一枚岩の清流に映る紅葉・・・岳切渓谷
“宇佐神宮”から一路・・・R357号線で“石橋”で有名な“旧 院内町”へ・・・さらに、県道27号線へ入り“龍岩寺”を過ぎて・・・耶馬渓方面に向いながら・・・山肌を上るように車を走らせると・・・“椎屋耶馬渓”にほど近い静寂な“岳切(たっきり)渓谷”にたどり着きます・・・。

c0001578_236035.jpg

c0001578_2365865.jpg岳切渓谷”・・・耶馬溪溶岩の造る“一枚岩”の平滑な岩盤の川底・・・川幅約5~10m、水深10~20cmの清流が・・・長さ約2kmに渡って続く・・・珍しい渓谷です・・・。

夏には、子ども達が“沢遊び”できるキャンプ場として人気があるこの渓谷も・・・秋には、モミジやコナラ等の広葉樹が色付く“紅葉の沢歩き”が楽しめます・・・。

この日は、夕方近くになっていましたので・・・降りそそぐ太陽に照らし出された紅葉を・・・岩盤の清流に映す光景は・・・見ることができませんでしたが・・・それでも、緑から変化する黄、橙、赤の“五彩のグラデーション”をゆっくり“独り占め”することができました・・・。

深耶馬渓”や“奥耶馬渓”、“裏耶馬渓”をはじめ・・・“由布川渓谷”などとは・・・一味違ったこの“紅葉の沢歩き”・・・落葉がせせらぎに流れる様も・・・美しき秋・・・です・・・。




c0001578_23719100.jpg駐車場から・・・“岳切渓谷”のキャンプ場の入口に向って進むと・・・紅葉が迎えてくれます・・・。


c0001578_2373146.jpgキャンプ場の手前で、このとおり、すでに川幅も広がり・・・滑るように流れる水面・・・。


c0001578_237455.jpg誰もいないキャンプ広場で色付くモミジ・・・。


c0001578_2387100.jpgここから約1.5kmが“紅葉の沢歩き”・・・その秋の沢の風景を順にご覧ください・・・。


c0001578_2385691.jpg

c0001578_239833.jpg

c0001578_2394499.jpg

c0001578_201202.jpg

c0001578_24010100.jpg

c0001578_2403322.jpg

c0001578_240493.jpg

c0001578_241684.jpg

c0001578_241241.jpgそして・・・ここが行き止まり・・・落差27mの“大飛の滝”

c0001578_2414158.jpg滝壷を覗くと・・・紅葉がさらに綺麗・・・。


c0001578_2415650.jpgこの色付く“五彩のグラデーション”・・・。


c0001578_2421518.jpgまた、渓谷の入口では・・・“大分の名水15選”に選ばれた“湧水”を汲むことができます・・・。
by project-beppin | 2006-11-26 02:43 | 大分の風土・行楽 | Comments(4)
Commented by 耶馬渓谷 at 2006-11-26 12:25 x
結構、「耶馬」って広範囲なのですねぇ。
私は昨年”深耶馬渓国”にしか、行っていません。
それぞれで異なる趣・・・日本に生まれてよかった。

いずれ、全部を走破しないと。^^

以上
Commented by alf1016 at 2006-11-26 15:46
美しい景色ですね。まだ耶馬溪は訪れたことがないのですが、来年の秋の紅葉狩りスポットはここで決まり!です(*´∀`*)川流れのしっとりとした音が今にも聞こえてきそうです~
Commented by 酎州大分 at 2006-11-26 21:48 x
Youさん・・・“耶馬渓”・・・頼山陽が天下に轟かせた“ブランド”ですからね・・・周辺の奇岩奇峰の景勝は皆全て“○○耶馬渓”と名付けたくなるのも人情・・・(笑)。

全部走破で趣を味わう・・・2泊3日ですね・・・(爆)。その折は、毎晩飲みましょう・・・。
Commented by 酎州大分 at 2006-11-26 22:01 x
アルフさん・・・どうも・・・。

深耶馬渓の自然薯そばと紅葉が定番ですから・・・まずはそちらから・・・ここ岳切渓谷は大穴・・・(笑)。

来年からは、飽きるほど大分を楽しめるんですから・・・焦らずコツコツと・・・。夏も涼しくて好いかも・・・ここ・・・。

金比羅さんドライブだったんですね・・・(後でTBいたします)・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 淑やかに和む甘口・・・聖醸「民潮」 “大分味一ねぎ”の旨みが充分・... >>