“おや”か?“ひな”か?・・・窯焼き「骨付鳥」
“三社詣り”を終えた帰路・・・「皆んな一緒に何処かで食べて帰ろうかぁ」ということになり・・・ハンドルを握るオヤジはナビ役に言われるがままに、R11号線へ出て・・・さらに“土器川”を丸亀市街地へと下って・・・川縁の大きな店構えの白壁“食事処”へ・・・。

c0001578_13183871.jpg入店しようとする車が(駐車場の空き待ちのため)幹線道路まで渋滞するほどの混雑ぶり・・・讃岐・香川の“名物鳥料理”・・・登録商標「骨付鳥」の『一鶴(いっかく)』・・・。

ごったがえす満席の店内・・・座敷席に案内されて、注文するメニューは至って簡単・・・単品の「骨付鳥」が二種・・・“おやどり”か“ひなどり”か・・・ご飯モノは“とりめし”か“おむすび”か・・・。

オヤジ(私)は・・・歯応えのある肉質の“おや”と“おむすび”を注文・・・。

骨付鳥」・・・簡単に言えば、鶏の“モモ肉”の“オーブングリル”なんですが・・・表面で焦げたスパイスの風味はさりげなく“絶妙”・・・ステンレス皿に素っ気なく溜まっている“鶏油”も“メッチャ旨”・・・。

やっぱり、“ビール・ジョッキ”がないと・・・物足りなさを感じます・・・(画像としても・・・)。
あぁ~、哀しいかな運転手の宿命・・・ひたすら我慢でありました・・・(笑)。

■骨付鳥:一鶴/香川県丸亀市




c0001578_2073739.jpgこれが「骨付鳥」の“おや”・・・“ステンレス皿”と“生キャベツ”というスタイルは・・・もともと、丸亀駅裏の“居酒屋食堂”風の店(本店)が発祥とのことで・・・当時は、ビールジョッキ片手に野朗どもが“かっ喰らう”アテとして好評だったようです・・・。


c0001578_13191229.jpgこの“歯応え”のある肉質・・・塩、胡椒の焦げスパイスと鶏身の旨味・・・噛めばじんわり滲む香ばしい肉汁・・・九州の“炭焼地鶏”に通じますが“カーボン・ソルト”のような味わいとは違って・・・“グリル・ソルト”の味わいです・・・。

噛めば噛むほど・・・“味”があるとはこのこと・・・。


c0001578_13193439.jpgビールも焼酎も飲めないオヤジの楽しみは・・・この“おにぎり”・・・“グリル・ソルト”の旨さと香ばしさを含んだ“鶏油”に浸けて齧り付くと・・・これが“メッチャ旨”いです・・・。

オイリーなようですが・・・“生キャベツ”と“鳥皮スープ”で口中をスッキリさせることができます・・・。


c0001578_13195748.jpgこちらは女房殿ほかが食べた“ひな”・・・肉質の柔らかさはこちらです・・・。


c0001578_13201044.jpg噛み切れる“グリル・チキン”の庶民的な旨さ・・・これが老若男女に好評の秘訣かと・・・。

オヤジ好みの“おや”と・・・家族向けの“ひな”・・・なるほど・・・という旨さでした・・・。
by project-beppin | 2007-01-13 13:22 | 旅先の酒と食 | Comments(6)
Commented by よかおとこです at 2007-01-14 01:06 x
思いっきり明けてしまってますが、遅ればせながら明けましておめでとうございます!
今年もときどき寄らせてもらいますんで、よろしくお願いしますm(__)m
満寿屋とは、初めて耳にしましたけど、そちらの有名な蔵元さんなんですか?
オイはブログ仲間経由で今年初めて知ったんですが、讃岐には蕎麦もあるそうですね。
やっぱりうどんみたいに、腰がしっかりとしとるんですか?
去年くらいからかな、こっちじゃ、やたらとセルフの讃岐うどんの店が竹の子なみにできてきてるんですよ。
オイはまだセルフの讃岐うどんは食べたことないんで、そのうち試してみますね。
Commented by 酎州大分 at 2007-01-14 23:09 x
よかおとこさん・・・おめでとうございます・・・。
こちらこそ、今年もヨロシク・・・。

満寿屋・・・よかとこさんお気に入りの「常蔵」を造る蔵元“久家本店”のアンテナショップの屋号です・・・。臼杵の街で味わう常蔵も旨いっすよ・・・是非、一度は「ふぐ」を食べて臼杵の満寿屋に寄って焼酎を堪能してください・・・。

讃岐の蕎麦・・・軟い、太い、って感じで・・・蕎麦らしくありません・・・(笑)。

セルフの讃岐うどん・・・私も何度か利用してますが・・・本場のセルフうどん屋と全国フランチャイズのセルフうどんは“別物”ですね・・・。システムが同じなだけで・・・本場のセルフの味わいは個性的ですからね・・・。
Commented by syotikure at 2007-01-14 23:44
なるほど、四国の「鳥」はスパイスソルト、グルメソルトなんですね~。
それにしても美味そうです・・・・。
私がたまに行く炭火地鶏屋では、ちょっと前までドリンクのメニューしかなく(笑、バラにするか骨付きかは直接言ってました。
裏メニューとして、食べ終わったステンレス皿にご飯を盛ってもらう、というのがメタボ系の客にウケており・・・・(笑。
私もその一人でしたが(笑、「鶏油」をご飯にからめて食べる、というのは、結構クセになりますね・・・・(笑。
Commented by 酎州大分 at 2007-01-15 00:25 x
ショチクレさん・・・程よいスパイス加減のグリル・ソルトってなところです・・・。

此処も、昔はたぶん・・・そんな感じだったんでしょうね・・・「“大ジョッキ”と“おや”!」・・・で、注文おしまいってな店・・・(笑)。

オーブンで焼いて滲み出る“鶏油”・・・何を隠そうメタボとわかっていながら喰らう味わいの“背徳感”・・・確かに脳のドーパミンを増やしてウケますね・・・クセが続くと“常習飯”になっちゃいますよ・・・(笑)。
Commented by kimcafe at 2007-05-15 22:52
こんばんは~!
あの油に、おにぎりって!
ちと怖いけど、食べてみたいですね(^^ゞ
次回は、おやとおにぎりでいきます、絶対
Commented by 酎州大分 at 2007-05-15 23:23 x
kimcafeさん・・・こちらこそ、わざわざ・・・こんばんわです。
あの鶏油で喰うおにぎりが・・・堪らんのですよ・・・。

怖がらずに是非!是非!・・・パクつくのではなく・・・爆つく感覚で・・・(笑)。

さぬきうどんがサッパリ系ですから・・・このマッタリ系が・・・好いんですよぉ~・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< HAKUDOU師匠と“別府漂流... “三社詣り”の祈願・・・「滝宮... >>