎州大分さんお久しぶりです!!こんばんは!私も竹宵祭りに連れて行って頂きました。すごく綺麗でした!臼杵の町並みが竹からこぼれる明かりに照らされてとても風情あふれるお祭りですね。お写真もとても美しくて、当日の光景が思い出されます。実は、彼と歩きながら、「絶対、絶対、酎州大分さん来てるよぉ!!酎州大分さぁ~~~ん!!酎州大分さぁ~~ん!!」と叫びながら歩いたりしてたんですよ。笑 こんな素敵な夜に臼杵を訪れることが出来て幸運でした♪
Commented by 酎州大分 at 2006-11-07 00:06 x
HAKUDOU師匠・・・神戸のルミナリエの電飾荘厳さはありませんが・・・臼杵の街づくりを竹ぼんぼりで灯す地霊への灯明・・・。

臼杵の夜の路地は・・・風情がありますね・・・。

久家さんも小手川さんも・・・老舗の気品がありました・・・。
大勢の人で賑わう街は・・・やっぱ、いいですね・・・。

そんな雰囲気が伝えられれば・・・何よりです・・・。
Commented by 酎州大分 at 2006-11-07 00:16 x
ショチクレさん・・・綺麗でした・・・(笑)。

竹楽はシンブルに景観に溶け込む・・・竹宵はデコラティブに景観を創作する・・・ってな感じでしょうか・・・。竹灯りの魅せ方が・・・ちょっと違いますが・・・そのどちらも魅惑的ですよ・・・。

そう、その通りです・・・焼酎も竹灯りも“生”が一番・・・やっぱ、ライブ空間に身を置くと五感が震えるぐらい・・・もっと、感動しますから・・・是非、一度ご来場ください・・・(足立さんになりかわり)お願いします・・・(笑)。
Commented by 酎州大分 at 2006-11-07 00:26 x
こっぱさん・・・こちらこそ、お久しぶりです。
ありがとうございます、これ見て行っていただけたんですね・・・ブロガー冥利に尽きます・・・(笑)。

臼杵は、手の込んだ竹灯り“オブジェ・アート”が主体ですが・・・。竹田は、街や景観を異空間へと導く“ランド・アート”ですよね・・・竹灯りと一口にいっても・・・街の個性や魅せ方で・・・いろんな思考と嗜好と志向が可能だということですね・・・。

竹田の“竹楽”も魅力的ですよね・・・今年も熊谷さんの前でウロウロするかも・・・(爆)。
Commented by 酎州大分 at 2006-11-07 00:36 x
アルフさんも・・・お久しぶりです・・・。

彼と風情の路地を歩きましたか・・・ご馳走さまです・・・(笑)。

好いよね・・・竹宵・・・あんなに人がいる“八町大路”も凄いけど・・・ちょっと路地を入った浜町の雰囲気がこれまた・・・涙チョチョギレでした・・・(古!)。

おぉっ~、ま、まさかっ・・・八町大路でそんなこと叫んだんじゃないでしょうね・・・(笑)。
もし、その叫び声を聞いてても・・・「ハーイ!酎州で~す」とは・・・出て行けんわなぁ・・・(笑)。

臼杵の新たな魅力にとりつかれましたね・・・素敵な街でしょ・・・そう思っていただけるだけでも幸運です・・・。
Commented by koppadon at 2006-11-07 17:04
そうですよね、臼杵はオブジェがメインですねぇ。
同じ竹を使ったイベントでもこうも違ってくるんですね。
だからこそ毎年足を運びたくなるんでしょうけど。

あははは、熊谷さんの前で監視しときましょう(笑)
私は母と一杯ひっかけてうろうろしているかもしれません。
楽しみですよね。
Commented by 酎州大分 at 2006-11-08 22:44 x
こっぱさん・・・史跡旧跡を街中を巡回するようにクローブアップする竹田とはちょっと違ってますよね・・・。

主従の関係からすれば・・・臼杵は“竹灯りオブジェ”が主で街並みと景観は従・・・ってな感じですかね。
竹田は・・・史跡旧跡が主でそれの非日常的な空間演出に竹灯明が従・・・と思えてなりません・・・。

「違いがあって・・・みんな好い」・・・ですね。
その魅力判り合えるだけでも・・・凄いことかもしれません・・・(笑)。

熊谷さんの前・・・腕組みして寒そうに立っているこっぱさんを見るのが忍びないので・・・ウロウロするの止めます・・・(爆)。

楽しみです・・・紅葉とともに照らし出される竹田・・・竹楽も・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 竹灯りの“賑わい”・・・「うす... 素直で綺麗な甘旨み・・・長期貯... >>